この記事の英語版を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

TB 単位の容量を持つボリュームに関するテクニカル プレビュー

 

適用対象: Windows Server 2012,Windows 8

Windows Server 2012 および Windows 8 のユーザーは、TB 単位の容量を持つ NTFS ファイル システム ボリュームを高い信頼性で展開し、統合シナリオのサポートおよび記憶域使用率の最大化を実現できます。 ユーザーはこれまで、大容量の NTFS ボリュームを展開することはありませんでした。 平均的な展開サイズは約 500 GB でした。これはファイル システムの破損が発生した場合に、ボリューム全体がオフラインになり、その継続時間が不確定だったことが理由です。Windows Server 2012 および Windows 8 の Chkdsk には、ボリュームの可用性を優先し、破損を検出しながらボリュームのオンライン状態とデータの可用性を維持できる新しいアプローチが導入されています。

Chkdsk の新しいモデルの利点を次に示します。

  • 大容量のボリュームを高い信頼性で展開できる。 破損に伴うダウンタイムが、対象ボリューム上の破損の数だけに比例して発生するようになる。

  • クラスター化共有ボリュームを使用していれば、通常再マウントが必要になるような破損を修正する場合にもダウンタイムが発生しない。

  • Windows Server 2012 がファイル システム ボリュームの正常性状態をアクティブに監視し、最新の正常性状態を管理者に継続的に提供する。

  • 一時的な破損が発生した場合、いかなるダウンタイムも発生しない。

  • 発生する破損の数が大幅に削減される。

  • Windows Server 2012 上で Chkdsk を既定で有効にします。

  • 特殊なハードウェアは必要ありません。

以前のバージョンの Windows Server でファイル システムの破損が発生した場合、ファイル システム ボリュームはオフラインになり、ボリューム上のデータが利用できない状態になりました。その間 Chkdsk が実行され、破損の修復が試みられますが、この状態が続く時間は不確定でした。 Chkdsk が完了するまでの時間はボリューム上のファイル数に比例するため、この所要時間は正確に予測できませんでした。 破損が 1 回でも発生すると、ボリューム全体とそこに含まれるファイルすべてが分析され、オフラインになります。 このモデルがユーザーにとって不都合な点は、ユーザーのビジネス目標達成を困難にするほどの長時間にわたるダウンタイムが発生する可能性があることです。 さらに、ある分析調査では、Chkdsk を実行しても実際の破損箇所が特定されない一時的なエラーが、ファイル システム破損の大部分を占めているということが示されています。

Windows Server 2012 は、破損が存在する場合でもファイル システムの可用性を優先するしくみと、新たに開発したファイル システム破損の管理モデルによってこの問題を解決します。 このモデルの特徴は次のとおりです。

  • 自己修復の強化:NTFS は、オフラインで Chkdsk を実行しなくても、より多くの問題をオンラインで直ちに自己修復できるようになりました。 これにより、実行する必要のある Chkdsk の回数が削減されます。

  • オンライン分析:以前のモデルでは、Chkdsk を実行するために必要なオフライン時間のほとんどすべてをドライブのスキャンと分析に費やしていました。Windows Server 2012 では、オフライン時間の大部分を占めていた Chkdsk の分析フェーズが、オンラインのバックグラウンド タスクになります。 これにより、システムが破損の有無を確認している間も、ボリュームのオンライン状態が維持され、可用性が保たれます。 さらに新しいモデルには、破損の種類 (一時的なものかどうか) を検証するロジックが追加されているため、不要な分析が実行されなくなります。

  • 破損の修正:スキャンが完了すると、Windows Server 2012 は、(イベントおよび管理コンソールを使用して) ボリュームの修復が必要であることと、再マウントや再起動などの推奨される解決策を管理者に通知します。 分析フェーズは既に完了しているため、追加のスキャンや検出処理は必要ありません。 Chkdsk は特定された破損を直ちに修正するため、オフライン時間は数秒に短縮されます。 このため、ボリュームのオフライン時間はこれまでのようにボリューム上のファイル数に比例するのではなく、ボリューム上の破損の数に比例するようになりました。

Windows Server 2012 は、ボリュームの最新状態を示す標準イベントを使用して、ファイル システム ボリュームの最新の正常性状態を継続的に提供します。 次の図は、新しい Chkdsk モデルによって破損が発生した場合のダウンタイムが大きく変化したようすを示しています。

図 1 ダウンタイムに変わる

図 1   Chkdsk のダウンタイム

表示: