クイック実行のカスタマイズの概要

 

適用先:Office 365 ProPlus

トピックの最終更新日:2016-12-16

概要: Office 365 クイック実行インストールをカスタマイズする方法およびユーザー設定とコンピューター設定を適用する方法に関する情報を提供します。

対象ユーザー: IT 担当者

管理者は、Office 365クイック実行インストールをカスタマイズできます。クイック実行は、Microsoft のストリーミングおよび仮想化のテクノロジであり、Office 製品をダウンロードして使用するための時間を大幅に短縮します。Office 2013 リリースには、クイック実行用のダウンロード可能な Office 展開ツールが用意されています。管理者はこのツールを使用して、クイック実行の製品と言語のソースを社内の場所にダウンロードできます。これは、ネットワークに対する要求を最小限に抑えたり、企業セキュリティの目的でユーザーによるインターネットからの製品のインストールを防止しようとする管理者にとって便利です。

グループ ポリシーは、管理者がユーザーおよびコンピューター用の特定のコンピューティング構成を実装するために使用できるインフラストラクチャです。管理者はグループ ポリシーによって、Office 365クイック実行インストールにユーザー設定とコンピューター設定を適用できます。また、Active Directory フォレストの範囲内にあるメンバー サーバーおよびドメイン コントローラーにポリシー設定を適用することもでき、グループ ポリシーを使用して構成を定義することもできます。これを一度行えば、以降はオペレーティング システムによって設定が適用されます。

グループ ポリシー設定はグループ ポリシー オブジェクト (GPO) 内に格納され、GPO は選択された Active Directory ドメイン サービス (AD DS) コンテナー、つまり、サイト、ドメイン、または組織単位 (OU) にリンクされます。GPO 内の設定は、影響を受けるターゲットにより、AD DS 階層コンテナー構造を使用して評価されます。

この記事の内容

Office 2013 では、Office 365 の クイック実行 用の新しいカスタマイズ ツールを取り入れています。管理者は、Office 展開ツールを使用することにより、クイック実行 インストールをカスタマイズしたり、ユーザーが Office 365 製品の クイック実行 を社内の場所からインストールできるようにしたりできます。Office 展開ツールは、Microsoft ダウンロード センター サイトからダウンロードできます。このダウンロードには、サンプルの構成ファイル (Configuration.xml) が含まれています。インストールをカスタマイズするには、Office 展開ツールを実行し、カスタマイズした Configuration.xml ファイルを指定します。Office 展開ツールは、Configuration.xml ファイル内でオプションのプロパティを使用して指定されたタスクを実行します。

重要重要:
Office 2013 用と Office 2016 用の 2 つの異なるバージョンの Office 展開ツール が用意されています。それぞれの Office 展開ツール は特定のバージョンの Office でのみ動作します。Microsoft ダウンロード センターの次のリンクからダウンロードすることができます。

Office 展開ツールは、ダウンロード可能な自己解凍式の実行可能ファイルで、次のものが含まれています。

  • Office 展開ツールの .exe ファイル

  • サンプルの Configuration.xml ファイル

Office 展開ツールを実行するには、管理者が次のものを提供する必要があります。

  • ツールの実行モードを指定するコマンド ライン プロパティ

  • 次のようなインストール方法を指定するクイック実行用カスタム Configuration.xml 構成ファイル

    • インストールする製品および言語

    • 削除する製品および言語

    • インストール ソース パス

    • 表示するユーザー インターフェイスのレベル

    • ログ記録オプション

    • 製品更新の動作

Office 展開ツールの詳細については、次のリソースを参照してください。

グループ ポリシーは、Windows インストーラー ベースの Office 2013と Office 365クイック実行の両方に使用できます。グループ ポリシーは、Office 2013と Office 365クイック実行で適用するユーザー設定とコンピューター設定を管理するための推奨ツールです。

Active Directory 環境では、管理者は、グループ ポリシー オブジェクトのリンク先のサイト、ドメイン、または組織単位に含まれるユーザーとコンピューターのグループにポリシー設定を適用します。真のポリシー設定は、ポリシーの承認済みレジストリ キーの場所に書き込まれ、これらの設定には、管理者以外のユーザーによる変更を防ぐアクセス制御リスト (ACL) 制限が設定されます。管理者は、グループ ポリシーを使用して、それぞれのビジネス要件とセキュリティ要件に応じて、厳しく制限されたデスクトップ構成を作成したり、管理が緩やかなデスクトップ構成を作成したりします。グループ ポリシー設定は、OCT (Office Customization Settings) ユーザー設定よりも優先されます。OCT は Windows インストーラー ベースのインストールのカスタマイズに使用されます。

Office 2010 のグループ ポリシーの詳細については、次のリソースを参照してください。この情報は Office 365 ProPlusと Office 2013にも適用されます。

Office 2013では、アプリケーションおよびドキュメントの互換性のための新しいツールを取り入れています。この互換性ツールは テレメトリ ダッシュボードと呼ばれます。このツールは、Office 2010 の互換性ツールである Office Migration Planning Manager (OMPM)、Office Code Compatibility Inspector (OCCI)、および Office Environment Assessment Tool (OEAT) に代わるものです。グループ ポリシー管理用テンプレート ファイルを使用することにより、テレメトリ ダッシュボードのコンポーネントである テレメトリ エージェントを構成して有効にできます。テレメトリ ダッシュボードのグループ ポリシー設定の詳細については、「テレメトリ ダッシュボードを展開する」を参照してください。

表示: