Windows RE のブート オプション メニューにカスタム ツールを追加する

更新日: 2013年10月

適用対象: Windows 8.1, Windows Server 2012, Windows Server 2012 R2

Windows RE イメージには、カスタムのトラブルシューティング ツールまたは診断ツールを追加できます。このツールは、[ブート オプション] メニューに表示されます。

Windows RE で実行するカスタム ツールを開発すると、Windows RE でサポートされるタッチ キーボードとスクリーン キーボードを利用できます。

  1. Windows イメージ (install.wim) と、対応する Windows RE イメージ (winre.wim) を抽出してマウントします。

    md c:\mount
    xcopy D:\sources\install.wim C:\mount 
    md C:\mount\windows
    Dism /mount-image /imagefile:C:\mount\install.wim /index:1 /mountdir:C:\mount\windows 
    md C:\mount\winre 
    Dism /mount-image /imagefile:c:\mount\windows\windows\system32\recovery\winre.wim /index:1 /mountdir:C:\mount\winre
    

    これらの手順について詳しくは、「Windows RE のカスタマイズ」をご覧ください。

  2. メモ帳を使って、カスタム ツールのファイル名とパラメーター (存在する場合) を指定する構成ファイルを作ります。

    <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
    <!-- WinREConfig.xml -->
    <Recovery>
       <RecoveryTools>
          <RelativeFilePath>OEMDiagnostics.exe</RelativeFilePath>
          <CommandLineParam>/param1 /param2</CommandLineParam>
       </RecoveryTools>
    </Recovery>
    

    C:\Tools\OEMDiagnostics.exe は、カスタムのトラブルシューティング ツールまたは診断ツールです。/param1/param2 は、このカスタム ツールを実行するときに使うオプションのパラメーターです。

    noteメモ
    Windows RE のブート オプション メニューに追加できるカスタム ツールは 1 つだけです。

    UTF-8 コードを使ってファイルを保存します。ANSI は使わないでください。

    [ファイル] メニューの [名前を付けて保存] をクリックします。[エンコード] ボックスで、[UTF-8] を選択し、このファイルを C:\mount\WinREConfig.xml として保存します。

  3. Windows RE マウント フォルダーに \Sources\Recovery\Tools フォルダーを作り、カスタム ツールとその構成ファイルをこの新しいフォルダーにコピーします。

    md C:\mount\winre\sources\recovery\tools
    copy C:\Tools\OEMDiagnostics.exe C:\mount\winre\sources\recovery\tools
    copy C:\mount\WinREConfig.xml C:\mount\winre\sources\recovery\tools
    
  4. カスタマイズをコミットして、Windows RE イメージのマウントを解除します。

    Dism /unmount-image /mountdir:C:\mount\winre /commit
    
  5. オプション: Windows RE イメージのバックアップ コピーを作ります。

    copy C:\mount\windows\windows\system32\recovery\winre.wim C:\mount\winre_amd64_backup.wim
    

    多くの場合、複数のイメージで同じカスタマイズを再使用できます。

  6. マウントを解除し、基本 Windows イメージからの変更を保存します。

    Dism /unmount-image /mountdir:C:\mount\windows /commit
    

  1. メモ帳を使って、ブート オプション メニューのカスタム ツールを指定する構成ファイルを作ります。サポートする言語ごとに説明を追加します。この例では、英語バージョンとフランス語バージョンの両方のツール名と説明を指定しています。

    <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
    <!-- AddDiagnosticsToolToBootMenu.xml -->
    <BootShell>
       <WinRETool locale="en-us">
             <Name>Fabrikam Utility</Name>
             <Description>Troubleshoot your Fabrikam PC</Description>
       </WinRETool>
       <WinRETool locale="fr-fr">
          <Name>Utilité de Fabrikam</Name>
          <Description>Dépannez votre PC de Fabrikam</Description>
       </WinRETool>
    </BootShell>
    
    Warning警告
    ブート オプション メニューに正しく表示されるようにするため、<Name><Description> の値を 30 文字以下に制限します。

    UTF-8 コードを使ってファイルを保存します。

    [ファイル] メニューの [名前を付けて保存] をクリックします。[エンコード] ボックスで、[UTF-8] を選択し、このファイルを E:\Recovery\BootMenu\AddDiagnosticsToolToBootMenu.xml として保存します。

    E:\ は、リムーバブル ドライブまたはネットワークの場所のドライブ文字です。

  2. 保存先のコンピューターで、イメージの展開中、カスタム Windows RE ブート イメージと Windows オペレーティング システムを登録した後に、カスタム ツールの説明を登録する必要があります。

    Reagentc /setbootshelllink /configfile E:\Recovery\BootMenu\AddDiagnosticsToolToBootMenu.xml
    

    カスタム ツールが正しく登録された場合、このコマンド実行の出力は <OEM Tool =  1> となります。

    noteメモ
    Windows の展開について詳しくは、「Windows RE の展開」をご覧ください。

  1. 対象のコンピューターを再起動し、ユーザーとして OOBE を実行します。

    noteメモ
    プロダクト キーの入力を求めるプロンプトが表示されたら、[スキップ] をクリックします。

  2. [スタート] ボタン > [PC 設定] > [全般] の順にクリックします。

  3. [PC の起動をカスタマイズする][今すぐ再起動] をクリックします。

    Windows の [ブート オプション] メニューが表示されます。

  4. [ブート オプション] メニューの [トラブルシューティング] をクリックし、Fabrikam ユーティリティのリンクをクリックします。

    コンピューターが Windows RE で再起動し、WinREConfig.xml ファイルの <RecoveryTools> セクションで指定したツールが表示されます。

  5. カスタム ツールが正常に動作することを確認し、ツールを閉じます。

    [ブート オプション] メニューにカスタム ツールが表示されない場合は、次の操作を試してみてください。

    • WinREConfig.xml と AddDiagnosticsToolToBootMenu.xml のファイルが UTF-8 エンコード形式を使って保存されていることを確認します。

    • Windows RE を無効にし、もう一度カスタム ツールを登録してから Windows RE を有効にします。次に例を示します。

      Reagentc /disable 
      Reagentc /setbootshelllink /configfile E:\Recovery\BootMenu\AddDiagnosticsToolToBootMenu.xml
      Reagentc /enable
      

  1. 回復メニューの [トラブルシューティング] をクリックし、Fabrikam ユーティリティのリンクをクリックします。

  2. カスタム ツールが正常に動作することを確認し、ツールを閉じます。

  3. [続行] をクリックします。

    PC がオペレーティング システムで再起動されます。

表示: