Repair-ClusterSharedVolume

Repair-ClusterSharedVolume

Runs repair tools on a Cluster Shared Volume locally on a cluster node.

構文

Parameter Set: ChkDsk
Repair-ClusterSharedVolume [-VolumeName] <String> -ChkDsk [-Parameters <String> ] [ <CommonParameters>]

Parameter Set: Defrag
Repair-ClusterSharedVolume [-VolumeName] <String> -Defrag [-Parameters <String> ] [ <CommonParameters>]




詳細説明

The Repair-ClusterSharedVolume cmdlet runs repair tools on a Cluster Shared Volume locally on a cluster node.

This cmdlet runs chkdsk.exe or defrag.exe on a Cluster Shared Volume. It will turn maintenance on for the volume, move the cluster resource to the node running this cmdlet, run the tool, and then turn maintenance off for the volume. This cmdlet has to run locally on one of the cluster nodes. To run remotely, use Windows PowerShell® remoting.

パラメーター

-ChkDsk

Specifies that chkdsk.exe is run on the volume. Any parameters specified in the Parameters parameter will be passed through to chkdsk.exe.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-Defrag

Specifies that defrag.exe is run on the volume. Any parameters specified in the Parameters parameter will be passed through to defrag.exe.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-Parameters<String>

Specifies one or more parameters to pass through to the tool.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-VolumeName<String>

Specifies the name of the volume on which to run the tool.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

1

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

<CommonParameters>

このコマンドレットは次の共通パラメーターをサポートします。-Verbose、-Debug、-ErrorAction、-ErrorVariable、-OutBuffer、-OutVariable.詳細については、以下を参照してください。 about_CommonParameters (http://go.microsoft.com/fwlink/p/?LinkID=113216)。

入力

入力型は、コマンドレットにパイプできるオブジェクトの型です。

  • None

出力

出力型は、コマンドレットによって生成されるオブジェクトの型です。

  • None

Example 1

This example runs defrag.exe on Cluster Shared Volume located at C:\ClusterStorage\Volume1.


PS C:\> Repair-ClusterSharedVolume –VolumeName C:\ClusterStorage\Volume1 -Defrag

Example 2

This example runs chkdsk.exe on Cluster Shared Volume located at C:\ClusterStorage\Volume1 and passes the /F parameter to chkdsk.exe.


PS C:\> Repair-ClusterSharedVolume –VolumeName C:\ClusterStorage\Volume1 -ChkDsk -Parameters "/F"

関連トピック

コミュニティの追加

追加
表示: