New-DAEntryPointTableItem

New-DAEntryPointTableItem

Configures a new entry point for multisite DirectAccess.

構文

Parameter Set: ByPolicyStore
New-DAEntryPointTableItem [-PolicyStore] <String> -ADSite <String> -EntryPointIPAddress <String> -EntryPointName <String> -EntryPointRange <String[]> [-AsJob] [-CimSession <CimSession[]> ] [-GslbIP <String> ] [-IPHttpsProfile <String> ] [-TeredoServerIP <String> ] [-ThrottleLimit <Int32> ] [-Confirm] [-WhatIf] [ <CommonParameters>]

Parameter Set: ByGpoSession
New-DAEntryPointTableItem [-GPOSession] <String> -ADSite <String> -EntryPointIPAddress <String> -EntryPointName <String> -EntryPointRange <String[]> [-AsJob] [-CimSession <CimSession[]> ] [-GslbIP <String> ] [-IPHttpsProfile <String> ] [-TeredoServerIP <String> ] [-ThrottleLimit <Int32> ] [-Confirm] [-WhatIf] [ <CommonParameters>]




詳細説明

New-DAEntryPointTableItem configures a new entry point for multisite DirectAccess. The administrator distributes the new entry point to DirectAccess client computers by using Group Policy, and DirectAccess client computers use the new entry point when appropriate.

パラメーター

-ADSite<String>

Specifies the Active Directory Domain Services (AD DS) site name associated with the entry point. When a client computer connects to an entry point, the computer becomes associated with the AD DS site specified.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-AsJob

エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-CimSession<CimSession[]>

リモート セッションまたはリモート コンピューターでコマンドレットを実行します。New-CimSession コマンドレットや Get-CimSession コマンドレットの出力など、コンピューター名またはセッション オブジェクトを入力します。既定値は、ローカル コンピューターで実行中の現在のセッションです。


エイリアス

Session

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-EntryPointIPAddress<String>

Specifies the IPv6 address of the entry point to use for connectivity. The cmdlet fails if the IP address specified is not within the IP address range specified by EntryPointRange.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-EntryPointName<String>

Specifies the name of the entry point. The entry point name is usually the friendly name of the location, such as "Redmond" or "Paris".

Specify the name of the entry point by using double quotes ( “ ”).


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-EntryPointRange<String[]>

Specifies the IPv6 address range associated with computers connecting through this entry point. Specify the IPv6 range in classless inter-domain routing (CIDR) notation.

The following is an example of an EntryPointRange entry:
{2001:4898:e0:305d::100:1/128, 2001:4898:e0:305d::100:2/128, 2001:4898:e0:3084::/64}


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-GPOSession<String>

Specifies the Group Policy session to send configuration information. You can use GPOSession with the NetGPO cmdlets to aggregate multiple operations performed on a Group Policy Object.

GPOSession cannot be used in conjunction with PolicyStore.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

2

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-GslbIP<String>

Specifies the IP address associated with the new entry point, if using DirectAccess in conjunction with global server load balancing (GSLB) site balancing.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-IPHttpsProfile<String>

Specifies the IPHTTPs profile name to be used for connectivity. You specify the name of the profile in double quotes (“ “).New-DAEntryPointTableItem fails if the profile does not already exist in the GPO that contains the configuration. For more information about IPHTTPs profiles, see the NetIPHTTPsConfiguration cmdlets in the NetworkTransition module.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-PolicyStore<String>

Specifies the policy store into which the cmdlet adds the entry point.

To add the entry point to a Group Policy Object, specify the GPO name using the following format: "Domain\GPOName"

To add the entry point information to a computer’s local GPO, specify the computer’s local GPO name in the following format: "GPO:<computername>"

PolicyStore cannot be used in conjunction with GPOSession.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

2

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-TeredoServerIP<String>

Specifies the IP address of the Teredo server for the new entry point.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-ThrottleLimit<Int32>

このコマンドレットを実行するために確立できる最大同時操作数を指定します。このパラメーターを省略するか、値として 0 を入力した場合、Windows PowerShell® では、コンピューターで実行している CIM コマンドレットの数に基づいて、コマンドレットに対する最適なスロットル制限を計算します。スロットル制限は現在のコマンドレットのみに適用され、セッションまたはコンピューターには適用されません。


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-Confirm

コマンドレットを実行する前に、ユーザーに確認を求めます。


必須?

false

位置は?

named

既定値

false

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-WhatIf

コマンドレットを実行するとどのような結果になるかを表示します。コマンドレットは実行されません。


必須?

false

位置は?

named

既定値

false

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

<CommonParameters>

このコマンドレットは次の共通パラメーターをサポートします。-Verbose、-Debug、-ErrorAction、-ErrorVariable、-OutBuffer、-OutVariable.詳細については、以下を参照してください。 about_CommonParameters (http://go.microsoft.com/fwlink/p/?LinkID=113216)。

入力

入力型は、コマンドレットにパイプできるオブジェクトの型です。

  • This cmdlet has no input objects.


出力

出力型は、コマンドレットによって生成されるオブジェクトの型です。

  • Microsoft.Management.Infrastructure.CimInstance#root/StandardCimv2/MSFT_DASiteTableEntry

    This cmdlet returns a CIM object which contains the new DA entry point table item.


Example: Create a new entry point

This cmdlet creates a simple entry point named Paris.


PS C:\> New-DAEntryPointTableItem -PolicyStore GPO:Localhost -ADSite "Paris"  -EntryPointRange 2001::/16 –TeredoServerIP 131.107.1.1 –EntryPointIPAddress 200::1 –GslbIP 131.107.0.1 -EntryPointName "Paris" 

関連トピック

コミュニティの追加

追加
表示: