Set-SPProjectUserSync

 

適用先:Project Server 2013

トピックの最終更新日:2015-03-09

WSS のユーザー同期の動作を制御します。

Set-SPProjectUserSync [-Url] <Uri> [-Value] <UserSyncParameterValues[]> [-AssignmentCollection <SPAssignmentCollection>]

WSS のユーザー同期では、Project Server 2013の権限を SharePoint Server 2013の権限と同期します。Project Server エンティティに対する権限をユーザーに付与すると、Project Web App サイトと接続先 SharePoint サイトに対する権限が付与されます。管理者は、このコマンドレットを使用して WSS のユーザー同期の動作を制御できます。WSS のユーザー同期を無効にする、Project Web App サイトに対してのみ有効にする、接続先 SharePoint サイトに対してのみ有効にする、この両方のサイトに対して有効にする、の中から選択できます。

Windows PowerShell (Project Server を使用)

 

パラメーター 必須 説明

Url

必須

System.Uri

Project のユーザー同期を設定する Project Web App インスタンスの URL を指定します。

Value

必須

Microsoft.Office.Project.Server.Library.Admin+UserSyncSettings

Disabled は、WSS のユーザー同期を完全に無効にします。EnablePWA は、Project Web App サイトに対して WSS のユーザー同期を有効にします。EnableEntProj は、エンタープライズ プロジェクトに接続されているすべての SharePoint サイトに対して WSS のユーザー同期を有効にします。EnableSPProj は、SharePoint プロジェクトに接続されているすべての SharePoint サイトに対して WSS のユーザー同期を有効にします。EnableAll は、Project Web App サイトとすべての接続先 SharePoint サイトに対して WSS のユーザー同期を有効にします。

AssignmentCollection

省略可

Microsoft.SharePoint.PowerShell.SPAssignmentCollection

適切な破棄を行うためにオブジェクトを管理します。SPWebSPSite などのオブジェクトの使用によって大量のメモリが使用される場合があるので、Windows PowerShell スクリプトでこれらのオブジェクトを使用するには適切なメモリ管理が必要です。メモリの解放が必要になった場合は、SPAssignment オブジェクトを使用して、変数へのオブジェクトの割り当てとオブジェクトの破棄を行うことができます。割り当てコレクションまたは Global パラメーターが使用されていない場合、SPWebSPSite、または SPSiteAdministration オブジェクトが使用されていると、オブジェクトは自動的に破棄されます。

メモメモ:
Global パラメーターが使用されている場合は、オブジェクトはすべてグローバル ストアに格納されます。Stop-SPAssignment コマンドを使用してオブジェクトの使用または破棄を直接行わないと、メモリ不足のシナリオになる場合があります。

---------------------- 例 -----------------------

Set-SPProjectUserSync http://localhost/pwa EnablePWA

この例では、http://localhost/pwa にある Project Web App サイトに対して WSS のユーザー同期を有効にしています。

表示: