Get-SPEnterpriseSearchResultItemType

 

適用先:SharePoint Foundation 2013, SharePoint Server 2013 Enterprise, SharePoint Server 2013 Standard

トピックの最終更新日:2015-03-09

結果アイテムの種類を取得します。

Get-SPEnterpriseSearchResultItemType [[-Identity] <ResultItemTypePipeBind>] -Owner <SearchObjectOwner> [-AssignmentCollection <SPAssignmentCollection>] [-SearchApplication <SearchServiceApplicationPipeBind>] [-SearchApplicationProxy <SearchServiceApplicationProxyPipeBind>]

Get-SPEnterpriseSearchResultItemType コマンドレットは、指定した所有者用の結果アイテムの種類を取得します。

結果アイテムの種類を使用すると、検索結果の種類に基づいて検索結果の外観を変更できます。まず、ルールのコレクションを定義します。これは結果のプロパティに対して評価されます。次に、その種類の結果をレンダリングするときに使用する表示テンプレートを定義します。結果アイテムの種類を作成したら、結果アイテムの種類のルールに一致する結果が、指定した表示テンプレートを使用してレンダリングされます。

使用例:

- 特定のファイル名拡張子について (Word 文書など)、結果の外観を変更します。

- 検索結果で特定のコンテンツ タイプの外観を変更します。

- 特定の作成者からの結果の外観を変更します。

- カスタム検索アプリケーションの一部として、結果の動作を特定の結果ソースからの結果に追加します。

SharePoint 管理シェル

 

パラメーター 必須/省略可 説明

Identity

省略可

Microsoft.Office.Server.Search.Cmdlet.ResultItemTypePipeBind

更新する結果アイテムの種類を指定します。この型は、12345678-90ab-cdef-1234-567890bcdefgh という形式の GUID であることが必要です。

Owner

必須/省略可

Microsoft.Office.Server.Search.Administration.SearchObjectOwner

結果アイテムの種類が作成される範囲を定義する、検索オブジェクトの所有者を指定します。

AssignmentCollection

省略可

Microsoft.SharePoint.PowerShell.SPAssignmentCollection

適切な破棄を行うためにオブジェクトを管理します。SPWebSPSite などのオブジェクトの使用によって大量のメモリが使用される場合があるので、Windows PowerShell スクリプトでこれらのオブジェクトを使用するには適切なメモリ管理が必要です。メモリの解放が必要になった場合は、SPAssignment オブジェクトを使用して、変数へのオブジェクトの割り当てとオブジェクトの破棄を行うことができます。割り当てコレクションまたは Global パラメーターが使用されていない場合、SPWebSPSite、または SPSiteAdministration オブジェクトが使用されていると、オブジェクトは自動的に破棄されます。

メモメモ:
Global パラメーターが使用されている場合は、オブジェクトはすべてグローバル ストアに格納されます。Stop-SPAssignment コマンドを使用してオブジェクトの使用または破棄を直接行わないと、メモリ不足のシナリオになる場合があります。

SearchApplication

省略可

Microsoft.Office.Server.Search.Cmdlet.SearchServiceApplicationPipeBind

検索アプリケーションの名前を指定します。この型は、12345678-90ab-cdef-1234-567890bcdefgh という形式の有効な GUID であるか、検索アプリケーションの有効な名前 (SearchApp1 など) であるか、有効な SearchServiceApplication オブジェクトのインスタンスであることが必要です。

SearchApplicationProxy

省略可

Microsoft.Office.Server.Search.Cmdlet.SearchServiceApplicationProxyPipeBind

結果アイテムの種類を含む検索アプリケーションのプロキシを指定します。この型は、12345678-90ab-cdef-1234-567890bcdefgh という形式の有効な GUID であるか、検索アプリケーションの有効なプロキシ名 (SearchAppProxy1 など) であるか、有効な SearchServiceApplicationProxy オブジェクトのインスタンスであることが必要です。

--------例--------

$ssa = Get-SPEnterpriseSearchServiceApplication
$tenantOwner = Get-SPEnterpriseSearchOwner -Level SPSite
Get-SPEnterpriseSearchResultItemType -Owner $tenantOwner -SearchApplication $ssa

この例では、$ssa で参照される検索アプリケーション用の $tenantowner で参照される所有者用に定義された結果アイテムの種類を取得します。SearchApplicationSearchApplicationProxy は、オプションのパラメーターですが、このコマンドレットではどちらかを使用する必要があります。

表示: