Mount-DiskImage

Mount-DiskImage

Mounts a previously created disk image (virtual hard disk or ISO), making it appear as a normal disk.

構文

Parameter Set: ByImagePath
Mount-DiskImage [-ImagePath] <String[]> [-Access <Access> ] [-AsJob] [-CimSession <CimSession[]> ] [-NoDriveLetter] [-PassThru] [-StorageType <StorageType> ] [-ThrottleLimit <Int32> ] [-Confirm] [-WhatIf] [ <CommonParameters>]

Parameter Set: InputObject (cdxml)
Mount-DiskImage -InputObject <CimInstance[]> [-Access <Access> ] [-AsJob] [-CimSession <CimSession[]> ] [-NoDriveLetter] [-PassThru] [-ThrottleLimit <Int32> ] [-Confirm] [-WhatIf] [ <CommonParameters>]




詳細説明

The Mount-DiskImage cmdlet mounts a previously created disk image (virtual hard disk or ISO), making it appear as a normal disk. This cmdlet requires the full path of the VHD or ISO file. If the file is already mounted, then the cmdlet will display the following error.
-- "The process cannot access the file because it is being used by another process."

To mount a VHD file, administrator privileges is required. Administrator privileges are not needed to mount an ISO file on Windows® 8. On Windows Server® 2012, only an administrator is allowed to mount or eject an ISO file.

To create and mount a VHD on a computer running Hyper-V, use the New-VHD and Mount-VHD cmdlets in the Hyper-V module (which is included in Windows 8 and Windows Server 2012 but not enabled by default). Alternatively, open Disk Management and then choose Create VHD from the Action menu.

パラメーター

-Access<Access>

Mounts the VHD file in read-only or read-write mode. If this parameter is not used or you specify the Unknown parameter value for the VHD file, the VHD file is mounted in read-write mode.

ISO files are mounted in read-only mode regardless of what parameter value you provide.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-AsJob

エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-CimSession<CimSession[]>

リモート セッションまたはリモート コンピューターでコマンドレットを実行します。New-CimSession コマンドレットや Get-CimSession コマンドレットの出力など、コンピューター名またはセッション オブジェクトを入力します。既定値は、ローカル コンピューターで実行中の現在のセッションです。


エイリアス

Session

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-ImagePath<String[]>

Specifies the path of the VHD or ISO file.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

1

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByValue, ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-InputObject<CimInstance[]>

Accepts an object from the pipeline as input. This object is a DiskImage CIM object that is exposed by Get-DiskImage cmdlet, which is different from the VirtualHardDisk object output by the New-VHD cmdlet in the Hyper-V module.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByValue)

ワイルドカード文字を許可する

false

-NoDriveLetter

Specifies that no drive letter should be assigned to the VHD or ISO file after mounting.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-PassThru

作業中の項目を表すオブジェクトを返します。既定では、このコマンドレットによる出力はありません。


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-StorageType<StorageType>

Specifies the storage type of a file: ISO, VHD, VHDx, or Unknown. If the StorageType parameter is not specified or the Unknown type is provided, then the storage type is determined by file extension.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-ThrottleLimit<Int32>

このコマンドレットを実行するために確立できる最大同時操作数を指定します。このパラメーターを省略するか、値として 0 を入力した場合、Windows PowerShell® では、コンピューターで実行している CIM コマンドレットの数に基づいて、コマンドレットに対する最適なスロットル制限を計算します。スロットル制限は現在のコマンドレットのみに適用され、セッションまたはコンピューターには適用されません。


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-Confirm

コマンドレットを実行する前に、ユーザーに確認を求めます。


必須?

false

位置は?

named

既定値

false

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-WhatIf

コマンドレットを実行するとどのような結果になるかを表示します。コマンドレットは実行されません。


必須?

false

位置は?

named

既定値

false

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

<CommonParameters>

このコマンドレットは次の共通パラメーターをサポートします。-Verbose、-Debug、-ErrorAction、-ErrorVariable、-OutBuffer、-OutVariable.詳細については、以下を参照してください。 about_CommonParameters (http://go.microsoft.com/fwlink/p/?LinkID=113216)。

入力

入力型は、コマンドレットにパイプできるオブジェクトの型です。

出力

出力型は、コマンドレットによって生成されるオブジェクトの型です。

  • Microsoft.Management.Infrastructure.CimInstance オブジェクトは、Windows Management Instrumentation (WMI) オブジェクトを表示するラッパー クラスです。シャープ記号 (#) の後のパスは、基になる WMI オブジェクトの名前空間とクラス名です。

Example 1: Mounting an ISO

This example mounts an ISO by specifying the image path.


PS C:\> Mount-DiskImage -ImagePath "E:\ISO-Files\My US Visit Fall 2010 Pictures.iso"

関連トピック

コミュニティの追加

追加
表示: