Export-CauReport

Export-CauReport

Exports one or more Updating Run reports into an HTML or CSV-formatted document.

構文

Parameter Set: Default
Export-CauReport [-InputReport] <CauReport[]> [-Format] <OutputType> [-Path] <String> [-Force] [-PassThru] [-TimeZone <TimeZoneInfo> ] [-Confirm] [-WhatIf] [ <CommonParameters>]




詳細説明

The Export-CauReport cmdlet exports one or more Updating Run reports into an HTML or CSV-formatted document. Each Run report summarizes both the node-level and cluster-level summary status for the Updating Run.

Pipe one or more reports from the Get-CauReport cmdlet with the Detailed parameter, and control the content in the report by specifying appropriate parameters for the Get-CauReport cmdlet. For example, the Last parameter specifies the most recent Updating Run.

パラメーター

-Force

Runs the cmdlet without prompting for confirmation. By default the cmdlet will ask for confirmation from the user before proceeding.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-Format<OutputType>

Specifies the format of the output report. このパラメーターに対して使用できる値: CSV or HTML.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

2

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-InputReport<CauReport[]>

Specifies one or more CAU report objects, such as generated from a call to Get-CauReport with the Detailed parameter.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

1

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

true (ByValue)

ワイルドカード文字を許可する

false

-PassThru

Passes the CAU report object back through the pipeline for further processing.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-Path<String>

Specifies the local or complete path of the file to save the exported report.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

3

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-TimeZone<TimeZoneInfo>

Allows formatting of the report timestamps to match the specified time zone.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-Confirm

コマンドレットを実行する前に、ユーザーに確認を求めます。


必須?

false

位置は?

named

既定値

false

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-WhatIf

コマンドレットを実行するとどのような結果になるかを表示します。コマンドレットは実行されません。


必須?

false

位置は?

named

既定値

false

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

<CommonParameters>

このコマンドレットは次の共通パラメーターをサポートします。-Verbose、-Debug、-ErrorAction、-ErrorVariable、-OutBuffer、-OutVariable.詳細については、以下を参照してください。 about_CommonParameters (http://go.microsoft.com/fwlink/p/?LinkID=113216)。

入力

入力型は、コマンドレットにパイプできるオブジェクトの型です。

  • Microsoft.ClusterAwareUpdating.CauReport

出力

出力型は、コマンドレットによって生成されるオブジェクトの型です。

  • Microsoft.ClusterAwareUpdating.CauReport

EXAMPLE 1

This example gets a detailed version of the last CAU report for the cluster named Contoso-FC1, then exports that report in HTML format to the path C:\temp\contoso-fc1_last.html. The timestamps in the report are formatted in the Coordinated Universal Time (UTC) zone.


PS C:\> Get-CauReport -ClusterName Contoso-FC1 -Last -Detailed | Export-CauReport -Format HTML -Path C:\temp\contoso-fc1_last.html -TimeZone ([system.timezoneinfo]::Utc)

関連トピック

コミュニティの追加

追加
表示: