SharePoint Server 2013 で Windows PowerShell コマンドレットを使用して機械翻訳サービス アプリケーションを管理する

 

適用先:SharePoint Server 2013 Enterprise, SharePoint Server 2013 Standard

トピックの最終更新日:2015-03-09

概要:SharePoint 2013 で機械翻訳サービス アプリケーションの管理に使用できる Windows PowerShell コマンドレットについて説明します。

次の表は、SharePoint 2013で機械翻訳サービス アプリケーションの管理に使用できる Windows PowerShell コマンドレットを示しています。

このページに表示されているコマンドレットはすべて、SharePoint Server 2013で新しく追加されたものです。

SharePoint 2013 のすべてのコマンドレットの一覧については、「SharePoint 2013 で使用する Windows PowerShell コマンドレットの索引」を参照してください。

 

コマンドレット名 説明

New-SPTranslationServiceApplication

機械翻訳サービスの新しいインスタンスを準備します。

New-SPTranslationServiceApplicationProxy

ローカル ファームに機械翻訳サービス アプリケーション プロキシを作成します。

Remove-SPTranslationServiceJobHistory

機械翻訳サービス ジョブを削除します。

Set-SPTranslationServiceApplication

機械翻訳サービス アプリケーションのプロパティを設定します。

Set-SPTranslationServiceApplicationProxy

機械翻訳サービス アプリケーション プロキシのプロパティを設定します。

表示: