Windows PowerShell のコマンドレットを使用してユーザー ライセンスを管理する (SharePoint 2013)

 

適用先:SharePoint Foundation 2013, SharePoint Server 2013

トピックの最終更新日:2015-03-09

概要: SharePoint 2013 のユーザー ライセンスの管理に使用できる Windows PowerShell のコマンドレットについて説明します。

次の表は、SharePoint ユーザー ライセンスの管理に使用できる Windows PowerShell のコマンドレットを示しています。

このページに表示されているコマンドレットはすべて SharePoint Server 2013で新しく追加されたものです。

SharePoint 2013のすべてのコマンドレットの一覧については、「SharePoint 2013 で使用する Windows PowerShell コマンドレットの索引」を参照してください。

 

コマンドレット名 説明

Add-SPUserLicenseMapping

セキュリティ グループ、フォームベースのロール、またはクレームを SharePoint ユーザー ライセンスにマップします。

Disable-SPUserLicensing

ユーザー ライセンスの実施を無効にします。

Enable-SPUserLicensing

ユーザー ライセンスの実施を有効にします。

Get-SPUserLicense

サポートされている SharePoint ユーザー ライセンスの一覧を取得します。

Get-SPUserLicenseMapping

クレームからユーザーへのマッピングを取得します。

Get-SPUserLicensing

ユーザー ライセンスの実施の状態を戻します。

New-SPUserLicenseMapping

ライセンス マッピング オブジェクトを作成します。

Remove-SPUserLicenseMapping

クレームから SharePoint への ユーザー ライセンス マッピングを削除します。

表示: