Add-RemoteAccessLoadBalancerNode

Add-RemoteAccessLoadBalancerNode

Adds a server to the load balancing cluster.

構文

Parameter Set: Add0
Add-RemoteAccessLoadBalancerNode [-RemoteAccessServer] <String> [-AsJob] [-CimSession <CimSession[]> ] [-ComputerName <String> ] [-Force] [-InternalInterface <String> ] [-InternetInterface <String> ] [-PassThru] [-ThrottleLimit <Int32> ] [-VpnIPAddressRange <String[]> ] [-Confirm] [-WhatIf] [ <CommonParameters>]




詳細説明

The Add-RemoteAccessLoadBalancerNode cmdlet adds a server to the load balanced cluster:
-- The server is added to the cluster to which the server on which the cmdlet is run, or to the server specified in the ComputerName parameter.
-- When a server is added to cluster, Remote Access settings are replicated on the server to match the other servers in the cluster. The Remote Access role and the Network Load Balancing (NLB) role should be installed on the server before adding it to the cluster.
-- The internal and external adapters can be specified manually. If no parameters are specified, then the cmdlet will attempt to detect settings automatically.
-- The IPv6 prefix for IP-HTTPS should be 59 bits. If IPv6 addressing is used for VPN, then the IPv6 prefix should be 59 bits.
-- All the designed IPs on the server being added to the cluster must be in the same subnet as other servers in the cluster.
-- If self-signed certificates are not being used, then certificates for IP-HTTPS and network location server (NLS) (if NLS is on DirectAccess (DA) Server) must be present on the new server. Note: The subject name of certificate must be same as the respective certificates on the other computers in the cluster.

パラメーター

-AsJob

エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-CimSession<CimSession[]>

リモート セッションまたはリモート コンピューターでコマンドレットを実行します。New-CimSession コマンドレットや Get-CimSession コマンドレットの出力など、コンピューター名またはセッション オブジェクトを入力します。既定値は、ローカル コンピューターで実行中の現在のセッションです。


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-ComputerName<String>

Specifies the IPv4or IPv6 address, or host name of the computer, on which the Remote Access server computer specific tasks should be run. If this parameter is specified, then it represents the cluster to which the server is added.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-Force

ユーザーの確認を求めずにコマンドを強制的に実行します。
When suppressed the cmdlet assumes user confirmation for the below mentioned changes.
-- If self-signed NLS certificate is found on all other nodes in the cluster, then a self-signed certificate is created for this node.
-- If self-signed SSL (IP-HTTPS) certificate is found on all other nodes in the cluster, then a self-signed certificate is created for this node.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-InternalInterface<String>

Specifies the name of the corporate network facing interface of the specified server. If a name is not specified, then this cmdlet attempts to find the internal interface automatically. For a single-network adapter configuration the same name is specified for both the internal and internet interfaces.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

true (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-InternetInterface<String>

Specifies the name of the internet facing interface of the specified server. If a name is not specified, then this cmdlet attempts to find the internet interface automatically. For a single-network adapter configuration the same name is specified for both the internal and internet interfaces.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

true (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-PassThru

作業中の項目を表すオブジェクトを返します。既定では、このコマンドレットによる出力はありません。


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-RemoteAccessServer<String>

Specifies the IPv4 or IPv6 address, or name, of a server. The cmdlet adds the server to the load balanced cluster.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

2

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

true (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-ThrottleLimit<Int32>

このコマンドレットを実行するために確立できる最大同時操作数を指定します。このパラメーターを省略するか、値として 0 を入力した場合、Windows PowerShell® では、コンピューターで実行している CIM コマンドレットの数に基づいて、コマンドレットに対する最適なスロットル制限を計算します。スロットル制限は現在のコマンドレットのみに適用され、セッションまたはコンピューターには適用されません。


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-VpnIPAddressRange<String[]>

Specifies the IP address range for allocation to VPN clients. This parameter must be specified if VPN is enabled. The range should not overlap with ranges configured on other servers in the cluster.
In a cluster, only static pool address assignment can be used. DHCP is not supported.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

true (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-Confirm

コマンドレットを実行する前に、ユーザーに確認を求めます。


必須?

false

位置は?

named

既定値

false

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-WhatIf

コマンドレットを実行するとどのような結果になるかを表示します。コマンドレットは実行されません。


必須?

false

位置は?

named

既定値

false

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

<CommonParameters>

このコマンドレットは次の共通パラメーターをサポートします。-Verbose、-Debug、-ErrorAction、-ErrorVariable、-OutBuffer、-OutVariable.詳細については、以下を参照してください。 about_CommonParameters (http://go.microsoft.com/fwlink/p/?LinkID=113216)。

入力

入力型は、コマンドレットにパイプできるオブジェクトの型です。

  • None

出力

出力型は、コマンドレットによって生成されるオブジェクトの型です。

  • Microsoft.Management.Infrastructure.CimInstance#RemoteAccessLoadBalancerNode

    Microsoft.Management.Infrastructure.CimInstance オブジェクトは、Windows Management Instrumentation (WMI) オブジェクトを表示するラッパー クラスです。シャープ記号 (#) の後のパスは、基になる WMI オブジェクトの名前空間とクラス名です。
    The RemoteAccessLoadBalancerNode object consists of the following properties:
    -- The IPv4/IPv6 address or host name of the node that was added to the cluster.
    -- The load balancing status of the node.
    -- IPv4 address ranges configured on the node for VPN static pool address assignment.


EXAMPLE 1

This example creates a NLB Cluster and adding a new server to a load balanced cluster.


 

Create a load balanced cluster using the Set-RemoteAccessLoadBalancer cmdlet.


PS C:\> Set-RemoteAccessLoadBalancer -InternetDedicatedIPAddress "131.107.0.20/255.255.255.0" -InternalDedicatedIPAddress @("3ffe::2/64","10.0.0.2/255.255.255.0") -InternetVirtualIPAddress @("131.107.0.5/255.255.255.0","131.107.0.15/255.255.255.0") -InternalVirtualIPAddress @("3ffe::5/64","10.0.0.5/255.255.255.0")

 

Add the Edge2 server as a new node in this load balanced cluster.


PS C:\> $RemoteAccessNLB = Add-RemoteAccessLoadBalancerNode –RemoteAccessServer Edge2.corp.contoso.com –PassThru

 

The cmdlet is run on Edge1 server and therefore the Edge2 server is added to the same cluster as the Edge1 server as shown in output of NlbNodeStatus.


PS C:\> $RemoteAccessNLB.NlbNodeStatus

EXAMPLE 2

This example adds a new server to a load balanced cluster with VPN enabled.


 

If VPN is enabled, define a static address range for VPN. If this is being used in in a script and the prompts are to be suppressed, then run this cmdlet with the Force parameter.


PS C:\> Add-RemoteAccessLoadBalancerNode -RemoteAccessServer edge3 -VpnIPAddressRange @("192.168.1.1","192.168.1.100") -PassThru

関連トピック

コミュニティの追加

追加
表示: