Remove-CACrlDistributionPoint

Remove-CACrlDistributionPoint

Removes the URI for the certificate revocation list (CRL) distribution point (CDP) from the certification authority (CA).

構文

Parameter Set: Default
Remove-CACrlDistributionPoint [-Uri] <String> [-AddToCertificateCdp] [-AddToCrlCdp] [-AddToCrlIdp] [-AddToFreshestCrl] [-Force] [-PublishDeltaToServer] [-PublishToServer] [ <CommonParameters>]




詳細説明

The Remove-CACRLDistributionPoint cmdlet removes the uniform resource identifier (URI) for the certificate revocation list (CRL) distribution point from the certification authority (CA).

パラメーター

-AddToCertificateCdp

Remove from the CDP extension of issued certificates.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

true (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-AddToCrlCdp

Remove from the certificate revocation list (CRL).


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

true (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-AddToCrlIdp

Remove from the IDP extension of issued certificates.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

true (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-AddToFreshestCrl

Remove from the most recent (freshest) certificate revocation list (CRL).


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

true (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-Force

ユーザーの確認を求めずにコマンドを強制的に実行します。


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-PublishDeltaToServer

Remove the delta certificate revocation list (CRL).


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

true (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-PublishToServer

Remove from the base certificate revocation list (CRL).


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

true (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-Uri<String>

Specifies the uniform resource identifier (URI) for the distribution point location of the certificate revocation list (CRL). This is the location from where status information about certificate revocation has been retrieved and/or the location the CRL was published.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

2

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

true (ByValue, ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

<CommonParameters>

このコマンドレットは次の共通パラメーターをサポートします。-Verbose、-Debug、-ErrorAction、-ErrorVariable、-OutBuffer、-OutVariable.詳細については、以下を参照してください。 about_CommonParameters (http://go.microsoft.com/fwlink/p/?LinkID=113216)。

入力

入力型は、コマンドレットにパイプできるオブジェクトの型です。

  • System.String

出力

出力型は、コマンドレットによって生成されるオブジェクトの型です。

  • Microsoft.CertificateServices.Administration.Commands.CA.CrlDistributionPointResult

    There is an output property named RestartCA, which when set to True indicates that the CA service (certsvc) needs to be restarted.


-------------------------- EXAMPLE 1 --------------------------

Description

-----------

Removes all URIs for all distribition points that contain the specified URI value ("http://corp.contoso.com/rootca.crl").


C:\PS>Remove-CACrlDistributionPoint -URI "http://corp.contoso.com/rootca.crl"

-------------------------- EXAMPLE 2 --------------------------

Description

-----------

Removes only the URIs that are set to a value of "http://corp.contoso.com/rootca.crl" and for which the AddToCertificateCdp is set.


C:\PS>Remove-CACrlDistributionPoint -Uri "http://corp.contoso.com/rootca.crl" -AddToCertificateCdp

-------------------------- EXAMPLE 3 --------------------------

Description

-----------

Removes only the uniform resource indicators (URIs) that are unique to the URI specified ("http://www.contoso.com/pki/orca.crl") and the combination of flags that are set or included (AddToCertificateCdp, AddToCrlIdp).


C:\PS>Remove-CACrlDistributionPoint -Uri "http://www.contoso.com/pki/orca.crl" -AddToCertificateCdp -AddToCrlIdp

関連トピック

コミュニティの追加

追加
表示: