Office 2013 用アプリの概要

Office 2013
 

適用先:Office 2013, Office 365 ProPlus

トピックの最終更新日:2016-12-16

概要: Office 用アプリと、組織のユーザー用の Office 用アプリの入手および管理方法について説明します。

対象ユーザー: IT 担当者

新しい Office 用アプリを使用すると、ユーザーは同じソリューションを複数のアプリケーション、プラットフォーム、およびデバイスにわたって実行でき、Web からの豊富なコンテンツとサービスを統合することによって Office アプリケーション内での向上したエクスペリエンスを提供できます。この記事では、Office 用アプリの種類と、それらをサポートするアプリケーションについて詳しく説明します。ユーザーが Office 用アプリを利用できるようにする方法、グループ ポリシー設定またはレジストリを使用してそれらを管理する方法、およびテレメトリ ダッシュボードを使用してそれらを監視する方法も説明します。

重要重要:
この記事の内容は、Office 2013 を組織用に構成および展開する管理者を対象としています。Office 用アプリの使用方法については、office.com で Office 用アプリを検索してください。

この記事の内容

開発者は、Office 用アプリにより、Web の機能と HTML5、XML、CSS3、JavaScript、REST API などの標準 Web テクノロジを使用して、サポート対象の Office 2013 アプリケーション内で実行されるコンシューマーおよびエンタープライズ向けの魅力的な新しいエクスペリエンスを作成できます。

Office 用アプリは、基本的には Office クライアント アプリケーション内でホストされる Web ページです。アプリを使用して、ドキュメント、電子メール メッセージ、会議出席依頼、または予定の機能を拡張できます。アプリは、Office リッチ デスクトップ クライアント、Office Online、モバイル ブラウザー、社内環境、クラウド環境など、複数の環境とクライアントで実行できます。開発者はアプリを Office ストアまたはオンサイト カタログに公開し、ユーザーはそこからアプリを入手して各自の Office 2013 アプリケーションで利用できます。組織の IT 管理者は、ユーザーへの Office 用アプリの提供方法を制御できます。

Office 用アプリの基本コンポーネントは、XML マニフェスト ファイルと Web ページです。次の図のように、マニフェストではさまざまな設定が定義され、アプリの UI とカスタム ロジックを実装した Web ページが示されます。

マニフェスト + Web ページ = Office 用アプリ

マニフェストと Web ページを合わせたものが Office 用アプリである

マニフェストでは、アプリの次のような設定および機能が指定されます。

  • アプリの UI とプログラミング ロジックを実装した Web ページの URL

  • アプリの表示名、説明、ID、バージョン、および既定のロケール

  • アプリをドキュメントのコンテンツと並べて作業ウィンドウとして表示するか、あるいは電子メール メッセージ、会議出席依頼、または予定表内でコンテキストに応じて起動するか

  • アプリでサポートされるクライアント アプリケーションの種類 (リッチ クライアントおよび Office Online を含みます)

  • アプリのアクセス許可レベルとデータ アクセス要件

Office 用アプリ には基本的に、作業ウィンドウ、コンテンツ、および Outlook 用メール アプリの 3 種類があります。

作業ウィンドウ アプリを使用すると、ユーザーは、Office 用アプリを Office ドキュメントと並べて表示できます。また、Office 用アプリ開発者は、コンテキストに応じた情報および機能を提供してドキュメントの表示および作成エクスペリエンスを強化できます。たとえば、ユーザーがドキュメント内で選択した製品名や部品番号に基づいて、作業ウィンドウアプリで Web サービスから製品情報を検索および取得することができます。次の図に、Bing 翻訳ツール サービスを使用する Word 2013 用の作業ウィンドウ アプリの例を示します。

作業ウィンドウ アプリ

作業ウィンドウ アプリ

コンテンツ アプリを使用すると、Web ベースの機能をコンテンツとしてドキュメントに統合し、ドキュメント内に表示できます。コンテンツ アプリにより、ユーザーは Web ベースのリッチなデータ ビジュアライゼーション、埋め込みメディア (ドキュメントに組み込まれた YouTube ビデオ プレーヤー、画像ギャラリーなど)、およびその他の外部コンテンツを統合できます。次の図に、Web サービスを使用して地理的な売上ヒート マップを生成する Excel 2013 用コンテンツ アプリの例を示します。

コンテンツ アプリ

コンテンツ アプリ

メール アプリは、現在表示されている Outlook のアイテム (電子メール メッセージ、会議出席依頼、会議出席依頼の返信、会議の取り消し、または予定) の横に表示されます。アイテムからコンテキストに応じた情報にアクセスし、そのデータを使用して、さらにサーバーに関する情報や Web サービスの情報にアクセスすることで、魅力的なユーザー エクスペリエンスを実現できます。ほとんどの場合、メール アプリは Outlook 2013 リッチ クライアント、および Exchange Server 2013 用 Outlook Web App で変更せずに実行できます。このユーザー エクスペリエンスは、デスクトップ、Web、またはタブレットやモバイル デバイスでシームレスに提供できます。

メモメモ:
メール アプリには Exchange Server 2013 が必要です。POP および IMAP 電子メール アカウントはサポートされません。

次の図に、Bing マップ サービスを使用するメール アプリの例を示します。

メール アプリ

Outlook 用アプリ

Office 用アプリの大きな利点の 1 つは、Office 2013 リッチ クライアントおよび対応する Office Online プログラムの両方でサポートされるという点です。これは開発者にとっては、多くの場合、環境またはアプリケーションごとに別々のアプリを作成する必要がないことを意味します。ユーザーにとっては、デスクトップと Web ブラウザー間で一貫性のあるユーザー エクスペリエンスが得られることを意味します。IT 担当者にとっては、複数の環境とアプリケーションにわたって容易に Office 用アプリを管理できることを意味します。

作業ウィンドウ アプリでは、これは同じアプリを Excel 2013、Excel Online、Word 2013、および Project 2013で実行できることを意味します。Outlook 用アプリでは、同じアプリがデスクトップ、タブレット、およびモバイル デバイス上の Outlook 2013で動作することを意味します。

サポートされるアプリの種類

アプリケーション サポートされる種類

Excel 2013

  • 作業ウィンドウ

  • コンテンツ

Excel Online

  • コンテンツ

Word 2013

  • 作業ウィンドウ

Outlook 2013

  • メール

Outlook Web App

  • メール

Project Professional 2013

  • 作業ウィンドウ

PowerPoint 2013

  • 作業ウィンドウ

Office 用アプリのプライバシーとセキュリティについては、次の 2 つの MSDN トピックで説明しています。

Office 用アプリのプライバシーとセキュリティの管理に役立つグループ ポリシー設定の詳細については、「グループ ポリシーを使用して、ユーザーが Office 用アプリをインストールおよび使用する方法を管理する」を参照してください。

組織の IT 管理者は、ユーザーへの Office 用アプリの提供方法を制御できます。組織に適したホスト オプションの種類を選択できます。たとえば、ユーザーに Office ストアから Office 用アプリにアクセスさせたくない場合には、グループ ポリシーを使用して、その機能を無効にできます。その後、SharePoint アプリ カタログ、Exchange カタログ、またはファイル カタログ共有で内部的にホストすることにより Office 用アプリをユーザーに提供できます。このような配布方法については、以下のセクションで説明します。

開発者は、Office 用アプリを作成した後、どのような公開方法で組織内のユーザーにアプリを提供するかを指定できます。Office 2013では、Office 用アプリを公開するために次の配布ポイントがサポートされています。

  • Office ストア:Office ストアは Microsoft によってホストおよび管理されており、世界中の開発者がカスタムの Office ソリューションを公開および販売できます。エンド ユーザーと IT 担当者は、このようなカスタム Office ソリューションを個人または企業用途でダウンロードできます。Office ストアは、検索から購入、アップグレード、更新に至るまでのコンシューマー ダウンロード エクスペリエンスを提供します。

  • SharePoint アプリ カタログ: 作業ウィンドウ アプリとコンテンツ アプリの場合、IT 部門は Office ストアと同じアプリ取得エクスペリエンスを提供するプライベート アプリ カタログを展開できます。この新しいカタログと開発プラットフォームを使用して、IT 部門は、1 つの場所から効率的に Office および SharePoint 用アプリを管理対象のユーザーに配布できます。

    (Office 365 および社内の SharePoint を含む) すべての SharePoint ユーザーがアプリ カタログを利用できます。アプリ カタログを使用すると、社内で作成されたアプリと、Office ストアから入手できる企業用にライセンスされたアプリの両方を公開して管理できます。詳細については、「SharePoint 2013 でアプリ カタログを管理する」を参照してください。

  • Exchange カタログ: メール アプリ用に Exchange 管理者が管理するプライベート カタログであり、このカタログが存在する Exchange Server のユーザーが利用できます。このカタログを使用して、企業のメール アプリ (社内で作成されたアプリや、Office ストアから入手できる企業用にライセンスされたアプリなど) を公開および管理できます。

  • ファイル ベースのアプリ カタログ: IT 部門および開発者は、作業ウィンドウ アプリとコンテンツ アプリを中央のファイル共有に展開して、そこでマニフェスト ファイルを格納および管理できます。ユーザーは、このファイル共有を信頼できるカタログとして指定することで、アプリを取得できます。IT 管理者が、グループ ポリシーを使用してこのファイル共有を信頼できるカタログとして構成することもできます。

Office 2013 管理用テンプレート ファイル (ADMX、ADML) および Office カスタマイズ ツール」で利用できるグループ ポリシー設定を使用して、Office 用アプリ の設定を管理および適用できます。設定は、ユーザーの構成\管理用テンプレート\Microsoft Office 2013\セキュリティ設定\セキュリティ センター\信頼できるカタログの下にあります。OCT 設定は、OCT の [ユーザー設定の変更] ページの対応する場所にあります。

次の表では、Office 用アプリを管理するグループ ポリシー設定を説明しています。

Office 用アプリのグループ ポリシー設定

設定名 説明

セキュリティで保護されていないアプリとカタログを許可します。

セキュリティで保護されていない Office 用アプリをユーザーが実行できるようにします。セキュリティで保護されていないアプリとは、SSL でセキュリティ保護 (https://) されていない、ユーザーのインターネット ゾーンにない、Web ページまたはカタログの場所が含まれるアプリです。

既定の共有フォルダーの場所

共有フォルダーの URL を設定できます。ユーザーは、そこからアプリを Office ドキュメントに挿入できます。

既定の SharePoint カタログの場所

既定に指定する SharePoint カタログの場所を設定できます。既定のカタログに含まれる Office 用アプリは、ユーザーが Office ドキュメントに挿入できます。

Office 用アプリのブロック

ユーザーが Office 用アプリを使用できないようにします。

Office ストアのブロック

Office ストア から入手したアプリをユーザーが使用または挿入できないようにします。

信頼できるカタログの場所 (#1 から #10)

信頼できる SharePoint カタログまたは共有フォルダー カタログの URL の場所を設定します。この場所にある Office 用アプリはすべて信頼できるので、ユーザーはこれらのアプリをドキュメントで操作できます。ただし、ユーザーはこれらのアプリを Office ドキュメントに挿入することはできません。

You can prevent users from downloading apps for Outlook from the Office Store and, for Outlook that comes with an Office 365 subscription, remove the Store button from the Home tab.

ユーザーが Outlook 用アプリ を Office ストア からダウンロードできないようにするには、Exchange 管理センター (EAC) でMarketplace マイ アプリ ユーザー ロールをユーザー ポリシーから削除します。その手順を次に示します。

  1. EAC で次のように選択します アクセス権 > ユーザー ロール

  2. ポリシーを選択し、 を編集

  3. [ その他の役割 、クリア、 市場アプリケーション ] チェック ボックスをします。

  4. [保存] を選択します。

Office 365 サブスクリプションに基づくバージョンの Outlook にある [ホーム] タブから [ Office ストア] ボタンを削除するには、次の表に示されているように、Outlook グループ ポリシーの設定である [Office ストアを非表示にする] ボタンを使用します。グループ ポリシーの [ユーザー構成] - [管理用テンプレート] - [Microsoft Outlook 2013] - [Outlook のオプション] - [その他]の下にこの設定はあります。

 

設定名 レジストリのパスおよび値の名前 説明

Office Store ボタンを表示しない

グループ ポリシーのレジストリ パス: HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Office\16.0\Outlook\Options\WebExt! StoreButtonInRibbonHomeTabAllowed

削除、 Office ストア のバージョンでは、[ホーム] タブからボタン Outlook 、Office 365 サブスクリプションが付属しています。

テレメトリ ダッシュボードは、IT 担当者がクライアント コンピューターを監視して、組織内で使用中の Office ソリューション、アドイン、およびドキュメントを把握するのに役立ちます。テレメトリ ダッシュボードを使用して、Word、Excel、および Outlook の Office 用アプリの読み込みと読み込みエラーを監視できます。この情報により、組織内でよく使われている Office 用アプリとエラーが発生している Office 用アプリを調べることができます。詳細については、「テレメトリ ダッシュボードを展開する」を参照してください。

パフォーマンス関連のしきい値のレジストリ設定を追加または変更すると、Office 用アプリのパフォーマンスを制御できます。

管理者がこれらのレジストリ キーを設定する方法は 3 つあり、これを次の表に示します。ホスト アプリケーションは、次の順序でこれらのキーの有無を確認します。

  1. アプリのリソース使用量に関するグループ ポリシーをサポートしているホスト アプリケーションは、最初にグループ ポリシー キーを探します。

  2. グループ ポリシー キーがない場合、ホスト アプリケーションはアプリケーション固有のレジストリ キーを探します。

  3. アプリケーション固有のキーがない場合、ホスト アプリケーションはグローバル レジストリ キーを探します。

  4. グローバル レジストリ キーが見つからなかった場合、ホスト アプリケーションは対応する既定値を使用します。

Office 用アプリに対し、次の表の設定をレジストリで追加または変更できます。これらのレジストリ キーは、HKLM の下にある次の標準の Office ハイブに追加できます。

  • HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Office\15.0\WEF (Office Professional Plus 2013 のボリューム ライセンス バージョンなど、Office の Windows インストーラー ベース (MSI) バージョンの場合)。

  • HKLM\SOFTWARE\Microsoft\Office\ClickToRun\REGISTRY\MACHINE\Software\Wow6432Node\Microsoft\Office\15.0\WEF (Office 365 ProPlus など、Office のクイック実行バージョンの場合)。

次の表のグローバル レジストリ キーは、ローカル コンピューター上で Office 用アプリをサポートしている Office リッチ クライアント上で動作しているすべての Office 用アプリに適用されます。

これらのレジストリ キーは、既定では Windows レジストリに含まれていません。管理者がこれらのキーを最初に作成するのは、Office 用アプリ のパフォーマンスを微調整するときです。WEF の下でキーを作成すると、アプリケーション特有の設定を構成できます (たとえば、Excel の場合には HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Office\15.0\WEF\Excel)。また、対応するホスト アプリケーションにこれらの設定を認識させるには、ユーザーがそのアプリケーションを再起動する必要があります。

メモメモ:
アプリケーション固有の設定をサポートしているのは、Outlook 2013 リッチ クライアントとメール アプリのみです。これは次の Outlook ハイブに作成できます。
HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Office\15.0\WEF\Outlook
ただし、Outlook 2013 グループ ポリシー設定を使用することをお勧めします。

Office 用アプリのパフォーマンス関連のレジストリ設定

値の名前 データ型 値データ

AlertInterval

DWORD

メモリ使用量と CPU コア使用率をチェックする間隔 (秒数)。既定値は 5 秒です。

  • 最大値 = 600 秒。

  • 最小値 = 5 秒。

この設定では、Word などのホスト アプリケーションが、実行中のアプリのメモリ使用量と CPU コア使用率を 3 回連続でチェックする方法を管理します。たとえば、既定値の 5 秒を使用すると、ホスト アプリケーションは、メモリ使用量と CPU コア使用率を 5 秒ごとに 3 回、合計 15 秒間にわたってチェックします。CPU コア使用率の既定のしきい値は 90% です。

メモリまたは CPU コアのチェックが行われたときに、Office 用アプリが必要とするメモリ使用量または CPU コア使用率が指定の値を超える場合、ホスト アプリケーションは次の処理をします。

  • Office 用アプリがコンテンツ アプリまたは作業ウィンドウ アプリの場合、ユーザーに警告を表示します。

  • Office 用アプリがメール アプリの場合、アプリを無効にします。

MemoryAlertThreshold

DWORD

Office 用アプリの物理メモリ使用量の上限 (MB 単位)。キーを 0 に設定すると、その種類のデバイスでチェックが無効になります。

  • 最大値 = 1,500 MB。

  • 最小値 = 0 MB。

既定では、ホスト アプリケーションは、デバイスで使用できる物理メモリに基づいてしきい値を決定し、絶対的な上限は使用しません。デバイスの物理メモリ使用量が使用可能なメモリの 80% を超えたことをホスト アプリケーションが検出すると、クライアント コンピューターは Office 用アプリのメモリ使用量の監視を開始します。メモリ使用量は、コンテンツ アプリと作業ウィンドウ アプリではドキュメント レベルで監視され、メール アプリではメールボックス レベルで監視されます。一連の Office 用アプリの物理メモリ使用量がドキュメントまたはメールボックス レベルで 50% を超えると、クライアント コンピューターは AlertInterval で設定された間隔でユーザーに警告を表示します。

ただし、グループ ポリシーを明示的に使用すると、クライアント コンピューターの絶対的な MemoryAlertThreshold 設定を指定できます。

メモリのチェック時に、Office 用アプリが必要とするメモリ使用量が指定のメモリ通知しきい値を超える場合、コンテンツ アプリまたは作業ウィンドウ アプリのホスト アプリケーションはユーザーに警告を表示し、メール アプリのホスト アプリケーションはアプリを自動的に無効にします。

RestartManagerRetryLimit

DWORD

クラッシュの許容範囲。クラッシュした Office 用アプリの再起動を試行する最大回数を指定します。既定値は 4 です。

  • 最大値 = 11。

  • 最小値 = 2。

この設定では、実行中のアプリに使用される再起動回数を管理します。

セッション中に指定の回数を超える再起動がアプリで必要になった場合、ホスト アプリケーションは自動的にそのアプリを無効にします。

Outlook 2013 には、Office 用メール アプリの管理に役立つグループ ポリシー設定があります。この設定は、ユーザーの構成\管理用テンプレート\Microsoft Office 2013\セキュリティ設定\セキュリティ センター\信頼できるカタログの下にあります。Windows インストーラー ベース (MSI) の配信形式の Office 2013 を使用している場合は、OCT を使用して、ユーザーが後で変更できる規定の設定を設定できます。OCT 設定は、OCT の [ユーザー設定の変更] ページの対応する場所にあります。

メール アプリのパフォーマンス関連のグループ ポリシー設定

重要重要:
これらの設定は、Outlook Web App には適用されません。しかし、アクティブ化の制限によって Outlook 用メール アプリが Outlook 2013 で無効化される場合は、Outlook Web App でも無効化されます。

次の表では、Outlook 用メール アプリを管理するグループ ポリシー設定を説明しています。ポリシー設定名の "Web 拡張機能" という用語は、Outlook 用メール アプリを指します。

メール アプリのパフォーマンス関連のグループ ポリシー設定

設定名 説明

Web 拡張機能のアクティブ化を無効にするしきい値を指定します

Outlook が Outlook 用メール アプリをアクティブ化中に無効化する際に参照するしきい値を指定できます。

Web 拡張機能のアクティブ化マネージャーの再試行制限回数を指定します

Outlook が Outlook 用メール アプリをアクティブ化中に無効化するまでの再試行制限回数を指定できます。

Web 拡張機能の通知間隔を指定します

Outlook が Outlook 用メール アプリを初期化中に無効化するまで使用する通知間隔を指定できます。この通知間隔によって、実行中の Outlook 用メール アプリのメモリ使用量および CPU 使用率を Office がチェックする頻度を制御します。

Web 拡張機能の Outlook メモリ通知しきい値を指定します

Outlook が Outlook 用メール アプリを初期化中に無効化するまで使用するメモリ使用制限を指定できます。このメモリ通知しきい値によって、実行中の Outlook 用メール アプリが使用できる仮想メモリの最大量を制御します。

実行中の Web 拡張機能に対する再起動試行回数を指定します

実行中の Outlook 用メール アプリに対して Outlook が試行する再起動の回数を指定できます。

表示: