手順 2:ASP.NET 設定の構成

発行: 2012年2月

更新日: 2012年2月

適用対象: Windows Server 2012, Windows Server 2012 R2



Web サイト構築のこのフェーズでは、ASP.NET をサポートする以下の IIS サーバーおよび Web サイトの設定を構成します。

IIS での ASP.NET Web サイトの計画」では、次のいずれかのセッション状態保存オプションを使用することを決定しました。

  • インプロセス: セッション状態は、ASP.NET アプリケーションが実行されているワーカー プロセスの内部に格納されます。

  • 状態サーバー: セッション状態は、ASP.NET アプリケーションが実行されているワーカー プロセスの外部に格納されます。

  • SQL Server: セッション状態は SQL Server データベースに格納されます。

また、セッション データを Cookie でクライアント コンピューターに格納することを選択することもできます。Cookie と他の保存オプションのいずれかを組み合わせることもできます。たとえば、認証データは Cookie に格納し、他のセッション状態データは SQL Server データベースに格納することができます。

以下のセクションでは、決定した計画に基づいてセッション状態を構成する方法について説明します。

このセクションでは、IIS マネージャーの UI またはコマンド ラインを使用して、インプロセス セッション状態を構成する方法について説明します。

  1. IIS マネージャーを開き、管理するレベルに移動します。

  2. [機能ビュー] で、[セッション状態] をダブルクリックします。

  3. [セッション状態] ページの [セッション状態モードの設定] 領域で、[イン プロセス] をクリックします。

  4. (省略可能) [セッション状態] ページの [Cookie の設定] 領域で、Cookie の設定を構成します。

    Cookie の設定の詳細については、「セッション状態の Cookie モード」をご覧ください。

  5. [タイムアウト] フィールドに、hh:mm:ss の形式でタイムアウト値を入力します。たとえば、15 分の場合は「00:15:00」と入力します。

  6. (省略可能) リモート接続に Windows 認証およびホスト プロセス ID (ASP.NET または Windows サービス ID のいずれか) を使用するには、[偽装にホストの識別情報を使用する] チェック ボックスをオンにします。

  7. [操作] ウィンドウで、[適用] をクリックします。

  • インプロセス セッション状態を有効にするには、次の構文を使用します。

    appcmd set config /commit:WEBROOT /section:sessionState /mode:InProc

    変数 mode:InProc は、インプロセス セッション状態を有効にします。既定では、インプロセス セッション状態は有効です。

    note注意
    Appcmd.exe を使用して <sessionState> 要素を IIS 8 のグローバル レベルで構成する場合は、構成の変更が ApplicationHost.config ではなくルートの Web.config ファイルに対して行われるように、コマンドに /commit:WEBROOT を指定します。

  • セッション オブジェクトに関連付けられた要求が前回発生してから、そのオブジェクトが保持される時間の既定値を指定するには、次の構文を使用します。

    appcmd set config /section:asp /timeout: timeSpan

    変数 timeSpan は、セッション オブジェクトに関連付けられた要求が前回発生してからそのオブジェクトが保持される最長時間 (hh:mm:ss) を示します。既定値は 00:20:00 です。

このセクションでは、IIS マネージャーの UI またはコマンド ラインを使用して、セッション状態を保存するように状態サーバーを構成する方法について説明します。

IIS での ASP.NET Web サイトの計画」では、設計に関して次のことを決定しました。

  • 状態サーバーの接続文字列を定義します。

  • 接続タイムアウトの待機秒数を指定します。

  • 圧縮を有効にするかどうかを決定します。

  • セッション状態データを Cookie に格納するかどうかを決定します。

  1. IIS マネージャーを開き、管理するレベルに移動します。

  2. [機能ビュー] で、[セッション状態] をダブルクリックします。

  3. [セッション状態] ページの [セッション状態モードの設定] 領域で、[状態サーバー] をクリックします。

  4. [接続文字列] ボックスに接続文字列を入力するか、または [作成] をクリックして接続文字列を作成します。

  5. [タイムアウト (秒)] ボックスに、タイムアウト値を入力します。既定のタイムアウト値は 10 秒です。

  6. (省略可能) [セッション状態] ページの [Cookie の設定] 領域で、Cookie の設定を構成します。

    Cookie の設定の詳細については、「セッション状態の Cookie モード」をご覧ください。

  7. (省略可能) データベースへの接続に Windows 認証およびホスト プロセス ID (ASP.NET または Windows サービス ID のいずれか) を使用するには、[偽装にホストの識別情報を使用する] チェック ボックスをオンにします。

  8. [操作] ウィンドウで、[適用] をクリックします。

  • セッション状態を維持するように状態サーバーを構成するには、次の構文を使用します。

    appcmd set config /commit:WEBROOT /section:sessionState /mode:StateServer /stateConnectionString: string /stateNetworkTimeout: timeSpan /useHostingIdentity:True|False

    変数 mode:StateServer は、状態サーバーにセッション データを格納するためのセッション状態モードを設定します。既定では、変数 string は状態サーバーで使用する接続文字列を定義します。既定の設定は tcpip=loopback:42424 です。変数 timeSpan は、状態サーバーへの接続を維持する時間を秒単位で設定します。既定値は 10 秒です。変数 useHostingIdentity:True|False は、データベースへの接続に Windows 認証およびホスト プロセス ID (ASP.NET または Windows サービス ID のいずれか) を使用するかどうかを指定します。既定値は True です。

    note注意
    Appcmd.exe を使用して <sessionState> 要素を IIS 8 のグローバル レベルで構成する場合は、構成の変更が ApplicationHost.config ではなくルートの Web.config ファイルに対して行われるように、コマンドに /commit:WEBROOT を指定します。

このセクションでは、IIS マネージャーの UI またはコマンド ラインを使用して、セッション状態を維持するように SQL Server データベースを構成する方法について説明します。

IIS での ASP.NET Web サイトの計画」では、設計に関して次のことを決定しました。

  • データベースへの接続文字列を定義します。

  • 接続タイムアウトの待機秒数を指定します。

  • 再接続を試行するまでの待機秒数を指定します。

  • カスタム データベースを有効にするかどうかを決定します。

  • 圧縮を有効にするかどうかを決定します。

  • セッション状態データを Cookie に格納するかどうかを決定します。

  1. IIS マネージャーを開き、管理するレベルに移動します。

  2. [機能ビュー] で、[セッション状態] をダブルクリックします。

  3. [セッション状態] ページの [セッション状態モードの設定] 領域で、[SQL Server] をクリックします。

  4. [接続文字列] ボックスに接続文字列を入力するか、または [作成] をクリックして接続文字列を作成します。SQL Server が管理中のサーバー上にある場合は、[接続文字列] ボックスで [LocalSqlServer] を選択します。

  5. [タイムアウト] ボックスに、タイムアウト値を入力します。

  6. (省略可能) セッション状態データの格納にカスタム データベースを使用するには、[カスタム データベースを有効にする] チェック ボックスをオンにします。

  7. (省略可能) [セッション状態] ページの [Cookie の設定] 領域で、Cookie の設定を構成します。

    Cookie の設定の詳細については、「セッション状態の Cookie モード」をご覧ください。

  8. (省略可能) SQL データベースへのリモート接続に Windows 認証およびホスト プロセス ID (ASP.NET または Windows サービス ID のいずれか) を使用するには、[偽装にホストの識別情報を使用する] チェック ボックスをオンにします。

  9. [操作] ウィンドウで、[適用] をクリックします。

  1. セッション状態を維持するように状態サーバーを構成するには、次の構文を使用します。

    appcmd set config /commit:WEBROOT /section:sessionState /mode:SqlServer /sqlConnectionString: string /sqlCommandTimeout: timeSpan /useHostingIdentity:True|False

    変数 mode:SqlServer は、SQL Server データベースにセッション データを格納するためのセッション状態モードを設定します。既定では、変数 string は SQL Server で使用する接続文字列を定義します。既定の設定は LocalSqlServer です。変数 timeSpan は、SQL Server への接続を維持する時間を秒単位で設定します。既定値は 30 秒です。変数 useHostingIdentity:True|False は、データベースへの接続に Windows 認証およびホスト プロセス ID (ASP.NET または Windows サービス ID のいずれか) を使用するかどうかを指定します。既定値は True です。

    note注意
    Appcmd.exe を使用して <sessionState> 要素を IIS 8 のグローバル レベルで構成する場合は、構成の変更が ApplicationHost.config ではなくルートの Web.config ファイルに対して行われるように、コマンドに /commit:WEBROOT を指定します。

このセクションでは、IIS マネージャーの UI またはコマンド ラインを使用して、セッション状態を維持するように SQL Server データベースを構成する方法について説明します。

IIS での ASP.NET Web サイトの計画」では、設計に関して次のことを決定しました。

  • Cookie モードの選択: 自動検出、Cookie の使用、デバイス プロファイルの使用、または URI の使用を選択します。

  • URI の使用を選択しない場合は、Cookie の名前を指定します。

  • URI の使用を選択しない場合は、Cookie がタイムアウトするまでの分数を指定します。

  • Cookie の使用を選択しない場合は、期限切れのセッション ID を再生成するかどうかを決定します。

  1. IIS マネージャーを開き、管理するレベルに移動します。

  2. [機能ビュー] で、[セッション状態] をダブルクリックします。

  3. [セッション状態] ページの [Cookie の設定] 領域で、[モード] ドロップダウン リストから [Cookie を使用する] を選択します。

  4. [名前] ボックスに Cookie 名を入力するか、または既定の Cookie 名である ASP.NET_SessionId を使用します。

  5. [タイムアウト] ボックスにタイムアウト値を入力するか、または既定のタイムアウト値である 20 分を使用します。

  6. [操作] ウィンドウで、[適用] をクリックします。

  • セッション状態の Cookie を使用するモードを構成するには、次の構文を使用します。

    appcmd set config /commit:WEBROOT /section:sessionState /cookieless:UseCookies /cookieName:string /timeout:timeSpan

    変数 cookieless:UseCookies は、セッション状態の Cookie を使用するモードを使用するように IIS 8 を構成します。これは既定値です。変数 string は、Cookie の名前です。既定値は ASP.NET_SessionId です。変数 timeSpan は、Cookie がタイムアウトするまでの時間を分単位で指定します。既定値は 20 分です。たとえば、セッション状態に対して Cookie モードの Cookie (名前が MyCookie、有効期限が 40 分) を設定するには、コマンド プロンプトで次のように入力し、Enter キーを押します。

    appcmd set config /commit:WEBROOT /section:sessionState /cookieless:UseCookies /cookieName:MyCookie /timeout:40

    note注意
    Appcmd.exe を使用して <sessionState> 要素を IIS 8 のグローバル レベルで構成する場合は、構成の変更が ApplicationHost.config ではなくルートの Web.config ファイルに対して行われるように、コマンドに /commit:WEBROOT を指定します。

  • セッション状態のデバイス プロファイルを使用する Cookie モードを構成するには、次の構文を使用します。

    appcmd set config /commit:WEBROOT /section:sessionState /cookieless:UseDeviceProfile /cookieName:string /timeout:timeSpan /regenerateExpiredSessionId:True|False

    変数 cookieless:UseDeviceProfile は、セッション状態のデバイス プロファイルを使用する Cookie モードを使用するように IIS 8 を構成します。変数 string は、Cookie の名前です。既定値は ASP.NET_SessionId です。変数 timeSpan は、Cookie がタイムアウトするまでの時間を分単位で指定します。既定値は 20 分です。変数 regenerateExpiredSessionId:True|False は、期限切れになったセッション ID の再生成を有効にするか、または無効にするかを指定します。

    note注意
    Appcmd.exe を使用して <sessionState> 要素を IIS 8 のグローバル レベルで構成する場合は、構成の変更が ApplicationHost.config ではなくルートの Web.config ファイルに対して行われるように、コマンドに /commit:WEBROOT を指定します。

  • セッション状態の自動検出 Cookie モードを構成するには、次の構文を使用します。

    appcmd set config /commit:WEBROOT /section:sessionState /cookieless:AutoDetect /cookieName:string /timeout:timeSpan /regenerateExpiredSessionId:True|False

    変数 cookieless:AutoDetect は、セッション状態の自動検出 Cookie モードを使用するように IIS 8 を構成します。変数 string は、Cookie の名前です。既定値は ASP.NET_SessionId です。変数 timeSpan は、Cookie がタイムアウトするまでの時間を分単位で指定します。既定値は 20 分です。変数 regenerateExpiredSessionId:True|False は、期限切れになったセッション ID の再生成を有効にするか、または無効にするかを指定します。

    note注意
    Appcmd.exe を使用して <sessionState> 要素を IIS 8 のグローバル レベルで構成する場合は、構成の変更が ApplicationHost.config ではなくルートの Web.config ファイルに対して行われるように、コマンドに /commit:WEBROOT を指定します。

  • セッション状態の URI Cookie モードを構成するには、次の構文を使用します。

    appcmd set config /commit:WEBROOT /section:sessionState /cookieless:UseUri /regenerateExpiredSessionId:True|False

    変数 cookieless:UseUri は、セッション状態の URI Cookie モードを使用するように IIS 8 を構成します。変数 regenerateExpiredSessionId:True|False は、期限切れになったセッション ID の再生成を有効にするか、または無効にするかを指定します。

    note注意
    Appcmd.exe を使用して <sessionState> 要素を IIS 8 のグローバル レベルで構成する場合は、構成の変更が ApplicationHost.config ではなくルートの Web.config ファイルに対して行われるように、コマンドに /commit:WEBROOT を指定します。

このセクションでは、IIS マネージャーの UI またはコマンド ラインを使用して、ASP.NET ページを構成し、設定を制御する方法について説明します。

note注意
これらの設定は、ASP.NET Web フォームに対してのみ適用されます。ASP.NET MVC または ASP.NET Web ページには適用されません。

既存のページおよびコントロールの設定を編集でき、変更は Web.config ファイルに反映されます。

  1. IIS マネージャーを開き、管理するレベルに移動します。

  2. [機能ビュー] で、[ページおよびコントロール] をダブルクリックします。

  3. [ページおよびコントロール] ページで、必要に応じて設定を編集します。

  4. 編集が終わったら、[操作] ウィンドウで [適用] をクリックします。

  • ページ出力のバッファリングを有効または無効にするには、次の構文を使用します。

    appcmd set config /commit:WEBROOT /section:pages /buffer:True|False

    変数 buffer:True は、ページ出力のバッファリングを有効にします。既定値は True です。

IIS での ASP.NET Web サイトの計画」では、追加する各カスタム コントロールの設計に関して以下のことを決定しました。

  • コントロールのタグ プレフィックスを指定します。

  • コントロールの .NET 名前空間を指定します。

  • コントロールを含むアセンブリを指定します。

  1. IIS マネージャーを開き、管理するレベルに移動します。

  2. [機能ビュー] で、[ページおよびコントロール] をダブルクリックします。

  3. [操作] ウィンドウで、[コントロールの登録] をクリックします。

  4. [操作] ウィンドウで、[カスタム コントロールの追加] をクリックします。

  5. [カスタム コントロールの追加] ダイアログ ボックスで、[タグ プレフィックス] ボックスにタグ プレフィックスを入力します。

  6. [名前空間] ボックスに、カスタム コントロールが属する名前空間を入力します。アプリケーション コード内に指定されているものと同じ名前空間を指定します。

  7. [アセンブリ] ボックスに、カスタム コントロールのソースまたはアセンブリの名前を入力し、[OK] をクリックします。

  • カスタム コントロールを追加するには、次の構文を使用します。

    appcmd set config /commit:WEBROOT /section:system.web/pages /+"controls.[assembly=' string ',namespace=' string ',src=' string ', tagName=' string ', tagPrefix=' string ']"

    変数 assembly string は、COM コントロールの実装が含まれているアセンブリの名前です。この属性を設定する場合は、namespace 属性も設定する必要があります。変数 namespace string は、タグ プレフィックスに関連付けられた名前空間です。この属性を設定する場合は、COM コントロールがアプリケーション コード ディレクトリに存在しないときに assembly 属性も設定する必要があります。変数 src string は、ユーザー コントロールが含まれているファイルの名前です。この属性を設定する場合は、tagName 属性も設定する必要があります。変数 tagName string は、ページで使用するコントロールの名前です。この属性を設定する場合は、src 属性も設定する必要があります。変数 tagPrefix string は、ソース ファイルまたは名前空間やアセンブリにマップされているタグ プレフィックスです。この属性には、次に示す他の属性の組み合わせのいずれかが必要です。

    • namespace: アプリケーション コード ディレクトリにコントロールが存在する場合に COM コントロールを定義します。

    • namespaceassembly: COM コントロールを定義します。

    • tagNamesrc: ユーザー コントロールを定義します。

    たとえば、ユーザー コントロールの指定したソースを使用するカスタム コントロールを追加するには、コマンド プロンプトで次のように入力し、Enter キーを押します。

    appcmd set config /commit:WEBROOT /section:system.web/pages /+"controls.[tagPrefix='MyTag', tagName='MyControl',src='controls/MyControl.asx']"

    note注意
    Appcmd.exe を使用して <controls> 要素を IIS 8 のグローバル レベルで構成する場合は、構成の変更が ApplicationHost.config ではなくルートの Web.config ファイルに対して行われるように、コマンドに /commit:WEBROOT を指定します。

このセクションでは、IIS マネージャーの UI またはコマンド ラインを使用して、アプリケーションの設定を構成する方法について説明します。

IIS での ASP.NET Web サイトの計画」では、構成する各アプリケーション設定の設計に関して以下のことを決定しました。

  1. 設定の名前を指定します。

  2. 設定の値を指定します。

  1. IIS マネージャーを開き、管理するレベルに移動します。

  2. [機能ビュー] で、[アプリケーションの設定] をダブルクリックします。

  3. [操作] ウィンドウで、[追加] をクリックします。

  4. [アプリケーション設定の追加] ダイアログ ボックスの [名前] ボックスに、アプリケーション設定の名前を入力します。

  5. [アプリケーション設定の追加] ダイアログ ボックスの [] ボックスに、アプリケーション設定の値を入力し、[OK] をクリックします。

  • アプリケーションの設定を追加するには、次の構文を使用します。

    appcmd set config /commit:MACHINE /section:appSettings /+"[key=' string ',value=' string ']"

    変数 key string はアプリケーション設定の名前、変数 value string はアプリケーション設定の値です。たとえば、アプリケーションの名前のアプリケーション設定を追加するには、コマンド プロンプトで次のように入力し、Enter キーを押します。

    appcmd set config /commit:MACHINE /section:appSettings /+"[key='Application Name',value='MyApplication']"

IIS 8 で、ASP.NET コードをコンパイルする方法を制御する場合は、.NET コンパイルの設定を編集します。このセクションでは、ASP.NET アプリケーションのコンパイル設定を編集する方法について説明します。

  1. IIS マネージャーを開き、管理するレベルに移動します。

  2. [機能ビュー] で、[.NET コンパイル] をダブルクリックします。

  3. [.NET コンパイル] ページで、必要に応じて設定を編集します。

  4. 編集が終わったら、[操作] ウィンドウで [適用] をクリックします。

  • サイトのバッチ コンパイルを有効または無効にするには、次の構文を使用します。

    appcmd set config /commit:WEBROOT /section:compilation /batch:True|False

    変数 batch:True はバッチ コンパイルを有効にし、変数 batch:False はバッチ コンパイルを無効にします。既定値は True です。

  • バッチ コンパイルの最大ファイル サイズ (KB) を変更するには、次の構文を使用します。

    appcmd set config /commit:WEBROOT /section:compilation /maxBatchGeneratedFileSize: int

    変数 int は、最大ファイル サイズ (KB) です。既定値は 1000 です。

  • サイトのバッチ コンパイルごとのページの最大数を指定するには、次の構文を使用します。

    appcmd set config /commit:WEBROOT /section:compilation /maxBatchSize: int

    変数 int は、バッチ コンパイルごとのページ数の最大値です。

  • サイトのバッチ コンパイルのタイムアウト時間を秒数で定義するには、次の構文を使用します。

    appcmd set config /commit:WEBROOT /section:compilation /batchTimeout: timeSpan

    変数 int は、バッチ コンパイルごとのページ数の最大値です。

  • サイトの出荷版バイナリまたはデバッグ バイナリのコンパイルを指定するには、次の構文を使用します。

    appcmd set config /commit:WEBROOT /section:compilation /debug:True|False

    変数 debug:True はデバッグ バイナリのコンパイルを有効にし、変数 debug:False は出荷版バイナリのコンパイルを有効にします。既定値は False です。

  • サイトのアプリケーションを再起動するまでにリソースを動的に再コンパイルできる回数を指定するには、次の構文を使用します。

    appcmd set config /commit:WEBROOT /section:compilation /numRecompilesBeforeAppRestart: int

    変数 int は、アプリケーションを再起動するまでにリソースを動的に再コンパイルできる回数です。既定値は 15 です。

  • サイトの URL 行プラグマを有効または無効にするには、次の構文を使用します。

    appcmd set config /commit:WEBROOT /section:compilation /urlLinePragmas:True|False

    変数 urlLinePragmas:True は URL 行プラグマを有効にし、変数 urlLinePragmas:False は URL 行プラグマを無効にします。既定値は False です。

  • サイトにおける Visual Basic の明示的なコンパイルを有効または無効にするには、次の構文を使用します。

    appcmd set config /commit:WEBROOT /section:compilation /explicit:True|False

    変数 explicit:True は Visual Basic の明示的なコンパイルを有効にし、explicit:False は明示的なコンパイルを無効にします。既定値は False です。

  • サイトにおける Visual Basic の厳密なコンパイルを有効または無効にするには、次の構文を使用します。

    appcmd set config /commit:WEBROOT /section:compilation /strict:True|False

    変数 strict:True は Visual Basic の厳密なコンパイルを有効にし、変数 strict:False は厳密なコンパイルを無効にします。既定値は False です。

  • サイトの ASP.NET コンパイル プロセッサ ディレクティブを追加するには、次の構文を使用します。

    appcmd set config /commit:WEBROOT /section:compilation /+"assemblies.[assembly=' string ']"

    変数 string は、ASP.NET コンパイル プロセッサ ディレクティブです。

  • サイトの ASP.NET コンパイル プロセッサ ディレクティブを削除するには、次の構文を使用します。

    appcmd set config /commit:WEBROOT /section:compilation /-"assemblies.[assembly=' string ']"

    変数 string は、ASP.NET コンパイル プロセッサ ディレクティブです。

  • サイトの ASP.NET コンパイル プロセッサ ディレクティブを削除するには、次の構文を使用します。

    appcmd set config /commit:WEBROOT /section:compilation /-"assemblies.[assembly=' string ']"

    変数 string は、ASP.NET コンパイル プロセッサ ディレクティブです。

  • サイトの動的コンパイル ファイルで使用する既定のプログラミング言語を変更するには、次の構文を使用します。

    appcmd set config /commit:WEBROOT /section:compilation /defaultLanguage: string

    変数 string は、既定のプログラミング言語です。既定値は vb です。たとえば、動的コンパイル ファイルで使用する既定のプログラミング言語を Visual Basic から C# に変更するには、コマンド プロンプトで次のように入力し、Enter キーを押します。

    appcmd set config /commit:WEBROOT /section:compilation /defaultLanguage:c#

  • サイトでのコンパイルにおける一時ファイルの保存場所として使用するディレクトリを指定するには、次の構文を使用します。

    appcmd set config /commit:WEBROOT /section:compilation /tempDirectory: string

    変数 string は、ディレクトリ パスです。

    note注意
    Appcmd.exe を使用して <compilation> 要素を IIS 8 のグローバル レベルで構成する場合は、構成の変更が ApplicationHost.config ではなくルートの Web.config ファイルに対して行われるように、コマンドに /commit:WEBROOT を指定します。

このセクションでは、IIS マネージャーの UI またはコマンド ラインを使用して、ASP.NET アプリケーションのグローバリゼーションの設定を編集する方法について説明します。

  1. IIS マネージャーを開き、管理するレベルに移動します。

  2. [機能ビュー] で、[.NET グローバリゼーション] をダブルクリックします。

  3. [.NET グローバリゼーション] ページのプロパティ シートで、編集するグローバル設定をクリックして選択し、ドロップダウン リストから値を選択します。

  4. [操作] ウィンドウで、[適用] をクリックします。

  • Web 要求を処理するための既定のカルチャを編集するには、次の構文を使用します。

    appcmd set config /commit:WEBROOT /section:globalization /culture: string

    変数 string は、Web 要求を処理するための既定のカルチャです。たとえば、Web 要求を行う既定のカルチャを米国英語に変更するには、コマンド プロンプトで次のように入力し、Enter キーを押します。

    appcmd set config /commit:WEBROOT /section:globalization /culture:en-us

    note注意
    Appcmd.exe を使用して <globalization> 要素を IIS 8 のグローバル レベルで構成する場合は、構成の変更が ApplicationHost.config ではなくルートの Web.config ファイルに対して行われるように、コマンドに /commit:WEBROOT を指定します。

  • クライアント ベースのカルチャを有効または無効にするには、次の構文を使用します。

    appcmd set config /commit:WEBROOT /section:globalization /enableClientBasedCulture:True|False

    変数 enableClientBasedCulture:True はクライアント ベースのカルチャを有効にし、変数 enableClientBasedCulture:False はクライアント ベースのカルチャを無効にします。既定値は False です。

  • ロケール依存のリソース検索を処理するための既定のカルチャを編集するには、次の構文を使用します。

    appcmd set config /commit:WEBROOT /section:globalization /uiCulture: string

    変数 string は、ロケール依存のリソース検索を処理するための既定のカルチャです。

  • ロケール依存のリソース検索を処理するための既定のカルチャを編集するには、次の構文を使用します。

    appcmd set config /commit:WEBROOT /section:globalization /uiCulture: string

    変数 string は、ロケール依存のリソース検索を処理するための既定のカルチャです。

  • .aspx、.asmx、および .asax ファイルを解析するときに既定のエンコードを変更するには、次の構文を使用します。

    appcmd set config /commit:WEBROOT /section:globalization /fileEncoding: string

    変数 string は、.aspx、.asmx、および .asax ファイルの解析時に使用される既定のエンコードです。

  • 応答のヘッダー エンコードを変更するには、次の構文を使用します。

    appcmd set config /commit:WEBROOT /section:globalization /responseHeaderEncoding: string

    変数 string は、応答に使用されるヘッダー エンコードです。既定値は utf-8 です。

  • 応答のコンテンツ エンコードを編集するには、次の構文を使用します。

    appcmd set config /commit:WEBROOT /section:globalization /responseEncoding: string

    変数 string は、応答に使用されるコンテンツ エンコードです。既定値は utf-8 です。

コミュニティの追加

表示: