Add-TargetPortToMaskingSet

Add-TargetPortToMaskingSet

Adds one or more target ports to a specified masking set, allowing a connection between the target ports, and any virtual disks and initiator IDs that the masking set contains.

構文

Parameter Set: ByFriendlyName
Add-TargetPortToMaskingSet [-MaskingSetFriendlyName] <String[]> [-AsJob] [-CimSession <CimSession[]> ] [-PassThru] [-TargetPortAddresses <String[]> ] [-ThrottleLimit <Int32> ] [-Confirm] [-WhatIf] [ <CommonParameters>]

Parameter Set: ByUniqueId
Add-TargetPortToMaskingSet -MaskingSetUniqueId <String[]> [-AsJob] [-CimSession <CimSession[]> ] [-PassThru] [-TargetPortAddresses <String[]> ] [-ThrottleLimit <Int32> ] [-Confirm] [-WhatIf] [ <CommonParameters>]

Parameter Set: InputObject (cdxml)
Add-TargetPortToMaskingSet -InputObject <CimInstance[]> [-AsJob] [-CimSession <CimSession[]> ] [-PassThru] [-TargetPortAddresses <String[]> ] [-ThrottleLimit <Int32> ] [-Confirm] [-WhatIf] [ <CommonParameters>]




詳細説明

The Add-TargetPortToMaskingSet cmdlet adds one or more target ports to a specified masking set, allowing a connection between the target ports, and any virtual disks and initiator IDs that the masking set contains. All target ports must use the same connection type (for example iSCSI or Fibre Channel).

Note: This cmdlet works only on storage subsystems that support multi-port per view selection (MaskingPortsPerView = 3). To view the MaskingPortsPerView property, type the following cmdlets: Get-StorageSubSystem | Format-Table -Property FriendlyName, MaskingPortsPerView

パラメーター

-AsJob

エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-CimSession<CimSession[]>

リモート セッションまたはリモート コンピューターでコマンドレットを実行します。New-CimSession コマンドレットや Get-CimSession コマンドレットの出力など、コンピューター名またはセッション オブジェクトを入力します。既定値は、ローカル コンピューターで実行中の現在のセッションです。


エイリアス

Session

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-InputObject<CimInstance[]>

Accepts a MaskingSet object from the pipeline as input.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByValue)

ワイルドカード文字を許可する

false

-MaskingSetFriendlyName<String[]>

Specifies the friendly name of the masking set to which you want to assign a target port.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

1

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-MaskingSetUniqueId<String[]>

Specifies the UniqueID of the masking set to which you want to assign a target port.


エイリアス

Id

必須?

true

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-PassThru

Specifies that the cmdlet should output an object representing the masking set to which it added target ports. By default, this cmdlet does not generate any output.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-TargetPortAddresses<String[]>

Specifies one or more target port addresses, which you can view by looking at the PortAddress property returned by the Get-TargetPort cmdlet. The target port addresses will be added to the masking set.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-ThrottleLimit<Int32>

このコマンドレットを実行するために確立できる最大同時操作数を指定します。このパラメーターを省略するか、値として 0 を入力した場合、Windows PowerShell® では、コンピューターで実行している CIM コマンドレットの数に基づいて、コマンドレットに対する最適なスロットル制限を計算します。スロットル制限は現在のコマンドレットのみに適用され、セッションまたはコンピューターには適用されません。


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-Confirm

コマンドレットを実行する前に、ユーザーに確認を求めます。


必須?

false

位置は?

named

既定値

false

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-WhatIf

コマンドレットを実行するとどのような結果になるかを表示します。コマンドレットは実行されません。


必須?

false

位置は?

named

既定値

false

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

<CommonParameters>

このコマンドレットは次の共通パラメーターをサポートします。-Verbose、-Debug、-ErrorAction、-ErrorVariable、-OutBuffer、-OutVariable.詳細については、以下を参照してください。 about_CommonParameters (http://go.microsoft.com/fwlink/p/?LinkID=113216)。

入力

入力型は、コマンドレットにパイプできるオブジェクトの型です。

出力

出力型は、コマンドレットによって生成されるオブジェクトの型です。

  • Microsoft.Management.Infrastructure.CimInstance オブジェクトは、Windows Management Instrumentation (WMI) オブジェクトを表示するラッパー クラスです。シャープ記号 (#) の後のパスは、基になる WMI オブジェクトの名前空間とクラス名です。

Example 1: Add a target port

This example demonstrates enumerating the Fibre Channel target ports on a given storage subsystem, and adding one of the target ports to an existing masking set.


 

PS C:\> $TargetPortObject = Get-TargetPort
PS C:\> $subSystem = Get-StorageSubSystem SANArray1
PS C:\> $maskingSet = Get-MaskingSet "Cluster1MaskingSet"
PS C:\> $subSystem | Get-TargetPort | Where-Object ConnectionType -eq "Fibre Channel" | Format-Table -AutoSize FriendlyName, PortAddress

 

PS C:\> $maskingSet | Add-TargetPortToMaskingSet -TargetPortAddresses "500A098187995A75"

関連トピック

コミュニティの追加

追加
表示: