ライセンスを構成する (SharePoint Server 2013)

 

適用先:SharePoint Server 2013 Enterprise, SharePoint Server 2013 Standard

トピックの最終更新日:2016-12-16

概要: 新しいライセンス機能、および SharePoint Server 2013 でライセンスを構成する方法について説明します。

重要重要:
この記事の手順は、SharePoint Server 2013の Standard および Enterprise バージョンに適用されます。

この記事の内容

Office SharePoint Server 2007 および SharePoint Server 2010 では、企業が SharePoint Server Enterprise のクライアント アクセス ライセンス (CAL) を購入し、SharePoint Server Enterprise が動作するサーバーを展開すると、そのサーバーにアクセスするすべてのユーザーがすべてのエンタープライズ機能セットを使用できました。特定のユーザーが持つ CAL を決定する方法はありませんでした。Enterprice CAL を持つユーザーのみが Enterprise 機能にアクセスできるようにする唯一の方法は、別々の Enterprise および Standard サーバー展開を持つことでした。

SharePoint 2013では、ファーム管理者がライセンスをユーザーに割り当てて、ライセンスをチェッできるようになりました。この新しい機能では、該当のライセンスを持つユーザーのみが特定の機能を使用できるようになります。この SharePoint Server ライセンス実装は、新しい Windows PowerShell コマンドレットを使用して管理されます。既定では、ライセンスは SharePoint Server で無効になっています。管理者は、Windows PowerShell を使用して、これを有効にすることを選択できます。

ユーザー ライセンスを "割り当てる" には、クレームを既知の種類のライセンスにマッピングします。たとえば、クレームとして、Active Directory ドメイン サービス (AD DS) セキュリティ グループが考えられます。"ContosoFinanceDept" セキュリティ グループを "Enterprise" ライセンスにマッピングすることで、Enterprise ライセンスがそのグループのすべてのメンバーに割り当てられます。SharePoint Server にログオンするユーザーには、クレームが割り当てられます。SharePoint Server は、ユーザーのクレームを調べて、ユーザーのライセンスを決定します。ユーザーが特定の機能を使用するためのライセンスを持っていない場合、その機能は実行時にブロックされます。

重要重要:
ライセンスの種類に対するマッピングを作成したり、ユーザーのライセンスの種類を返したりするには、Windows PowerShell を使用する必要があります。この機能のためのユーザー インターフェイスはありません。

SharePoint Server 2013でライセンス サポートを構成するには、以下の手順を順序どおりに実行します。

  • サポートされるライセンスの一覧を返す

  • マッピング オブジェクトを作成する

  • マッピング オブジェクトを追加する

  • ライセンスを有効にする

メモメモ:
ライセンスのエラー メッセージを回避するために、ライセンスを有効にする手順を最後に行います。
Windows PowerShell を使用してライセンスを構成するには
  1. 次のメンバーシップがあることを確認します。

    • SQL Server インスタンスの Securityadmin 固定サーバー ロール。

    • 更新するすべてのデータベースに対する db_owner 固定データベース ロール。

    • Windows PowerShell コマンドレットを実行するサーバーでの Administrators グループ。

    管理者は Add-SPShellAdmin コマンドレットを使用して、SharePoint 2013のコマンドレットを使用する権限を付与できます。

    メモメモ:
    アクセス許可がない場合は、セットアップ管理者または SQL Server 管理者に連絡してアクセス許可を要求してください。Windows PowerShell アクセス許可の詳細については、「Add-SPShellAdmin」を参照してください。
  2. SharePoint 2013 管理シェルを起動します。

    • Windows Server 2008 R2 の場合:

      • [スタート] メニューで、[すべてのプログラム]、[Microsoft SharePoint 2013 製品]、[SharePoint 2013 管理シェル] の順にクリックします。

    • Windows Server 2012 の場合:

      1. [スタート] 画面で [SharePoint 2013 管理シェル] をクリックします。

        [SharePoint 2013 管理シェル] が [スタート] 画面に表示されない場合:

      2. [コンピューター] を右クリックし、[すべてのアプリ]、[SharePoint 2013 管理シェル] の順にクリックします。

    Windows Server 2012 の操作方法の詳細については、「Windows の一般的な管理タスクとナビゲーション」を参照してください。

  3. Windows PowerShell コマンド プロンプトで、次のコマンドを入力します。

    Get-SPUserLicense
    
    $a = New-SPUserLicenseMapping -SecurityGroup <yoursecuritygroup> -License Enterprise
    
    $a | Add-SPUserLicenseMapping
    
    Enable-SPUserLicensing
    

    ここで、

    • $a は、Add-SPUserLicenseMapping コマンドレットの入力として使用されるマッピング オブジェクトを格納する変数です。

    • <yoursecuritygroup> は、Active Directory 内のセキュリティ グループに対応します。

詳細については、「Get-SPUserLicenseGet-SPUserLicensingAdd-SPUserLicenseMappingNew-SPUserLicenseMappingRemove-SPUserLicenseMapping」を参照してください。

メモメモ:
コマンドライン管理タスクを実行するときには Windows PowerShell を使用することが推奨されています。Stsadm コマンドライン ツールは推奨されていませんが、製品の以前のバージョンとの互換性をサポートするために含まれています。

表示: