Save-CauDebugTrace

Save-CauDebugTrace

Saves Cluster-Aware Updating (CAU) debug tracing information to a local zip file.

構文

Parameter Set: Default
Save-CauDebugTrace [[-ClusterName] <String> ] [[-FilePath] <String> ] [-Credential <PSCredential> ] [-Force] [-RunId <Guid> ] [ <CommonParameters>]




詳細説明

The Save-CauDebugTrace cmdlet saves Cluster-Aware Updating (CAU) debug tracing information to a local zip file. The tracing information is mainly intended for use by developers and support engineers. Specify the file name with the FilePath parameter.

Note: To run this cmdlet, Windows PowerShell® remoting must be enabled on each node. To do this, run the Enable-PSRemoting cmdlet. In addition, ensure that the Windows Remote Management - Compatibility Mode (HTTP-In) firewall exception is enabled on each node.

パラメーター

-FilePath<String>

Specifies the name of the file to which to save the tracing information, such as MyTrace.zip.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

2

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-Force

Specifies that when the file specified by the FilePath parameter exists, it is overwritten without prompting for confirmation. If Force is not specified, then when the file specified by the FilePath parameter exists, the cmdlet returns an error.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-ClusterName<String>

Specifies the name of the cluster for which to gather CAU debug tracing information. This parameter is only required when this cmdlet is not run on a failover cluster node, or this cmdlet is used to reference a failover cluster different from where the cmdlet is run.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

1

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-Credential<PSCredential>

Specifies the administrative credentials for the target cluster.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-RunId<Guid>

Indicates that the cmdlet should only include debug trace files related to an Updating Run with the specified Run ID.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

<CommonParameters>

このコマンドレットは次の共通パラメーターをサポートします。-Verbose、-Debug、-ErrorAction、-ErrorVariable、-OutBuffer、-OutVariable.詳細については、以下を参照してください。 about_CommonParameters (http://go.microsoft.com/fwlink/p/?LinkID=113216)。

入力

入力型は、コマンドレットにパイプできるオブジェクトの型です。

  • None

出力

出力型は、コマンドレットによって生成されるオブジェクトの型です。

  • None

EXAMPLE 1

This example saves the debug tracing information, for the cluster called CONTOSO-FC1, to a trace file called testrun.zip in the C:\temp folder.


PS C:\> Save-CauDebugTrace –ClusterName CONTOSO-FC1 -FilePath C:\temp\testrun.zip

関連トピック

コミュニティの追加

追加
表示: