Set-NetLbfoTeam

Set-NetLbfoTeam

Sets parameters on the specified NIC team.

構文

Parameter Set: ByName
Set-NetLbfoTeam [[-Name] <String[]> ] [-AsJob] [-CimSession <CimSession[]> ] [-LoadBalancingAlgorithm <LBAlgos> ] [-PassThru] [-TeamingMode <TeamingModes> ] [-ThrottleLimit <Int32> ] [-Confirm] [-WhatIf] [ <CommonParameters>]

Parameter Set: ByMemberOfTheTeam
Set-NetLbfoTeam [-AsJob] [-CimSession <CimSession[]> ] [-LoadBalancingAlgorithm <LBAlgos> ] [-MemberOfTheTeam <CimInstance> ] [-PassThru] [-TeamingMode <TeamingModes> ] [-ThrottleLimit <Int32> ] [-Confirm] [-WhatIf] [ <CommonParameters>]

Parameter Set: ByTeamNicForTheTeam
Set-NetLbfoTeam [-AsJob] [-CimSession <CimSession[]> ] [-LoadBalancingAlgorithm <LBAlgos> ] [-PassThru] [-TeamingMode <TeamingModes> ] [-TeamNicForTheTeam <CimInstance> ] [-ThrottleLimit <Int32> ] [-Confirm] [-WhatIf] [ <CommonParameters>]

Parameter Set: InputObject (cdxml)
Set-NetLbfoTeam -InputObject <CimInstance[]> [-AsJob] [-CimSession <CimSession[]> ] [-LoadBalancingAlgorithm <LBAlgos> ] [-PassThru] [-TeamingMode <TeamingModes> ] [-ThrottleLimit <Int32> ] [-Confirm] [-WhatIf] [ <CommonParameters>]




詳細説明

The Set-NetLbfoTeam cmdlet sets the TeamingMode or LoadBalancingAlgorithm parameters on the specified NIC team.

You need administrator privileges to use Set-NetLbfoTeam.

パラメーター

-AsJob

エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-CimSession<CimSession[]>

リモート セッションまたはリモート コンピューターでコマンドレットを実行します。New-CimSession コマンドレットや Get-CimSession コマンドレットの出力など、コンピューター名またはセッション オブジェクトを入力します。既定値は、ローカル コンピューターで実行中の現在のセッションです。


エイリアス

Session

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-InputObject<CimInstance[]>

Specifies the object which contains the NIC team parameters to set.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByValue)

ワイルドカード文字を許可する

false

-LoadBalancingAlgorithm<LBAlgos>

Specifies the load balancing algorithm the NIC team uses to distribute network traffic between the interfaces. You can specify one of the following load balancing algorithms:

-- Dynamic:  Uses the source and destination TCP ports and the IP addresses to create a hash for outbound traffic.  Moves outbound streams from team member to team member as needed to balance team member utilization.  When you specify this algorithm with the TeamingMode parameter and the SwitchIndependent value, inbound traffic is routed to a particular team member. 

-- TransportPorts: Uses the source and destination TCP ports and the IP addresses to create a hash, and then assigns the packets that have the matching hash value to one of the available interfaces. When you specify this algorithm with the TeamingMode parameter and the SwitchIndependent value all inbound traffic arrives on the primary team member.

-- IPAddresses: Uses the source and destination IP addresses to create a hash, and then assigns the packets that have the matching hash value to one of the available interfaces. When you specify this algorithm with the TeamingMode parameter and the SwitchIndependent value, all inbound traffic arrives on the primary team member.

-- MacAddresses: Uses the source and destination MAC addresses to create a hash and then assigns the packets that have the matching hash value to one of the available interfaces. When you specify this algorithm with the TeamingMode parameter and the SwitchIndependent value, all inbound traffic arrives on the primary team member.

-- HyperVPort: Distributes network traffic based on the source virtual machine Hyper-V switch port identifier. When you specify this algorithm with the TeamingMode parameter and the SwitchIndependent value, inbound traffic is routed to the same team member as the switch port’s outgoing traffic. 


エイリアス

lba

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-MemberOfTheTeam<CimInstance>

Specifies the network adapter name for which to modify the parameters.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByValue)

ワイルドカード文字を許可する

false

-Name<String[]>

Specifies the name of the NIC team to modify.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

1

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-PassThru

作業中の項目を表すオブジェクトを返します。既定では、このコマンドレットによる出力はありません。


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-TeamNicForTheTeam<CimInstance>

Specifies the team interface whose associated NIC team is to be modified.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByValue)

ワイルドカード文字を許可する

false

-TeamingMode<TeamingModes>

Specifies the mode of the NIC teaming. You can specify one of the following teaming modes:

-- LACP: Requires configuration on both the switch and the host to identify which links form the team. Uses the Link Aggregation Control Protocol (LACP) to identify links that are connected between the host and a given switch.

-- Static: Requires configuration on both the switch and the host to identify which links form the team.

-- SwitchIndependent: Specifies that a network switch configuration is not needed for the NIC team. Because the network switch is not configured to know about the NIC teaming, the team members can be connected to different switches.


エイリアス

tm

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-ThrottleLimit<Int32>

このコマンドレットを実行するために確立できる最大同時操作数を指定します。このパラメーターを省略するか、値として 0 を入力した場合、Windows PowerShell® では、コンピューターで実行している CIM コマンドレットの数に基づいて、コマンドレットに対する最適なスロットル制限を計算します。スロットル制限は現在のコマンドレットのみに適用され、セッションまたはコンピューターには適用されません。


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-Confirm

コマンドレットを実行する前に、ユーザーに確認を求めます。


必須?

false

位置は?

named

既定値

false

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-WhatIf

コマンドレットを実行するとどのような結果になるかを表示します。コマンドレットは実行されません。


必須?

false

位置は?

named

既定値

false

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

<CommonParameters>

このコマンドレットは次の共通パラメーターをサポートします。-Verbose、-Debug、-ErrorAction、-ErrorVariable、-OutBuffer、-OutVariable.詳細については、以下を参照してください。 about_CommonParameters (http://go.microsoft.com/fwlink/p/?LinkID=113216)。

入力

入力型は、コマンドレットにパイプできるオブジェクトの型です。

  • None

    This cmdlet takes no input objects.


出力

出力型は、コマンドレットによって生成されるオブジェクトの型です。

  • MSFT_NetLbfoTeam

    By default, this cmdlet produces no output. If the PassThru parameter is specified, the cmdlet returns the updated MSFT_NetLbfoTeam object.


Example 1: Set the teaming mode

This command sets the teaming mode of the team named Team1 to LACP.


PS C:\> Set-NetLbfoTeam -Name Team1 –TeamingMode LACP

Example 2: Set the load balancing algorithm

This command sets the load balancing algorithm of the team named Team1 to HyperVPorts.


PS C:\> Set-NetLbfoTeam -Name Team1 –LoadBalancingAlgorithm HyperVPorts

Example 3: Set the teaming mode and load balancing algorithm

This command sets the teaming mode and load balancing algorithm of the team named Team1 at the same time. The teaming mode is set to LACP and the load balancing algorithm is set to HyperVPorts.


PS C:\> Set-NetLbfoTeam -Name Team1 –TeamingMode LACP –LoadBalancingAlgorithm HyperVPorts

関連トピック

コミュニティの追加

追加
表示: