Set-NetAdapterSriov

Set-NetAdapterSriov

Sets the Single-Root I/O Virtualization (SR-IOV) properties of the network adapter, such as the number of virtual functions (VFs), the number of virtual ports (VPorts), and the number of queue pairs for default and non-default VPorts.

構文

Parameter Set: ByName
Set-NetAdapterSriov [-Name] <String[]> [-AsJob] [-CimSession <CimSession[]> ] [-Enabled <Boolean> ] [-IncludeHidden] [-NoRestart] [-NumVFs <UInt32> ] [-PassThru] [-ThrottleLimit <Int32> ] [-Confirm] [-WhatIf] [ <CommonParameters>]

Parameter Set: ByInstanceID
Set-NetAdapterSriov -InterfaceDescription <String[]> [-AsJob] [-CimSession <CimSession[]> ] [-Enabled <Boolean> ] [-IncludeHidden] [-NoRestart] [-NumVFs <UInt32> ] [-PassThru] [-ThrottleLimit <Int32> ] [-Confirm] [-WhatIf] [ <CommonParameters>]

Parameter Set: InputObject (cdxml)
Set-NetAdapterSriov -InputObject <CimInstance[]> [-AsJob] [-CimSession <CimSession[]> ] [-Enabled <Boolean> ] [-NoRestart] [-NumVFs <UInt32> ] [-PassThru] [-ThrottleLimit <Int32> ] [-Confirm] [-WhatIf] [ <CommonParameters>]




詳細説明

The Set-NetAdapterSriov cmdlet sets the Single-Root I/O Virtualization (SR-IOV) properties of the network adapter. The properties include the number of virtual functions (VFs), the number of virtual ports (VPorts), and the number of queue pairs for default and non-default VPorts. The enabled state of SR-IOV can also be set with the cmdlet.

The network adapter for these actions can be specified with the adapter name, interface description, or piped as an input object.

パラメーター

-AsJob

エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-CimSession<CimSession[]>

リモート セッションまたはリモート コンピューターでコマンドレットを実行します。New-CimSession コマンドレットや Get-CimSession コマンドレットの出力など、コンピューター名またはセッション オブジェクトを入力します。既定値は、ローカル コンピューターで実行中の現在のセッションです。


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-Enabled<Boolean>

Sets the enabled state of SR-IOV on the network adapter. If set to True, then SR-IOV is Enabled. If set to False, then SR-IOV is Disabled.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-IncludeHidden

Specifies both visible and hidden network adapters should be included. By default only visible network adapters are included. If a wildcard character is used in identifying a network adapter and this parameter has been specified, then the wildcard string is matched against both hidden and visible network adapters.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-InputObject<CimInstance[]>

このコマンドレットへの入力を指定します。このパラメーターを使用するか、パイプを使用して入力をこのコマンドレットに渡すことができます。


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

true (ByValue)

ワイルドカード文字を許可する

false

-InterfaceDescription<String[]>

Specifies the network adapter interface description. For a physical network adapter this is typically the name of the vendor of the network adapter followed by a part number and description, such as Contoso 12345 Gigabit Network Device.
The network adapter can be selected using the Name parameter, this parameter, or piped in using the InputObject parameter.


エイリアス

ifDesc

必須?

true

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

true (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

true

-Name<String[]>

Specifies the name of the network adapter.
The network adapter can be selected using this parameter, the InterfaceDescription parameter, or piped in using the InputObject parameter.


エイリアス

ifAlias, InterfaceAlias

必須?

true

位置は?

1

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

true (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

true

-NoRestart

Specifies that the network adapter is not restarted as part of running this cmdlet. Note: Many advanced properties require restarting the network adapter before the new settings take effect.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-NumVFs<UInt32>

Specifies the number of VFs that the network adapter exposes for SR-IOV. This is the maximum number of VFs that Windows Server 2012 and later will allocate on this network adapter.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-PassThru

作業中の項目を表すオブジェクトを返します。既定では、このコマンドレットによる出力はありません。


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-ThrottleLimit<Int32>

このコマンドレットを実行するために確立できる最大同時操作数を指定します。このパラメーターを省略するか、値として 0 を入力した場合、Windows PowerShell® では、コンピューターで実行している CIM コマンドレットの数に基づいて、コマンドレットに対する最適なスロットル制限を計算します。スロットル制限は現在のコマンドレットのみに適用され、セッションまたはコンピューターには適用されません。


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-Confirm

コマンドレットを実行する前に、ユーザーに確認を求めます。


必須?

false

位置は?

named

既定値

false

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-WhatIf

コマンドレットを実行するとどのような結果になるかを表示します。コマンドレットは実行されません。


必須?

false

位置は?

named

既定値

false

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

<CommonParameters>

このコマンドレットは次の共通パラメーターをサポートします。-Verbose、-Debug、-ErrorAction、-ErrorVariable、-OutBuffer、-OutVariable.詳細については、以下を参照してください。 about_CommonParameters (http://go.microsoft.com/fwlink/p/?LinkID=113216)。

入力

入力型は、コマンドレットにパイプできるオブジェクトの型です。

  • Microsoft.Management.Infrastructure.CimInstance#ROOT/StandardCimv2/MSFT_NetAdapterSriovSettingData[]

    Microsoft.Management.Infrastructure.CimInstance オブジェクトは、Windows Management Instrumentation (WMI) オブジェクトを表示するラッパー クラスです。シャープ記号 (#) の後のパスは、基になる WMI オブジェクトの名前空間とクラス名です。


出力

出力型は、コマンドレットによって生成されるオブジェクトの型です。

  • Microsoft.Management.Infrastructure.CimInstance#ROOT/StandardCimv2/MSFT_NetAdapterSriovSettingData

    Microsoft.Management.Infrastructure.CimInstance オブジェクトは、Windows Management Instrumentation (WMI) オブジェクトを表示するラッパー クラスです。シャープ記号 (#) の後のパスは、基になる WMI オブジェクトの名前空間とクラス名です。
    The output object will have the updated SR-IOV settings.


EXAMPLE 1

This example sets the number of VFs available to 31 on the network adapter named Ethernet 2.


PS C:\> Set-NetAdapterSriov -Name "Ethernet 2" -NumVFs 31

EXAMPLE 2

This example sets the number of VFs to 31 and the total number of VPorts to 64. This will result in 31 VF and 32 virtual machine queue (VMQ), plus 1 used by the physical function (PF). Since the number of queue pair is set to 2 for both default and non-default ports, the total number of queue pairs used will be 128.


PS C:\> Set-NetAdapterSriov -Name "Ethernet 2" -NumVFs 31 -VPorts 64 -NumQueuePairsForDefaultVPort 2 -NumQueuePairsForNonDefaultVPort 2

関連トピック

コミュニティの追加

追加
表示: