Set-ResiliencySetting

Set-ResiliencySetting

Modifies the properties of the specified resiliency setting name.

構文

Parameter Set: ByName
Set-ResiliencySetting -Name <String[]> -StoragePool <CimInstance> [-AsJob] [-AutoNumberOfColumns] [-CimSession <CimSession[]> ] [-InterleaveDefault <UInt64> ] [-NumberOfColumnsDefault <UInt16> ] [-NumberOfDataCopiesDefault <UInt16> ] [-PassThru] [-PhysicalDiskRedundancyDefault <UInt16> ] [-ThrottleLimit <Int32> ] [ <CommonParameters>]

Parameter Set: ByUniqueId
Set-ResiliencySetting -UniqueId <String[]> [-AsJob] [-AutoNumberOfColumns] [-CimSession <CimSession[]> ] [-InterleaveDefault <UInt64> ] [-NumberOfColumnsDefault <UInt16> ] [-NumberOfDataCopiesDefault <UInt16> ] [-PassThru] [-PhysicalDiskRedundancyDefault <UInt16> ] [-ThrottleLimit <Int32> ] [ <CommonParameters>]

Parameter Set: InputObject (cdxml)
Set-ResiliencySetting -InputObject <CimInstance[]> [-AsJob] [-AutoNumberOfColumns] [-CimSession <CimSession[]> ] [-InterleaveDefault <UInt64> ] [-NumberOfColumnsDefault <UInt16> ] [-NumberOfDataCopiesDefault <UInt16> ] [-PassThru] [-PhysicalDiskRedundancyDefault <UInt16> ] [-ThrottleLimit <Int32> ] [ <CommonParameters>]




詳細説明

The Set-ResiliencySetting cmdlet modifies the properties of the specified resiliency setting name. For example, the user can specify that when creating any new virtual disk using the resiliency setting named Mirror, that the default interleave value would be 128K, or to define the default number of columns to use when creating a Simple (stripe without parity) virtual disk.

パラメーター

-AsJob

エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-AutoNumberOfColumns

Indicates whether the provider automatically determines the best possible column count for a resiliency setting on a storage pool. The value ranges are:

-- Mirror. The minimum is two for two-way mirror or three for three-way mirror. The maxmium is eight times the number of data copies.
-- Parity. The minimum is three for single parity and seven for dual parity. The maximum is eight for single parity and 17 for dual parity.
-- Simple. The minimum is one. The maximum is eight.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-CimSession<CimSession[]>

リモート セッションまたはリモート コンピューターでコマンドレットを実行します。New-CimSession コマンドレットや Get-CimSession コマンドレットの出力など、コンピューター名またはセッション オブジェクトを入力します。既定値は、ローカル コンピューターで実行中の現在のセッションです。


エイリアス

Session

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-InputObject<CimInstance[]>

Accepts a resiliency setting object from the pipeline as input.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByValue)

ワイルドカード文字を許可する

false

-InterleaveDefault<UInt64>

Specifies the default interleave value to use.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-Name<String[]>

Specifies the name of an object or setting. このパラメーターに対して使用できる値: simple, mirror, or parity.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-NumberOfColumnsDefault<UInt16>

Specifies the default number of columns to create.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-NumberOfDataCopiesDefault<UInt16>

Specifies the default number of data copies to create.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-PassThru

Sends items from the interactive window down the pipeline as input to other cmdlets. By default, this cmdlet does not generate any output.
To send items from the interactive window down the pipeline, click to select the items and then click OK. Shift-click and Ctrl-click are supported.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-PhysicalDiskRedundancyDefault<UInt16>

Specifies the default number to use for the physical disk redundancy value.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-StoragePool<CimInstance>

Accepts a StoragePool object as input. The Storage Pool CIM object is exposed by the Get-StoragePool cmdlet.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByValue)

ワイルドカード文字を許可する

false

-ThrottleLimit<Int32>

このコマンドレットを実行するために確立できる最大同時操作数を指定します。このパラメーターを省略するか、値として 0 を入力した場合、Windows PowerShell® では、コンピューターで実行している CIM コマンドレットの数に基づいて、コマンドレットに対する最適なスロットル制限を計算します。スロットル制限は現在のコマンドレットのみに適用され、セッションまたはコンピューターには適用されません。


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-UniqueId<String[]>

Specifies an ID used to uniquely identify a Disk object in the system. The ID persists through restarts.


エイリアス

Id

必須?

true

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

<CommonParameters>

このコマンドレットは次の共通パラメーターをサポートします。-Verbose、-Debug、-ErrorAction、-ErrorVariable、-OutBuffer、-OutVariable.詳細については、以下を参照してください。 about_CommonParameters (http://go.microsoft.com/fwlink/p/?LinkID=113216)。

入力

入力型は、コマンドレットにパイプできるオブジェクトの型です。

出力

出力型は、コマンドレットによって生成されるオブジェクトの型です。

EXAMPLE 1

This example sets the default number of columns to eight on virtual disks that use the Mirror setting, with the number of data copies set to two, indicating a two-way mirror, instead of a three-way mirror. The command uses the Get-StoragePool cmdlet to obtain the storage pool that has the friendly name CompanyData as a value for the StoragePool variable. A two-way mirror with eight columns requires 16 physical disks to create.


PS C:\> Set-ResiliencySetting -Name "Mirror" -StoragePool (Get-StoragePool -FriendlyName "CompanyData") -NumberofColumnsDefault 8 -NumberofDataCopies 2

関連トピック

コミュニティの追加

追加
表示: