Exchange 2013 の Outlook Web App の新機能

Exchange 2013
 

適用先:Exchange Server 2013

トピックの最終更新日:2016-12-09

Microsoft Exchange Server 2013 では、Microsoft Outlook Web App にいくつかの新機能を追加し、そのデザインを更新しました。

メモメモ:
Exchange Server 2013 組織内で Outlook Web App を使用する方法の詳細については、「Outlook Web App」を参照してください。
組織内の Outlook Web App ユーザーは、パブリック フォルダーを [お気に入り] に追加したり削除したりできます。以前は、この操作は Outlook でのみ可能でした。

Outlook に次のアプリが追加されました。Bing マップ、予定の提案、アクション アイテムの各アプリです。このアプリは Outlook および Outlook Web App と統合され、これによってメッセージ/予定表項目の情報と機能が拡張されます。

Outlook 内のアプリは、ユーザーのニーズを予測し、電子メール メッセージのコンテンツを使用して、実施すべきアクションを自動的に提案します。たとえば、電子メール メッセージに番地が記載されている場合、Bing マップ アプリではマップおよび道順へのクイック リンクを含む [Bing] タブが提供されます。また、電子メール メッセージ内の語句によって可能なアクション アイテムが提示された場合、アクション アイテム アプリはレビューに推奨されるタスクを作成します。予定の提案アプリは、面会の提案をユーザーの予定表に追加される予定として提案します。

Outlook 用アプリは、お使いの Exchange Server のバージョンには依存しません。Exchange サーバーのアップグレードや Exchange の新バージョンへの移行の際に、これまでに追加した Outlook 用アプリが壊れたり失われたりすることを心配する必要はありません。

管理者は Exchange 管理センター (EAC) を使用して、組織のユーザーに使用可能なアプリを管理できます。ユーザーは自分のアプリを管理することができます。また、管理者は、ユーザーに Office.com からアプリをダウンロードすることを許可できます。EAC の詳細については、「Exchange 2013 の Exchange 管理者センター」を参照してください。

また、Microsoft はサードパーティ開発者が Outlook 用の追加のアプリを作成し、Office.com に提供することを奨励しています。背景情報については「Office 用アプリの作成」、Outlook 用アプリの構築の詳細については「Outlook 用のメール アプリ」を参照してください。

  • ユーザーが同一人物の複数のエントリをリンクして、1 つの連絡先カードに情報を表示できるようになりました。たとえば、ユーザーの連絡先フォルダーに Holly Holt のエントリが 2 つあり、一方のエントリは組織のアドレス一覧からコピーされ、もう一方のエントリはユーザーが手動で追加した場合、ユーザーは連絡先フォルダー内の両方のエントリをリンクさせ、すべての情報を 1 か所で表示できます。連絡先のリンクは自動的に行われますが、ユーザーが連絡先を手動でリンクさせたりリンク解除したりすることもできます。

  • 接続済みアカウントが拡張され、ユーザーの LinkedIn アカウントに接続できるようになりました。リンクが確立された後、Outlook Web App は、ユーザーの LinkedIn 連絡先を連絡先フォルダーに自動的に追加します。

  • マージしたビューに、複数の予定表を表示することができるようになりました。それぞれの予定表からのエントリには独自の色が付くので、ユーザーはエントリがどの予定表に属すかを簡単に識別できます。日単位の表示では、マージされたビューまたは別個の列で複数の予定表を表示することができます。

  • 月単位の表示では、選択された日の予定一覧が組み込まれ、その日の活動の確認に役立つ情報を閲覧できるようになりました。

  • すべての予定表ビューで、項目をクリックしてアイテムの詳細をポップアップ表示することができます。詳細に加えて、会議の場合はアイテムの承諾/拒否のコントロール、予定の場合は編集/削除のコントロール、または会議アイテムの場合でオンライン会議リンクが含まれるときは参加のコントロールが使用可能になりました。

Outlook Web App で際立った点は、合理化されたユーザー インターフェイスです。このユーザー インターフェイスではタッチ操作がサポートされ、Exchange のモバイル デバイスでの操作性が強化されています。

Outlook Web App のすべての機能を体験するには、次の表に示すように、「高」というラベルが付いたオペレーティング システムとブラウザーの組み合わせを使用してください。Outlook Web App はその他のオペレーティング システムと Web ブラウザーの組み合わせでもサポートされますが、Outlook Web App のすべての機能が使用可能となるわけではありません。一部のブラウザーでは Outlook Web App のライト バージョンのみがサポートされます。

下表では、次の定義が適用されています。

  • 高: すべての Outlook Web App 機能がサポートされます。

  • 中: 大部分の Outlook Web App 機能がサポートされます。

  • ライト:   ブラウザーには Outlook Web App のライト バージョンが表示されます。

Windows オペレーティング システムとブラウザーの組み合わせ

Web ブラウザー

Windows XP および Windows Server 2003

Windows Vista および Windows Server 2008

Windows 7

Windows 8

Internet Explorer 7

使用不可

使用不可

使用不可

Internet Explorer 8

使用不可

Internet Explorer 9

使用不可

使用不可

Internet Explorer 10

使用不可

使用不可

高 - プラス オフライン アクセス

高 - プラス オフライン アクセス

Internet Explorer 11

使用不可

使用不可

高 - プラス オフライン アクセス

高 - プラス オフライン アクセス

Firefox 17 以降

Safari 5 以降

Chrome 24 またはそれ以降

中 - プラス オフライン アクセス

中 - プラス オフライン アクセス

高 - プラス オフライン アクセス

高 - プラス オフライン アクセス

メモメモ:
以前のバージョンでは、Outlook Web App にスペル チェッカーが内蔵されていました。Exchange Server 2013 では、Outlook Web App でのスペル チェックは、Web ブラウザーに依存します (バージョン 10 より前の Internet Explorer ではスペル チェック機能が提供されません)。
メモメモ:
Internet Explorer 8 を使用している場合、Office 365 ユーザーは Outlook Web App の Light バージョンに限定されます。ローカルに管理された Exchange サーバー上にメールボックスがあるユーザーには、Internet Explorer 8 を使用する場合にも引き続き標準バージョンの Outlook Web App が表示されますが、パフォーマンスが低くて満足できない恐れがあります。

その他の Windows オペレーティング システムとブラウザーの組み合わせ

Web ブラウザー

Mac OS X v10.7 以降

Linux

Firefox 23 またはそれ以降のバージョン

高 - プラス オフライン アクセス

高 - プラス オフライン アクセス

サファリ 6 またはそれ以降のバージョン

高 - プラス オフライン アクセス

使用不可

クローム 24 またはそれ以降のバージョン

高 - プラス オフライン アクセス

高 - プラス オフライン アクセス

メモメモ:
この表に記載されていないオペレーティング システムとブラウザーの組み合わせでは、Outlook Web App のライト バージョンが表示されます。

タブレットやスマートフォンで Web ブラウザーを使用し、Outlook Web App にサインインできます。次に示すように、使用されているオペレーティング システムとブラウザーの組み合わせに応じて、利用可能な Outlook Web App 機能が決まります。

  • 高: スマートフォンとタブレット用のすべての Outlook Web App 機能がサポートされます。

  • ライト:   ブラウザーには Outlook Web App のライト バージョンが表示されます。

Outlook Web App の機能をタブレットやスマート フォンで利用可能

デバイス

アプリケーション

Support

Windows 8 タブレット

Web ブラウザー

iPhone 4s 以降で iOS 6 以降

Web ブラウザー

iPad 2 以降で iOS 6 以降

Web ブラウザー

その他すべてのスマートフォンとタブレット

Web ブラウザー

OWA for Devices アプリを使用すると、Office 365 メールボックスがある Exchange 2013 社内展開や Office 365 のみの組織のユーザーが、iPhone や iPad を使用してメールボックスにアクセスできます。OWA for iPhone および OWA for iPad アプリを利用すれば、アカウントへのサインインが簡単になるほか、インターネット接続がないときでもメールボックスへのアクセスが可能になります。iPhone や iPad のブラウザーを使用するよりも、OWA for iPhone または OWA for iPad のアプリの利用をお勧めします。Exchange 社内展開の場合は、OWA for Devices が機能するためにプッシュ通知を有効にする必要があります。「OWA for Devices のプッシュ通知のプロキシの設定」を参照してください。

Apple App Store から OWA for iPhone アプリと OWA for iPad アプリを検索してダウンロードすることも、Apple Store 内の OWA for iPhone または Apple Store 内の OWA for iPad からダウンロードすることもできます。サポートされている iPad と iPhone のバージョンを次の表に示します。

OWA for iPhone と OWA for iPad の詳細については、「OWA for iPad と OWA for iPhone」を参照してください。

 

デバイス

必要なオペレーティング システムのバージョン

iPhone 4S、iPhone 5、iPhone 5c、iPhone 5sこのアプリは iPhone 5 用に最適化されています。

iOS 6 以降のバージョン

iPad Wi-Fi (第 3 世代)、iPad Wi-Fi + Cellular (第 3 世代)、iPad Wi-Fi (第 4 世代)、iPad Wi-Fi + Cellular (第 4 世代)、iPad mini Wi-Fi、iPad mini Wi-Fi + Cellular、iPad Air、iPad Air Wi-Fi + Cellular、iPad mini Retina ディスプレイ モデル、iPad mini Retina ディスプレイ モデル Wi-Fi + Cellular

iOS 6 以降のバージョン

OWA for Android を使用すれば、どこでも Kit Kat 4.4 以上を実行している Android 携帯電話を使って Office 365 メールボックスとやり取りし、メール、予定表、連絡先にアクセスできます。OWA for Android アプリは、Google Play ストア からダウンロードできます。

OWA for Android アプリを使って、次の操作を実行できます。

  • メールを取得、整理、検索します。

  • 会議をスケジュールし、会議室を検索し、共有の予定表を参照し、音声でスケジュールを取得します。

  • 自分の携帯電話と 連絡先 を同期します。

  • 管理者モードでの携帯電話のセットアップをスキップします。

  • Office 365 のビジネス データの安全性を保持します。

  • リモート ワイプ機能を使用します。

OWA for Android の背景に関する詳細については、今週の Garage Series を参照してください。「Garage Series の念入りな調査: Exchange ActiveSync とデバイス用 OWA の評価」を参照してください。

メモメモ:
このアプリは、Outlook.com (旧称 Hotmail) メールボックスには機能しません。

次の Outlook Web App 機能は、現在 Exchange 2013 では使用できません。これらの機能の一部は、将来のリリースに含まれる可能性があります。

  • 検索範囲 Outlook Web App ユーザーのプライマリ メールボックスとオンライン アーカイブを同時に検索できる機能は、Exchange 2013 では使用できなくなります。オンライン アーカイブを検索するには、まずアーカイブへ移動し、それから検索を実行する必要があります。

  • 配布リストのモデレート   Microsoft Outlook Web App から配布リストをモデレートする機能は、現在 Exchange 2013 では使用できません。

  • メッセージ フラグに対するカスタム日付   Outlook Web App 2013 では、メッセージ フラグに対してカスタム日付を設定する機能は使用できません。Outlook を使用してカスタム日付を設定できます。

  • 閲覧ウィンドウをウィンドウ下部に表示   Outlook Web App ウィンドウの下部に閲覧ウィンドウを表示するオプションは、現在 Exchange 2013 では使用できません。

  • 埋め込みの電子メール メッセージに返信   添付ファイルとして送信された電子メール メッセージに返信するユーザー機能は、現在 Exchange 2013 では使用できません。

  • 検索フォルダー   現在のところ、ユーザーが検索フォルダーを使用する機能は Exchange 2013 で提供されていません。

  • レガシ パブリック フォルダーへのアクセス   以前のバージョンの Exchange を実行しているサーバー上のパブリック フォルダーにユーザーがアクセスするための機能は、現在 Exchange 2013 では使用できません。

 
表示: