Enable-BCHostedClient

Enable-BCHostedClient

Configures BranchCache to operate in hosted cache client mode.

構文

Parameter Set: ServerNames
Enable-BCHostedClient [-ServerNames] <String[]> [-AsJob] [-CimSession <CimSession[]> ] [-Force] [-ThrottleLimit <Int32> ] [-UseVersion <HostedCacheVersion> ] [-Confirm] [-WhatIf] [ <CommonParameters>]

Parameter Set: UseSCP
Enable-BCHostedClient -UseSCP [-AsJob] [-CimSession <CimSession[]> ] [-Force] [-ThrottleLimit <Int32> ] [-Confirm] [-WhatIf] [ <CommonParameters>]




詳細説明

The Enable-BCHostedClient cmdlet configures BranchCache to operate in hosted cache client mode.

パラメーター

-AsJob

エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-CimSession<CimSession[]>

リモート セッションまたはリモート コンピューターでコマンドレットを実行します。New-CimSession コマンドレットや Get-CimSession コマンドレットの出力など、コンピューター名またはセッション オブジェクトを入力します。既定値は、ローカル コンピューターで実行中の現在のセッションです。


エイリアス

Session

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-Force

Runs the cmdlet without prompting for confirmation.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-ServerNames<String[]>

Specifies the names of the hosted cache servers that the client computer can use to store content and obtain content.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

2

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-ThrottleLimit<Int32>

このコマンドレットを実行するために確立できる最大同時操作数を指定します。このパラメーターを省略するか、値として 0 を入力した場合、Windows PowerShell® では、コンピューターで実行している CIM コマンドレットの数に基づいて、コマンドレットに対する最適なスロットル制限を計算します。スロットル制限は現在のコマンドレットのみに適用され、セッションまたはコンピューターには適用されません。


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-UseSCP

Specifies that the client should locate hosted cache servers by using service connection points (SCP). A service connection point is an Active Directory object used to publish service specific data. A hosted cache server may register a service connection point object associated with the active directory site in which it resides. This is achieved with the RegisterSCP parameter on the Enable-BCHostedServer cmdlet.
If this parameter is specified, then this computer will attempt to automatically discover a hosted cache server associated with the assigned active directory site by searching for an SCP.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-UseVersion<HostedCacheVersion>

Specifies the version of the offer protocol to use when contacting this hosted cache server.

This parameter controls which protocol the client should use when communicating with the hosted cache server. The value Windows8 specifies that the client uses HTTP. The value Windows7 specifies that the client uses HTTPS.
If this parameter is not specified, and a hosted cache server name is provided, then a value of Windows8 is used.
If the UseSCP parameter is used, then a value of Windows7 is used.

Hosted cache servers that are running Windows Server® 2012 do not need to enroll a certificate, and client computers can contact these servers to store or obtain content by using the HTTP protocol on the TCP port 80. However, Windows Server 2008 R2-based hosted cache servers must have a certificate enrolled, and can only be contacted when client computers use the HTTPS protocol on the TCP port 443.

Note: -based computers can only contact hosted cache servers by using the HTTPS protocol; because of this, a hosted cache server that is running Windows Server 2012 can be configured to accept requests over both HTTP and HTTPS so that the hosted cache server can operate with Windows® 7-based computers and with client computers that are running Windows® 8.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

1

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-Confirm

コマンドレットを実行する前に、ユーザーに確認を求めます。


必須?

false

位置は?

named

既定値

false

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-WhatIf

コマンドレットを実行するとどのような結果になるかを表示します。コマンドレットは実行されません。


必須?

false

位置は?

named

既定値

false

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

<CommonParameters>

このコマンドレットは次の共通パラメーターをサポートします。-Verbose、-Debug、-ErrorAction、-ErrorVariable、-OutBuffer、-OutVariable.詳細については、以下を参照してください。 about_CommonParameters (http://go.microsoft.com/fwlink/p/?LinkID=113216)。

入力

入力型は、コマンドレットにパイプできるオブジェクトの型です。

  • None

出力

出力型は、コマンドレットによって生成されるオブジェクトの型です。

  • None

EXAMPLE 1

This example enables hosted cache client mode using the HC.contos.com computer as a hosted cache server. For HTTPS, use Windows® 7 mode (Windows7).


PS C:\> Enable-BCHostedClient –ServerNames HC.contoso.com –UseVersion Windows7

EXAMPLE 2

This example enables hosted cache client mode with two hosted cache servers: HC1.contoso.com and HC2.contoso.com. For HTTP, use Windows 8 mode (Windows8).


PS C:\> Enable-BCHostedClient –ServerNames HC1.contoso.com,HC2.contoso.com -UseVersion Windows8

関連トピック

コミュニティの追加

追加
表示: