Hyper-V の概要

 

対象: Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012

このトピックでは、Windows Server での Hyper-V の役割について説明します。役割の実用的用途、以前のバージョンの Hyper-V と比較した場合の、このバージョンでの最も重要な新機能と更新された機能、ハードウェア要件、Hyper-V 仮想マシンでの使用がサポートされているオペレーティング システム (ゲスト オペレーティング システムと呼ばれる) の一覧などを示します。

Hyper-V の役割を使用すると、Windows Server に組み込まれている仮想化テクノロジを使用して、仮想化されたコンピューティング環境を作成および管理できます。 Hyper-V の役割をインストールすると、必要なコンポーネントがインストールされ、必要に応じて管理ツールもインストールできます。 必要なコンポーネントは、Windows ハイパーバイザー、Hyper-V 仮想マシン管理サービス、仮想化 WMI プロバイダー、およびその他の仮想化コンポーネントである仮想マシン バス (VMbus)、仮想化サービス プロバイダー (VSP)、仮想インフラストラクチャ ドライバー (VID) などです。

Hyper-V の役割には、次の管理ツールがあります。

  • GUI ベースの管理ツール:Hyper-V マネージャー、Microsoft 管理コンソール (MMC) スナップイン、および仮想マシン接続 (仮想マシンを操作できるように、仮想マシンのビデオ出力へのアクセスを提供します)。

  • Windows PowerShell 用 Hyper-V 固有コマンドレット。Windows Server 2012 には Hyper-V モジュールが含まれており、これによって GUI で利用可能なすべての機能だけでなく、GUI では利用できない機能にも、コマンド ラインからアクセスできるようになります。 Hyper-V モジュールの詳細については、「Windows PowerShell」を参照してください。

サーバー マネージャーを使って Hyper-V の役割をインストールすると、管理ツールが含められます (除外するように指定しなかった場合)。 Windows PowerShell を使って Hyper-V の役割をインストールすると、既定では管理ツールは含められません。 ツールをインストールするには、–IncludeManagementTools パラメーターを使います。 Hyper-V の役割のインストールの手順については、「Hyper-V をインストールして仮想マシンを作成する」を参照してください。

System_CAPS_ICON_note.jpg メモ

Windows Server 2012 の Hyper-V 管理ツールは、Windows Server 2012 バージョンの Hyper-V だけを管理するように設計されています。 以前のバージョンの Hyper-V を管理するために使うことはできません。

Windows Server 2012 R2 の Hyper-V 管理ツールを使用すれば、Windows Server 2012 R2 および Windows Server 2012 で Hyper-V を管理できます。

Hyper-V テクノロジは、ハードウェアを仮想化して、1 台の物理コンピューター上で複数のオペレーティング システムを同時に実行できる環境を提供します。 Hyper-V を使うと、仮想マシンとそのリソースを作成および管理できます。 各仮想マシンは、分離された仮想化コンピューター システムであり、それぞれに異なるオペレーティング システムを実行できます。 仮想マシン内で実行されるオペレーティング システムは、"ゲスト オペレーティング システム" と呼ばれます。

Hyper-V のアーキテクチャの詳細については、「Windows Server 2012 Hyper-V コンポーネント アーキテクチャ ポスター」を参照してください。

Hyper-V は、アプリケーションとワークロードを仮想化し、効率化とコスト削減を図るための多様なビジネス目標に対応できる、次のようなインフラストラクチャを提供します。

  • プライベート クラウド環境の確立または拡大。 Hyper-V は、より柔軟なオンデマンドの IT サービスを提供できるため、共有リソースを使い始めたり、その規模を拡大したり、需要の変化に応じて使用率を調整したりする際に役立ちます。

  • ハードウェア使用率の増加。 サーバーとワークロードを少数のより強力な物理コンピューターに統合することで、電力や物理的な空間などのリソースの消費を削減できます。

  • ビジネス継続性の向上。 Hyper-V は、ワークロードの計画的ダウンタイムと計画外のダウンタイムの両方の影響を最小限にするために役立ちます。

  • 仮想デスクトップ インフラストラクチャ (VDI) の確立または拡大。 VDI によるデスクトップの集中管理戦略を利用すると、ビジネスの機敏性とデータの安全性を高め、デスクトップ オペレーティング システムおよびアプリケーションの規制遵守および管理を簡略化できます。 Hyper-V とリモート デスクトップ仮想化ホスト (RD 仮想化ホスト) を同じ物理コンピューター上に展開すると、個人用仮想デスクトップまたは仮想デスクトップ プールをユーザーが利用できるようになります。

  • 開発およびテスト作業の効率の増進。 仮想マシンを使うと、さまざまなハードウェアを入手して保守しなくても、異なるコンピューティング環境を再現できます。

Windows Server 2012 および Windows Server 2012 R2 の Hyper-V は、さまざまな面で強化されています。

Windows Server 2012 の Hyper-V の変更の詳細については、「Windows Server 2012 の Hyper-V の新機能」を参照してください。

Windows Server 2012 R2 の Hyper-V の変更の詳細については、「Windows Server 2012 R2 の Hyper-V の新機能」を参照してください。

Hyper-V には、次のものを含む 64 ビット プロセッサが必要です。

  • ハードウェア補助による仮想化。 これは、仮想化オプションが組み込まれたプロセッサ、特に、Intel バーチャライゼーション テクノロジ (Intel VT) または AMD Virtualization (AMD-V) テクノロジを備えたプロセッサで使用できます。

  • ハードウェアによるデータ実行防止 (DEP) が利用でき、有効にされていることが必要です。 具体的には、Intel XD ビット (execute disable bit) または AMD NX ビット (no execute bit) を有効にする必要があります。

System_CAPS_ICON_important.jpg 重要

Microsoft Azure Virtual Machines では Hyper-V の役割はサポートされません。 Microsoft Azure Virtual Machines でサポートされているサーバーの役割の一覧については、「Microsoft Azure 仮想マシンのマイクロソフト サーバー ソフトウェアのサポート」を参照してください。

Hyper-V には、サポート対象のゲスト オペレーティング システム用の、物理コンピューターと仮想マシンとの統合性を向上させるソフトウェア パッケージが含まれています。 このパッケージは、統合サービスと呼ばれています。 通常は、仮想マシンにオペレーティング システムをセットアップした後で、別の手順として、このパッケージをゲスト オペレーティング システムにインストールします。 ただし、一部のオペレーティング システムには統合システムが組み込まれており、別途インストールする必要はありません。 統合サービスのインストールの手順については、「Hyper-V をインストールして仮想マシンを作成する」を参照してください。 統合サービスに含まれている機能の詳細については、「統合サービス」を参照してください。

次のトピックには、Hyper-V 仮想マシンでゲスト オペレーティング システムとして使用するために Windows Server 2012 および Windows Server 2012 R2 でサポートされているオペレーティング システムが一覧表示されており、統合サービスに関する情報も示されています。

Hyper-V Overview
Client Hyper-V
Microsoft Hyper-V Server 2012 R2 と Hyper-V Server 2012 [MTPS TOC]
Windows サーバー コンテナー
Virtual Machine Manager

表示: