この記事の英語版を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

仮想デスクトップ インフラストラクチャのクイック スタートのテスト ラボ ガイド

 

適用対象: Windows Server 2012 R2,Windows Server 2012


Windows Server 2012 の Microsoft 仮想デスクトップ インフラストラクチャ (VDI) の展開はシナリオベースのインストールで、一元化された場所から仮想デスクトップをインストール、構成、管理できます。VDI の展開シナリオには、2 種類の展開が用意されています。

Microsoft 仮想デスクトップ インフラストラクチャ (VDI) のクイック スタート   リモート デスクトップ サービスに必要なすべての役割サービスを 1 台のコンピューターにインストールし、テスト環境でのインストールと構成を行うことができます。

Microsoft 仮想デスクトップ インフラストラクチャ (VDI) の標準の展開   リモート デスクトップ サービスのさまざまな役割サービスを各サーバーに柔軟に展開できます。 クイック スタートではなく標準の展開を使用する場合は、「リモート デスクトップ サービス セッション仮想化の標準の展開のテスト ラボ ガイド」を参照してください。

このテスト ラボでは、VDI のクイック スタート展開について説明します。 展開プロセスでは、次のタスクを実行します。

  • リモート デスクトップ接続ブローカー (RD 接続ブローカー)、リモート デスクトップ仮想化ホスト (RD 仮想化ホスト)、リモート デスクトップ Web アクセス (RD Web アクセス) の各役割を単一のコンピューターにインストールする。

  • 仮想デスクトップ テンプレートの仮想ハード ディスクに基づいた、プールされた仮想デスクトップ コレクションを作成する

  • RDS Virtual という名前の Hyper-V ネットワーク スイッチを作成し、そのスイッチにプールされた仮想デスクトップを割り当てる。

このトピックでは、基本構成ののテスト ラボに基づいたテスト ラボを設定し、2 台のサーバーと 1 台のクライアント コンピューターを使って VDI のクイック スタート展開を展開する手順について説明します。 作成するテスト ラボでは、VDI のクイック スタート展開を正常に展開する方法を示します。

System_CAPS_important重要

次の手順は、必要最小限のコンピューターを使って VDI のクイック スタート展開のテスト ラボを構成するためのものです。 各コンピューターでは、ネットワーク上で提供されるサービスを分け、必要な機能をはっきりと表示する必要があります。 この構成は、ベスト プラクティスを反映するために設計されているわけでもなく、また、運用ネットワークに必要なまたは推奨される構成を反映するために設計されているわけでもありません。 この構成は、IP アドレスやその他すべての構成パラメーターを含め、隔離されたテスト ラボ ネットワークでのみ動作するよう設計されています。

このテスト ラボでは、リモート デスクトップ サービスは次のように展開されます。

  • Windows Server 2012 が実行されている、DC1 という名前が付けられた 1 台のコンピューター。ドメイン コントローラー、ドメイン ネーム システム (DNS) サーバー、動的ホスト構成プロトコル (DHCP) サーバー、エンタープライズ ルート証明機関 (CA) として構成されています。

  • Windows Server 2012 が実行されている、APP1 という名前の 1 台のイントラネット メンバー サーバー。VDI のクイック スタート展開のサーバーとして構成されます。

  • Windows 8 が実行されている、CLIENT1 という名前の 1 台のクライアント コンピューター。VDI のクイック スタート展開に接続するために使われます。

また、VDI のクイック スタートのテスト ラボには次のものも含まれます。

  • Corpnet という名前のイントラネットをシミュレートする 1 つのサブネット (10.0.0.0/24)。

  • 次の図に示すように、Hyper-V 仮想スイッチを使って相互に接続されたコンピューター。

ネットワーク図

このテスト ラボに必要なコンポーネントを以下に示します。

  • クイック スタートのインストール先のコンピューターは、ドメインにアクセスしてコンピューターを参加させることができる必要があります。 このガイドでは、APP1 コンピューター オブジェクトに、CORP ドメインにコンピューターを参加させるアクセス許可が必要です。

  • 仮想デスクトップ テンプレート (仮想ハード ディスク) は、Sysprep を使って生成し、シャットダウンする必要があります。

  • Windows Server 2012 の製品ディスクまたはファイル。

  • Windows 8 の製品ディスクまたはファイル。

  • Windows Server 2012 の最低ハードウェア要件を満たす物理コンピューター 1 台。

System_CAPS_noteメモ

VDI のシナリオ ベースのインストールを選択した場合、RDS Virtual という名前の仮想スイッチが自動的に作成されます。

基本構成のテスト ラボ ガイドに基づく VDI のクイック スタート展開のテスト ラボを設定するときに実行する手順は 4 つあります。

手順 1:基本構成のテスト ラボを完成させる   VDI のクイック スタート展開のテスト ラボを作成するには、基本構成のテスト ラボを基盤として使う必要があります。

手順 2:APP1 を構成する   APP1 は基本構成で構成され、Windows Server 2012 が実行されているコンピューターで、VDI のクイック スタートをホストします。

System_CAPS_important重要

このテスト ラボを正常に完了するには、APP1 上でハードウェア依存の仮想化が有効にされている必要があります。 このクイック スタートではすべての役割サービスが APP1 にインストールされるため、APP1 を HYPER-V で実行することはできません。 Hyper-V 仮想マシンでは、RD 仮想化ホスト役割サービスを除く、すべてのリモート デスクトップ サービスの役割を実行できます。

手順 3:リモート デスクトップ サービス接続をテストする   CLIENT1 は、Windows 8 が実行されているコンピューターで、VDI のクイック スタート展開の仮想デスクトップ コレクションに正常に接続できることをテストできます。

手順 4:構成のスナップショットを取得する   ラボが完成したら、構成のスナップショットを取得しておくと、作業中の VDI のクイック スタート展開のテスト ラボに後で戻すことができます。

System_CAPS_noteメモ

このガイドで説明するタスクを実行するには、Domain Admins グループのメンバーまたは Administrators グループのメンバーとして、各コンピューターにログオンする必要があります。 Administrators グループ メンバーのアカウントを使ってログオンしているにもかかわらずタスクを実行できない場合は、Domain Admins グループ メンバーのアカウントを使ってログオンし、タスクを実行できるかどうかを試してください。

このテスト ラボ ガイドでは、基本構成のテスト ラボを基盤として使います。 このガイドのこの後の手順に進む前に、基本構成ので説明されている手順を完了してください。 テスト ラボ ガイド」の手順を既に完了しています。 場合、基本構成のテスト ラボ ガイド内の手順を既に完了し、基本構成のディスク イメージまたは仮想マシンのスナップショットを保存してある場合は、Hyper-V マネージャーを使って基本構成を復元し、次の手順に進んでください。

VDI のクイック スタート展開のテスト ラボの APP1 を構成するには、VDI のクイック スタートを展開します。

VDI のクイック スタートを展開するには

  1. APP1 サーバーに、CORP\User1 ユーザー アカウントでログオンします。

  2. サーバー マネージャーが自動的に起動します。 自動的に起動しない場合は、[スタート] ボタンをクリックし、「servermanager.exe」と入力します。次に、[サーバー マネージャー] をクリックします。

  3. [クイック スタート] セクションの [役割と機能の追加] をクリックします。

  4. 役割と機能の追加ウィザード[開始する前に] ページで、[次へ] をクリックします。

  5. [インストールの種類の選択] ページで [リモート デスクトップ サービスのインストール] をクリックし、[次へ] をクリックします。

  6. [展開の種類の選択] ページで [クイック スタート] をクリックし、[次へ] をクリックします。

  7. [展開シナリオの選択] ページで [仮想マシン ベースのデスクトップ展開] をクリックし、[次へ] をクリックします。

  8. [サーバーの選択] ページで、既定の選択を受け入れ、[次へ] をクリックします。

  9. [仮想デスクトップ テンプレートを選択します] ページの [仮想ハード ディスクの場所] ボックスの [参照] をクリックします。

    仮想デスクトップ テンプレートの場所に移動し、[開く][次へ] の順にクリックします。

  10. [選択内容の確認] ページで、[必要に応じて対象サーバーを自動的に再起動する] チェック ボックスをオンにし、[展開] をクリックします。

    System_CAPS_noteメモ

    RD 仮想化ホストの役割サービスがインストールされると、コンピューターが再起動します。 再起動後に CORP\Administrator としてログオンすると、VDI のクイック スタートによるインストールが完了します。

インストール時に作成された仮想デスクトップ コレクションに接続して、VDI のクイック スタートが正常に展開されていることを確認できます。 APP1 上の RD Web アクセス サーバーにログオンし、QuickVMCollection 仮想デスクトップ コレクションに接続します。

System_CAPS_noteメモ

サーバーから RD Web アクセス サーバーの Web サイトに接続する場合は、サーバー マネージャーを使って、Internet Explorer のセキュリティ強化の構成を無効にする必要があります。

仮想デスクトップ コレクションに接続するには

  1. CLIENT1 コンピューターに、CORP\User1 ユーザー アカウントでログオンします。

  2. Internet Explorer を開きます。 Internet Explorer を開くには、[スタート] ボタン、[Internet Explorer] の順にクリックします。

  3. Internet Explorer のアドレス バーに「https://app1.corp.contoso.com/RDWeb」と入力し、Enter キーを押します。

  4. [このサイトの閲覧を続行する (推奨されません)] をクリックします。

  5. [ドメイン\ユーザー名] ボックスに、「CORP\Administrator」と入力します。

  6. [パスワード] ボックスに、CORP\Administrator 用のパスワードを入力し、[サインイン] をクリックします。

  7. [QuickVMCollection] をクリックし、[接続] をクリックします。

これで、VDI のクイック スタート展開が完了しました。 作業中の VDI のクイック スタート展開構成にすぐに戻し、他のリモート デスクトップ サービス モジュール テスト ラボ ガイド (TLG)、TLG の拡張、または独自の実証や学習を行うために、この構成を保存するには、次の操作を実行します。

  1. テスト ラボ内の物理コンピューターまたは仮想マシンのすべてのウィンドウを閉じ、シャットダウンします。

  2. ラボが仮想マシンに基づいている場合は、各仮想マシンのスナップショットを保存し、スナップショットに名前を付けます。 ラボで物理コンピューターを使用している場合は、ディスク イメージを作成し、VDI のクイック スタート展開のテスト ラボ構成を保存します。

表示: