SharePoint Server 2013 でフィードおよび Distributed Cache service を計画する

 

適用先:SharePoint Server 2013

トピックの最終更新日:2016-12-16

概要: SharePoint Server 2013 で、マイクロブログ機能、ニュースフィード、および分散キャッシュ サービスを実装する計画について説明します。

SharePoint Server 2013 では、マイクロブログ機能により、ユーザーが興味を持っているトピックについて、簡単な、公開の会話ができます。ニュースフィードと分散キャッシュ サービスは、SharePoint Server 2013 のこのマイクロブログ機能をサポートします。この記事を読む前に、「SharePoint Server 2013 のミニブログ機能、フィード、分散キャッシュ サービスの概要」と「SharePoint Server 2013 でのソーシャル コンピューティングの用語と概念」で説明されている概念を理解する必要があります。

この記事の内容

サイト フィードは、特定のユーザーのグループにニュースフィード機能を提供します。サイト フィードはチーム サイト上で使用できます。SharePoint Server 2013 のチーム サイトでサイト フィードの使用を計画をするときは、チーム サイトは個人用サイトと同じ User Profile Service アプリケーションを使用する必要があります。チーム サイトと個人用サイトは同じファームと異なるファームのどちらに存在してもかまいませんが、同じ User Profile Service アプリケーションを使用する必要があります。チーム サイトが個人用サイト ホストとは異なるファームにある場合は、2 つのファーム間のサーバー間認証が必要です。SharePoint Server 2013 では、個人用サイト ホスト Web アプリケーションとチーム サイトをホストする Web アプリケーションの両方が、同じサービス アカウントを使用することを推奨します。さらに、個人用サイト ホスト サイト コレクションは SharePoint Server 2013 個人用サイト ホストである必要があり、ユーザーがサイト フィード機能を使用するには、SharePoint Server 2013 個人用サイト を持っている必要があります。ユーザーが個人用サイトから簡単にチーム サイトを作成できるように、チーム サイトを含む Web アプリケーションでセルフサービス サイト作成を有効にすることを検討してください。ユーザーが [自己紹介] ページだけを使用する SharePoint Server 2013 の展開でも (管理者がそれ以外の個人用サイト機能を使用不可に構成している場合でも)、ユーザーはサイト フィードを使用できます。

管理者が、SharePoint Server 2010 から、チーム サイトをアップグレードするときは、チーム サイトで、まず [コンテンツのフォロー] 機能を有効にすることで、アップグレードされたチーム サイトでサイト フィードをアクティブ化する必要があります。次に、チーム サイトでサイト フィード機能を有効にします。エンティティをフォローすると、ユーザーは、サイト フィードから投稿を参照できるようになります。

メモメモ:
管理者がサイト フィード機能を有効にする前に、ユーザーがサイトをフォローし始めた場合、アップグレードされたチーム サイトは [共有] メニューに表示されません。管理者がサイト フィード機能を有効にしたとき、ユーザーは、サイトのフォローを一度中止して、再度、サイトをフォローする必要があります。これにより、そのサイトは [共有] メニューに表示されるようになります。

ユーザーは、マイクロブログ投稿に画像を含めることができます。投稿に画像が含まれるとき、SharePoint Server 2013 は、その画像を、ユーザーの個人用サイト上のプライベートなフォルダーにアップロードします。この画像は、ユーザーの個人用サイトで画像が使用する領域を最適化する目的で、ファイル サイズと大きさが自動的に縮小されます。管理者は、個人用サイトのクォータを割り当てるとき、この追加の画像記憶域の要件を考慮して計画を立てる必要があります。ユーザーが自分の個人用サイトで空きの記憶域を持っていないときに、画像を含むメッセージを投稿した場合、そのユーザーに対してエラーが表示されます。

通知とは、ユーザーが投稿したスレッドでアクティビティが発生したことや、だれかがそのユーザーをフォローし始めたことを通知する、システムによって生成された電子メール メッセージです。通知では、前提条件として SharePoint Server 2013 で送信の電子メール設定を構成する必要があります。詳細については、「SharePoint 2013 ファームの送信電子メールを構成する」を参照してください。

SharePoint Server 2010 から SharePoint Server 2013 にアップグレードするとき、SharePoint Server 2010 のニュースフィードは、SharePoint Server 2013 でレガシ機能としてアップグレードされます。これは、SharePoint Server 2010 ではニュースフィードが廃止されたが、SharePoint Server 2013 ではまだ使用可能ということを意味します。アップグレードされた SharePoint Server 2010 ニュースフィードにユーザーがアクセスするには、管理者は特別な構成手順を実行する必要があります。SharePoint Server 2010 ニュースフィードに保存されたすべてのデータは SharePoint Server 2013 で使用できます。しかし、管理者は SharePoint Server 2010 ニュースフィードから SharePoint Server 2013 ニュースフィードにデータを移行することはできません。これはフィードが大きく異なることによります。

Outlook Social Connector は、Outlook で、Outlook メッセージ、会議などと共に、フィード情報を表示します。Outlook Social Connector は、SharePoint Server 2013 サーバー ファームのシステム負荷を増加させます。これは、Outlook Social Connector が、個人用サイト機能に頻繁にアクセスして、Outlook に情報をプッシュすることによります。これは SharePoint Server 2013 ファームのパフォーマンスを低下させることから、サーバー ファームを設計するときに考慮する必要があります。

[すべてのユーザー] ビューと [フォロー中] ビューには、すべてのユーザーがアクセスすることができる、公開の会話 (投稿と返信) が含まれます。公開の会話が SharePoint Server 2013 で検索インデックスに追加されると、ユーザーは、これらの公開の会話が含まれる検索結果を検索し、表示できます。会話には割り当てられた権限がないため、セキュリティによるトリミングは公開の会話には適用されません。ユーザーが、セキュリティによるトリミングを特定の会話に適用する必要がある場合は、チーム サイトでサイト フィードを使用します。チーム サイトで、会話に参加できるユーザーのグループに権限を割り当てます。これにより、割り当てられた権限に基づいて、検索結果にセキュリティによるトリミングが行われます。

インデクサーの増分クロール予定を構成する方法を検討してください。これは、会話がユーザーの検索結果にどのタイミングで表示されるかに影響します。ユーザーが、投稿と返信を行う目的で、積極的にマイクロブログ機能を使用すると、会話がより早いタイミングで検索結果に表示されるようになります。この場合、更新の間のサイクル間隔をより短くすることを検討してください。

分散キャッシュ サービスの実装を計画するとき、分散キャッシュ サービスは、専用モードまたは併用モードの 2 つのモードで展開できることに注意してください。専用モードでは、分散キャッシュ サービスを実行するアプリケーション サーバーでは、分散キャッシュ サービス以外のすべてのサービスは停止させられます。併用モードでは、分散キャッシュ サービスはアプリケーション サーバー上でその他のサービスに同時に実行されます。分散キャッシュ サービスを展開する際の推奨モードは、専用モードです。

重要重要:
AppFabric クライアント API を使用する SharePoint Server 2013 でカスタム アプリケーションを使用している場合、またはカスタム キャッシュを作成している場合は、個別の AppFabric キャッシュ クラスターを作成してカスタム アプリケーションをサポートする必要があります。SharePoint Server 2013 ファームをサポートしている AppFabric キャッシュ クラスターは使用しないでください。SharePoint Server 2013 ファーム専用のサーバーとは別のサーバー上で、カスタム アプリケーション用の独立した AppFabric キャッシュ クラスターを実行します。
重要重要:
$ 記号が含まれているサービス アカウント名は使用しないでください。

SharePoint Server 2013 必須コンポーネント インストーラーが実行されるとき、Windows Server AppFabric をインストールします。これは、SharePoint Server 2013 を実行中のサーバー上に Windows Server AppFabric をインストールする際の推奨手法です。必須コンポーネント インストーラーを実行する前に、サーバー上に Windows Server AppFabric が既にインストールされている場合、必須コンポーネント インストーラーを実行する前に、Windows Server AppFabric をアンインストールする必要があります。管理者が手動で Windows Server AppFabric をインストールする場合、管理者は、CacheAdmin、CachingService、および CacheClient 機能をインストールして、/gac スイッチを使用する必要があります。詳細については、MSDN ライブラリで「自動インストール (AppFabric 1.1 キャッシュ)」を参照してください。

ここでは、分散キャッシュ サービスをホストしているサーバーのアーキテクチャおよびメモリ要件の計画について説明します。分散キャッシュ サービスはデータをメモリ内にのみ格納し、SharePoint Server 2013 のデータベースには依存しません。さらに、SharePoint Server 2013 の一部のサービスでは大量のメモリ リソースが必要であり、分散キャッシュ サービスのパフォーマンスに影響する場合があります。分散キャッシュ サービスのパフォーマンスは、アーキテクチャの選択と、分散キャッシュ サービスに対するメモリ割り当ての両方に、大きな影響を受けます。

次の表では、分散キャッシュ サービスに対するメモリとアーキテクチャの推奨を合計ユーザー数別に示します。

 

展開の規模 小規模ファーム 中規模ファーム 大規模ファーム

合計ユーザー数

< 10,000

< 100,000

< 500,000

分散キャッシュ サービスに推奨されるキャッシュ サイズ

1 GB

2.5 GB

12 GB

分散キャッシュ サービスに対する総メモリ割り当て (上記推奨キャッシュのサイズの 2 倍、および OS 用に 2 GB の予備)

2 GB

5 GB

34 GB

メモメモ:
分散キャッシュ サービス。キャッシュ サイズは 16 GB 以下でなければなりません。このため、大規模なファームの環境では 2 台のサーバーを使用することをお勧めします。

推奨されるアーキテクチャ構成

専用サーバーまたはフロントエンド サーバーに併置

専用サーバー

専用サーバー

ファームあたりの最小キャッシュ ホスト

1

1

2

メモメモ:
SharePoint Server 2013 ファームでは、少なくとも 1 つのキャッシュ ホストが分散キャッシュ サービスを実行している必要があります。

メモメモ:
本記事のこのセクションを読む前に、「SharePoint Server 2013 のミニブログ機能、フィード、分散キャッシュ サービスの概要」で説明されている分散キャッシュの概念を理解する必要があります。

SharePoint Server 2013 をインストールするとき、分散キャッシュ サービスのキャッシュ サイズに対するメモリ割り当ては、既定値である、物理メモリの合計の 10% に設定されます。管理者は、Update-SPDistributedCacheSize コマンドレットを使用して分散キャッシュ サービスのメモリ割り当てを変更できます。分散キャッシュ サービスには、キャッシュ クラスター内のキャッシュ ホストごとに最大で 16 GB のメモリを割り当てることができます。サーバー上の実行中のその他のサービス用に 2 GB のメモリを確保して、残りのメモリを分散キャッシュ サービスに割り当てることをお勧めします。詳細については、「分散キャッシュ サービスを管理する (SharePoint Server 2013)」を参照してください。

重要重要:
Windows Server AppFabric 1.1 は、オペレーティング システム レベルでメモリ使用量が大きくなる可能性があります。このことは分散キャッシュ サービスに影響を与えるため、16 GB のメモリを割り当てる場合は、分散キャッシュ サーバーに 34 GB 以上のメモリを用意する必要があります。これには、オペレーティング システム用の 2 GB の予備のメモリが含まれます。詳細については、「Windows Server AppFabric メモリ消費動作」および「AppFabric 1.1 のキャッシュ: キャッシュ ホストに割り当てられているメモリは、コンピューターで使用可能なメモリの 50% を超えることはできません」を参照してください。
重要重要:
物理メモリが合計 16 GB 以上あるサーバーでは、分散キャッシュ サービスに最大 16 GB までのメモリを割り当ててください。分散キャッシュ サービスに 16 GB 以上のメモリを割り当てると、サーバーは予期しないときに 10 秒以上、応答を停止することがあります。

より多くのメモリを必要とする場合は、複数のアプリケーション サーバー上で分散キャッシュ サービスを実行するよう構成できます。この場合で、キャッシュは分散キャッシュ サービスを実行中のすべてのサーバーにわたり、ファーム全体をサポートする単一のキャッシュとして機能します。他のアプリケーション サーバーを追加するには、SharePoint 構成ウィザードを使用して、新しいアプリケーション サーバーをサーバー ファームに追加します。新しいアプリケーション サーバーが、専用または併用モードのどちらで実行するかを決定する必要があります。分散キャッシュ サービスに割り当てられたメモリ割り当てが、分散キャッシュ サービスを実行中のすべてのサーバー上で同じであることを確認する必要があります。キャッシュされたデータが、両方のサーバーではなく、1 つのサーバー上に保存されます。詳細については、「分散キャッシュ サービスを管理する (SharePoint Server 2013)」を参照してください。

分散キャッシュ サービスを併用モードで実行するときは、サーバーの物理メモリを追加し、重要でないサービスはすべて中止する必要があります。以下のサービスまたはアプリケーションは、分散キャッシュ サービスと同じサーバー上で実行することを推奨しません。

  • SQL Server 2008 または SQL Server 2012

  • Search Service

  • SharePoint の Excel Services

  • Project Server サービス

開発者ワークステーションを計画するとき、開発者のワークステーションは、最小で物理メモリを合計 32GB を持つ必要があります。開発者ワークステーション上で、SharePoint Server 2013 は単一のサーバー展開としてインストールされます。これは分散キャッシュ サービスが併用モードで展開されることを意味します。併用モードではメモリ リソースの競合が発生します。メモリ リソースの割り当てを管理する目的で、開発者は、使用しないすべてのサービスを終了するか、定期的に SQL Server を再起動できます。

重要重要:
分散キャッシュ サービスは、物理または仮想サーバー上で実行できます。仮想化を使用するとき、その他の仮想マシンと分散キャッシュ サーバー間で、共有メモリ リソースを管理する目的で動的メモリを使用しないでください。仮想化された分散キャッシュ サーバーのメモリ割り当ては固定的である必要があります。

非計画的な方法で分散キャッシュ サービスを開始および停止させると、分散キャッシュ サービスを不安定にします。SharePoint Server 2013 ファームの初期設定を実行するときは、以下の順番で、以下の手順を実行します。

  • サーバー ファームにすべてのサーバーを追加するように構成ウィザードを実行します。分散キャッシュ サービスは、サーバー ファーム上のすべての Web サーバーとアプリケーション サーバーで開始されます。

  • 必要に応じてその他のファーム構成手順を実行します。

  • 分散キャッシュ サービスを構成する準備ができたとき、サーバー ファーム内のすべてのサーバー上で分散キャッシュ サービスが実行中であることを確認してください。次に、キャッシュ クラスターの一部ではないすべてのサーバー上で、分散キャッシュ サービスを停止します。サーバー上では、分散キャッシュ サービスを停止して、再度、開始しないようにします。分散キャッシュ サービスがサーバー上で意図せずに停止し、分散キャッシュ サービスを、再度、開始することが必要になった場合は、「分散キャッシュ サービスを管理する (SharePoint Server 2013)」のガイダンスを参照してください。

重要重要:
分散キャッシュ サービスを実行中のすべてのサーバー上で分散キャッシュ サービスを停止した場合は、ただ 1 つのサーバーだけで、分散キャッシュ サービスを、再度、開始しないでください。そうせずに、すべての分散キャッシュ サーバー上で同時に分散キャッシュ サービスを、再度、開始します。分散キャッシュ サービスが、再度、開始している間は、短期間、初期のパフォーマンスが低下します。

前述の方式に代わる手段として、管理者は、キャッシュ クラスターの一部ではないサーバー上に分散キャッシュ サービスを登録せずに SharePoint Server 2013 をインストールできます。これは、skipRegisterAsDistributedCachehost パラメーターを指定した New-SPConfigurationDatabaseConnect-SPConfigurationDatabaseWindows PowerShell コマンドレット、またはコマンド ラインで psconfig.exe を実行することにより行うことができます。このパラメーターは省略可です。

分散キャッシュ サービスは、次の通信ポートを使用します。

  • 22233

  • 22234

  • 22235

  • 22236

メモメモ:
サーバー ファーム内で複数のキャッシュ ホストを使用している場合は、分散キャッシュ サービスを実行している最初のキャッシュ ホストを、ファイアウォール経由で受信 ICMP (ICMPv4) トラフィックを許可するように構成する必要があります。詳細については、「Windows 8、Windows 7、Windows Vista、Windows Server 2012、Windows Server 2008、または Windows Server 2008 R2 で受信 ICMP 規則を作成する」を参照してください。管理者が、ファイアウォール経由の受信 ICMP (ICMPv4) トラフィックを許可するように構成された最初のキャッシュ ホストをクラスターから削除する場合は、新しいクラスターの最初のサーバーを、ファイアウォール経由の受信 ICMP (ICMPv4) トラフィックを許可するように構成する必要があります。

表示: