Get-VM

Get-VM

Gets the virtual machines from one or more Hyper-V hosts.

構文

Parameter Set: Name
Get-VM [[-Name] <String[]> ] [-CimSession <Microsoft.Management.Infrastructure.CimSession[]> ] [-ComputerName <String[]> ] [-Credential <System.Management.Automation.PSCredential[]> ] [ <CommonParameters>]

Parameter Set: ClusterObject
Get-VM [-ClusterObject] <PSObject> [ <CommonParameters>]

Parameter Set: Id
Get-VM [[-Id] <Guid]> ] [-CimSession <Microsoft.Management.Infrastructure.CimSession[]> ] [-ComputerName <String[]> ] [-Credential <System.Management.Automation.PSCredential[]> ] [ <CommonParameters>]




詳細説明

The Get-VM cmdlet gets the virtual machines from one or more Hyper-V hosts.

パラメーター

-CimSession<Microsoft.Management.Infrastructure.CimSession[]>

リモート セッションまたはリモート コンピューターでコマンドレットを実行します。コンピューター名またはセッション オブジェクト (New-CimSession コマンドレットや Get-CimSession コマンドレットの出力など) を入力します。既定値は、ローカル コンピューター上の現在のセッションです。


Aliases

none

必須/オプション

false

位置

named

既定値

none

パイプライン入力の受け入れ

false

ワイルドカード文字の受け入れ

false

-ClusterObject<PSObject>

Specifies the cluster resource or cluster group of the virtual machine to be retrieved.


Aliases

none

必須/オプション

true

位置

1

既定値

none

パイプライン入力の受け入れ

True (ByValue)

ワイルドカード文字の受け入れ

false

-ComputerName<String[]>

Specifies one or more Hyper-V hosts from which virtual machines are to be retrieved. NetBIOS names, IP addresses, and fully qualified domain names are allowable. The default is the local computer. Use localhost or a dot (.) to specify the local computer explicitly.


Aliases

none

必須/オプション

false

位置

named

既定値

none

パイプライン入力の受け入れ

false

ワイルドカード文字の受け入れ

false

-Credential<System.Management.Automation.PSCredential[]>

Specifies one or more user accounts that have permission to perform this action. The default is the current user.


Aliases

none

必須/オプション

false

位置

named

既定値

none

パイプライン入力の受け入れ

false

ワイルドカード文字の受け入れ

false

-Id<Guid]>

Specifies the identifier of the virtual machine to be retrieved.


Aliases

none

必須/オプション

false

位置

1

既定値

none

パイプライン入力の受け入れ

true(ByValue,ByPropertyName)

ワイルドカード文字の受け入れ

false

-Name<String[]>

Specifies the name of the virtual machine to be retrieved.


Aliases

VMName

必須/オプション

false

位置

1

既定値

none

パイプライン入力の受け入れ

True (ByValue)

ワイルドカード文字の受け入れ

false

<CommonParameters>

このコマンドレットは共通のパラメーターをサポートしています(-Verbose、-Debug、-ErrorAction、-ErrorVariable、-OutBuffer、および -OutVariable)。詳細については、TechNet の「 「about_CommonParameters」 (http://go.microsoft.com/fwlink/p/?LinkID=113216) を参照してください。

入力

入力型は、コマンドレットにパイプできるオブジェクトの型です。

出力

出力型は、コマンドレットが出力するオブジェクトの型です。

  • Microsoft.HyperV.PowerShell.VirtualMachine

使用例

Example 1

This example gets all virtual machines on the local virtual machine host.


PS C:\> Get-VM

Example 2

This example gets all virtual machines on Hyper-V host Server1 that are running.


PS C:\> Get-VM –ComputerName Server1 | Where-Object {$_.State –eq 'Running'}

Example 3

This example gets all virtual machines in the cluster to which the local Hyper-V host is joined.


PS C:\> Get-ClusterGroup | ? {$_.GroupType –eq 'VirtualMachine' } | Get-VM

コミュニティの追加

追加
表示: