Set-WebConfiguration

Set-WebConfiguration

Changes the value of an IIS configuration element.

構文

Parameter Set: InputPSObject
Set-WebConfiguration [-Filter] <String[]> [[-PSPath] <String[]> ] -Value <PSObject> [-Clr <String> ] [-Force] [-Location <String[]> ] [-Metadata <String> ] [-Confirm] [-WhatIf] [ <CommonParameters>]

Parameter Set: InputObject
Set-WebConfiguration [-Filter] <String[]> [[-PSPath] <String[]> ] -InputObject <Object> [-Clr <String> ] [-Force] [-Location <String[]> ] [-Metadata <String> ] [-Confirm] [-WhatIf] [ <CommonParameters>]




詳細説明

The Set-WebConfiguration cmdlet changes the value of an Internet Information Services (IIS) configuration element. Specify an element as a configuration section or an XPath query.

パラメーター

-Clr<String>

Specifies the version of the .NET Framework in the form vn.n, such as v4.0 or v2.0. The default is v4.0. Specify this parameter only when the PSPath parameter is set to either Machine or Machine/Webroot. If PSPath is not set to one of these values and the Clr parameter is set, Windows PowerShell® ignores the value of Clr and returns a warning.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-Filter<String[]>

Specifies the IIS configuration section or an XPath query that returns a configuration element.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

1

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

true (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-Force

Indicates that the cmdlet causes the configuration setting to be set at a level in the configuration hierarchy above a lock in the configuration.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-InputObject<Object>

Specifies an input object that contains values to set for configuration elements.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

true (ByValue, ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-Location<String[]>

Specifies the location of the configuration setting. Location tags are frequently used for configuration settings that must be set more precisely than per application or per virtual directory. For example, a setting for a particular file or directory could use a location tag. Location tags are also used if a particular section is locked. In such an instance, the configuration system would have to use a location tag in one of the parent configuration files.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

true (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-Metadata<String>

If this parameter is specified, configuration metadata such as encryption or locking settings can be changed.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-PSPath<String[]>

Specifies the configuration path. This path can be either an IIS configuration path in the format computer name/webroot/apphost, or the IIS module path in the format IIS:\sites\Default Web Site.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

2

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

true (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-Value<PSObject>

Specifies the value of the configuration setting to change.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

true (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-Confirm

コマンドレットを実行する前に、ユーザーに確認を求めます。


必須?

false

位置は?

named

既定値

false

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-WhatIf

コマンドレットを実行するとどのような結果になるかを表示します。コマンドレットは実行されません。


必須?

false

位置は?

named

既定値

false

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

<CommonParameters>

このコマンドレットは次の共通パラメーターをサポートします。-Verbose、-Debug、-ErrorAction、-ErrorVariable、-OutBuffer、-OutVariable.詳細については、以下を参照してください。 about_CommonParameters (http://go.microsoft.com/fwlink/p/?LinkID=113216)。

入力

入力型は、コマンドレットにパイプできるオブジェクトの型です。

  • PSObject

出力

出力型は、コマンドレットによって生成されるオブジェクトの型です。

  • PSObject

Example-------------- EXAMPLEExample 1: Setting new Bindings bindings on an existing Web site --------------bindings

This command replaces the existing bindings of the Web site named DemoSite with new bindings.


IIS:\>Set-WebConfiguration -Filter '/system.applicationHost/sites/site[@name=" DemoSite"]/bindings' -PSPath "IIS:\" -Value (@{protocol="http";bindingInformation="*:80:DemoSite1"},@{protocol="http";bindingInformation="*:80:DemoSite2"})

関連トピック

コミュニティの追加

追加
表示: