SharePoint 2013 でサービス展開を計画する

 

適用先:SharePoint Foundation 2013, SharePoint Server 2013

トピックの最終更新日:2016-12-16

概要: SharePoint サーバーの全体管理にある [サーバーのサービス] ページのサービスについて説明し、サービスの展開に関するガイダンスを示します。これらのサービスの多くは、サービス アプリケーションに関連付けられています。

この記事の内容

サーバーの全体管理の [サーバーのサービス] ページには、ファーム内の特定のサーバーで開始および停止するサービスの一覧が表示されます。これらのサービスの一部はサービス アプリケーションに関連付けられています。サービス アプリケーションをファームに展開した後は、[サーバーのサービス] ページに移動して、関連付けられたサービスが該当するサーバー上で開始されていることを確認します。サービス アプリケーションに関連付けられていないサービスもあります。

メモメモ:
注: 検索コンポーネントは、[サーバーのサービス] ページではなく Windows PowerShell を使用して展開されます。

ファーム トポロジの計画後は、この記事を使用して、該当するサーバーのサービスがファーム内の各サーバーで開始されていることを確認します。これは、サービス アプリケーションとサービスのすべてが 1 台のサーバーまたは 2 台の冗長サーバーで実行される小規模のファームでは必要ない場合があります。

この記事では、2 種類のアーキテクチャ アプローチに対するサービスおよびサービス アプリケーションの推奨される構成の一覧を示します。

  • 簡略化されたトポロジ - ファーム内でのサービスおよび他のコンポーネントの分散は、サーバー ハードウェアのシステム リソースを最大にすることを意図しています。簡略化されたアーキテクチャには、フロントエンド サーバー、バッチ処理サーバー、データベース サーバーが含まれます。「簡略化されたトポロジの [サーバーのサービス] インストール ワークシート」を使用して、各サーバーでどのサービスが開始されるかについての決定事項を確認できます。

  • 従来のトポロジ - Web サーバー、アプリケーション サーバー、データベース サーバーによる構築アーキテクチャに対する従来のアプローチに基づくトポロジです。「SharePoint 2013 用のサービスとサーバーのマッピング ワークシート 」を使用して、各サーバーでどのサービスが開始されるかについての決定事項を確認できます。

これらのトポロジ アプローチの詳細については、次のモデルを参照してください。

表: 簡略化されたトポロジのサービス アプリケーションとサーバーのサービス

サービス アプリケーション サーバーのサービス 推奨サーバー 追加情報

Access Services

Access Services

フロントエンド サーバー

Access 2013 クライアントのユーザーが新しい Access Services アプリケーションを作成できるようにします。ブラウザーで Access Services データベースを表示、編集、操作します。

Access Services 2010

Access Database Service 2010

フロントエンド サーバー

Access 2010 クライアントおよび Access 2013 クライアントを使用して SharePoint 2010 Access Services アプリケーションの保守を続けられるようにします。ユーザーは新しいアプリケーションを作成できません。

App Management Service

App Management Service

フロントエンド サーバー

Business Data Connectivity

Business Data Connectivity Service

フロントエンド サーバー

Excel Services

Excel Calculation Services

フロントエンド サーバーまたは専用サーバー

機械翻訳サービス

機械翻訳サービス

バッチ処理サーバー

機械翻訳サービスは、ファイル管理に SharePoint OAuth を使用します。機械翻訳サービス アプリケーションのアプリケーション プール アカウントは、正常に機能するために、ユーザー プロファイル アプリケーションに対するアクセス許可が必要です。機械翻訳サービスは、Microsoft Translator オンライン サービスに接続します。Microsoft Translator は、翻訳の品質を向上する目的でデータを収集することがあります。

Managed Metadata Service

Managed Metadata Web Service

フロントエンド サーバー

Microsoft SharePoint Foundation Subscription Settings Service

Microsoft SharePoint Foundation Subscription Settings Service

フロントエンド サーバー

このサービスは Windows PowerShell を使用して展開する必要があります。マルチテナント モードでサービス アプリケーションを展開した場合、またはファームにサイト購読を使用するサイトが含まれている場合は、このサービスを開始します。このサービスは、テナントの設定と構成データをマルチテナント環境に保存します。このサービスを開始した後、Web アプリケーションは自動的にサービスを使用します。

PerformancePoint

PerformancePoint Service

バッチ処理サーバーまたは専用サーバー

PowerPoint Conversion

PowerPoint Conversion Service

バッチ処理サーバー

このサービスは、PowerPoint プレゼンテーションを別の形式に変換します。このサービスは、通常、1 台以上のアプリケーション サーバーで実行されます。変換を実行するために、1 つ以上のワーカー プロセスが開始されます。頻繁に変換を実行する場合は、ワーカー プロセスはプロセッサ コアを完全に使用する可能性があります。メモリー使用量は、変換対象のファイルのサイズとコンテンツによって異なります。使用されるワーカー プロセスの数は、Windows PowerShell コマンドレットで管理できます。いくつかの他の構成オプションも、Windows PowerShell コマンドレットで使用できます。

検索

Lotus Notes Connector

バッチ処理サーバーまたは検索専用サーバー

Lotus Domino サーバーのデータをクロールする Lotus Notes Connector を構成する方法については、TechNet のドキュメントを参照してください。

検索

Search Host Controller Service

検索コンポーネントを実行するサーバー

このサービスは、検索トポロジ コンポーネントを管理します。サービスは、検索トポロジ コンポーネントを実行するすべてのサーバーで自動的に開始されます。

検索

Search Query and Site Settings Service

クエリ処理コンポーネントを実行するサーバー

このサービスは、検索トポロジ内のクエリの負荷を分散させます。また検索サービスに対するファームレベルの変更を検出し、その変更内容を検索管理データベースに格納します。サービスは、クエリ処理コンポーネントを実行するすべてのサーバーで自動的に開始されます。

検索

SharePoint Server Search

検索コンポーネントを実行するサーバー

このサービスは検索インデックスのコンテンツをクロールします。このサービスは、検索トポロジ コンポーネントを実行するすべてのサーバーで自動的に開始されます。サービスは、[サーバーのサービス] ページからは停止または開始できません。

Secure Store Service

Secure Store Service

フロントエンド サーバー

Usage and Health Data Collection

このサービス アプリケーションには、サーバーのサービスは関連付けれていません。

User Profile

User Profile Service

フロントエンド サーバー

User Profile

User Profile Synchronization Service

バッチ処理サーバー

Visio Graphics Service

Visio Graphics Service

フロントエンド サーバー

Word Automation Service

Word Automation Services

バッチ処理サーバー

自動一括ドキュメント変換を実行します。頻繁に変換を実行するときは、このサービスは (サーバーの全体管理で構成された) ワーカー プロセスごとに 1 つの CPU を完全に使用します。複数のサーバーでサービスが開始される場合は、1 つのジョブがすべてのサーバーで共有されます。

Work Management

Work Management Service

バッチ処理サーバー

サーバーの全体管理

フロントエンド サーバー

このサービスは、サーバーの全体管理サイトを実行します。組織のセキュリティ ポリシーで要求されている場合は、バッチ処理サーバーに置くことができます。

Claims to Windows Token Service

Excel Calculation Services と PerformancePoint、およびこのサービスに依存して SharePoint ユーザー ID を外部データ ソースに委任する他のサービス アプリケーションを実行するサーバー

Distributed Cache

フロントエンド サーバー、または分散キャッシュおよび依頼管理層 (どちらか一方)

既定では、このサービスはファーム内のすべての Web サーバーとアプリケーション サーバーで開始されます。

Document Conversions Launcher Service

バッチ処理サーバー

サーバー上でのドキュメント変換をスケジュールし開始します。

Document Conversions Load Balancer Service

バッチ処理サーバー

サーバー ファームからのドキュメント変換要求の負荷を分散させます。各 Web アプリケーションで 1 度に登録できるロード バランサーは 1 つのみです。

Microsoft SharePoint Foundation Incoming E-Mail

フロントエンド サーバー

通常、このサービスは Web サーバー上で実行されます。このサービスを分離する必要がある場合は、このサービスをアプリケーション サーバーで開始できます。

Microsoft SharePoint Foundation Sandboxed Code Service

フロントエンド サーバー

ファーム内のサンドボックス コードを実行するコンピューターでこのサービスを開始します。これにはフロントエンド サーバーやバッチ処理 サーバーを含むことがあります。このサービスは、サンドボックス ソリューションの一部として展開されるコードを、権限が制限されたリモートのプロセスで実行します。またサイト コレクションを対象範囲とする 1 日のクォータに対して、コードを実行するときに使用されるサーバー リソースを測定します。

Microsoft SharePoint Foundation Web Application

フロントエンド サーバー、バッチ処理サーバー、およびこれらのサーバーが実装されている場合は分散キャッシュおよび依頼管理サーバー

このサービスは、Web サーバー機能を提供します。このサービスは、既定では Web サーバー上で開始されます。このサービスがサーバーの全体管理を実行するサーバー上で開始されていない場合や、機能をグローバルに展開できない場合は、Web アプリケーションを対象範囲とするカスタム機能は意図されたようにサーバーの全体管理に表示されない可能性があります。

Microsoft SharePoint Foundation Workflow Timer Service

バッチ処理サーバー

このサービスは、ファーム内のすべての Web サーバーで実行されるように自動的に構成されます。

Request Management

分散キャッシュおよび依頼管理層

統合モードでは、依頼管理はファーム内のすべての Web サーバーで実行されます。専用モードでは、個別の依頼管理ファーム内のサーバーは、ハードウェア ロード バランサーと Sharepoint ファームの間に配置されます。

表: 従来のトポロジのサービス アプリケーションとサーバーのサービス

サービス アプリケーション サーバーのサービス 推奨サーバー 詳細情報

Access Services 2010

Access Database Service 2010

アプリケーション サーバー

Access 2010 クライアントおよび Access 2013 クライアントを使用して、SharePoint 2010 Access Service アプリケーションを継続的に維持できます。ユーザーは新しいアプリケーションを作成できません。

Access Services

Access Services

アプリケーション サーバー

Access 2013 クライアントを使用して、新しい Access Service アプリケーションを作成できます。ブラウザーで Access Services データベースを表示、編集、操作します。

App Management サービス

App Management サービス

アプリケーション サーバー

Business Data Connectivity

Business Data Connectivity Service

アプリケーション サーバー

Excel Calculation Services

Excel Calculation Services

アプリケーション サーバー

機械翻訳サービス

機械翻訳サービス

アプリケーション サーバー

機械翻訳サービスは、ファイル管理に SharePoint OAuth を使用します。機械翻訳サービス アプリケーションのアプリケーション プール アカウントは、正常に機能するために、ユーザー プロファイル アプリケーションに対するアクセス許可が必要です。機械翻訳サービスは、Microsoft Translator オンライン サービスに接続します。Microsoft Translator は、翻訳の品質を向上する目的でデータを収集することがあります。

Managed Metadata Service

Managed Metadata Web Service

アプリケーション サーバー

Microsoft SharePoint Foundation Subscription Settings Service

Microsoft SharePoint Foundation Subscription Settings Service

Web サーバーまたはアプリケーション サーバー

このサービス アプリケーションは、Windows PowerShell を使用する場合にのみ展開されます。ホスト環境では、このサービスは、通常、1 台以上のアプリケーション サーバー上で開始されます。マルチテナント モードでサービス アプリケーションを展開した場合、またはファームにサイト購読を使用するサイトが含まれている場合は、このサービスを開始します。このサービスは、テナントの設定と構成データをマルチテナント環境に保存します。サービスが開始されると、Web アプリケーションは自動的にこのサービスを使用します。

PerformancePoint

PerformancePoint Services

アプリケーション サーバー

PowerPoint Conversion

PowerPoint Conversion Service

アプリケーション サーバー

このサービスは、PowerPoint プレゼンテーションを別の形式に変換します。このサービスは、通常、1 台以上のアプリケーション サーバーで実行されます。変換を実行するために、1 つ以上のワーカー プロセスが開始されます。頻繁に変換を実行する場合は、ワーカー プロセスはプロセッサ コア全体を使用する可能性があります。メモリー使用量は、変換対象のファイルのサイズとコンテンツによって異なります。使用されるワーカー プロセスの数は、Windows PowerShell コマンドレットで管理できます。いくつかの他の構成オプションも、Windows PowerShell コマンドレットで使用できます。

検索

Lotus Notes Connector

アプリケーション サーバー

Lotus Domino サーバーのデータをクロールする Lotus Notes Connector を構成する方法については、TechNet のドキュメントを参照してください。

検索

Search Host Controller Service

適切なアプリケーション サーバーで実行されるように自動構成

このサービスは、検索トポロジ コンポーネントを管理します。サービスは、検索トポロジ コンポーネントを実行するすべてのサーバーで自動的に開始されます。

検索

Search Query and Site Settings Service

適切なアプリケーション サーバーで実行されるように自動構成

このサービスは、検索トポロジ内のクエリの負荷を分散させます。また検索サービスに対するファームレベルの変更を検出し、その変更内容を検索管理データベースに格納します。サービスは、クエリ処理コンポーネントを実行するすべてのサーバーで自動的に開始されます。

検索

SharePoint Server Search

適切なアプリケーション サーバーで実行されるように自動構成

このサービスは検索インデックスのコンテンツをクロールします。このサービスは、検索トポロジ コンポーネントを実行するすべてのサーバーで自動的に開始されます。サービスは、[サーバーのサービス] ページからは停止または開始できません。

Secure Store Service

Secure Store Service

アプリケーション サーバー

Usage and Health Data Collection

該当なし

該当なし

このサービス アプリケーションには、サーバーのサービスは関連付けれていません。

User Profile

User Profile Service

アプリケーション サーバー

User Profile

User Profile Synchronization Service

アプリケーション サーバー

Visio Graphics Service

Visio Graphics Service

アプリケーション サーバー

Word Automation Services

Word Automation Services

アプリケーション サーバー

自動一括ドキュメント変換を実行します。頻繁に変換を実行するときは、このサービスは (サーバーの全体管理で構成された) ワーカー プロセスごとに 1 つの CPU を完全に使用します。複数のサーバーでサービスが開始される場合は、1 つのジョブがすべてのサーバーで共有されます。

Work Management

Work Management Service

アプリケーション サーバー

サーバーの全体管理

アプリケーション サーバー

このサービスは、SharePoint サーバーの全体管理 Web サイトを実行します。

Claims to Windows Token Service

Web とアプリケーション サーバー

このサービスは、該当するサーバーで実行されるように自動的に構成されます。

分散キャッシュ

Web とアプリケーション サーバー

既定では、このサービスはファーム内のすべての Web サーバーとアプリケーション サーバーで開始されます。

Document Conversions Launcher Service

アプリケーション サーバー

サーバー上でのドキュメント変換をスケジュールし開始します。

Document Conversions Load Balancer Service

アプリケーション サーバー

サーバー ファームからのドキュメント変換要求の負荷を分散させます。各 Web アプリケーションで 1 度に登録できるロード バランサーは 1 つのみです。

Microsoft SharePoint Foundation Incoming E-Mail

Web サーバーまたはアプリケーション サーバー

通常、このサービスは Web サーバー上で実行されます。このサービスを分離する必要がある場合は、このサービスをアプリケーション サーバーで開始できます。

Microsoft SharePoint Foundation Sandboxed Code Service

Web サーバーまたはアプリケーション サーバー

ファーム内のサンドボックス コードを実行するコンピューターでこのサービスを開始します。これには Web サーバーやアプリケーション サーバーを含むことがあります。このサービスは、サンドボックス ソリューションの一部として展開されるコードを、権限が制限されたリモートのプロセスで実行します。またサイト コレクションを対象範囲とする 1 日のクォータに対して、コードを実行するときに使用されるサーバー リソースを測定します。

Microsoft SharePoint Foundation Web Application

Web サーバー

このサービスがファーム内のすべての Web サーバー上で開始されるようにします。アプリケーション サーバー上ではこのサービスを停止します。このサービスは、Web サーバー機能を提供します。このサービスは、既定では Web サーバー上で開始されます。このサービスがサーバーの全体管理を実行するサーバー上で開始されていない場合や、機能をグローバルに展開できない場合は、Web アプリケーションを対象範囲とするカスタム機能は意図されたようにサーバーの全体管理に表示されない可能性があります。

Microsoft SharePoint Foundation Workflow Timer Service

Web サーバー

このサービスは、ファーム内のすべての Web サーバーで実行されるように自動的に構成されます。

依頼管理

Web サーバーまたは専用サーバー

統合モードでは、依頼管理はファーム内のすべての Web サーバーで実行されます。専用モードでは、個別の依頼管理ファーム内のサーバーは、ハードウェア ロード バランサーと Sharepoint ファームの間に配置されます。

表示: