Remove-NetIPsecQuickModeSA

Remove-NetIPsecQuickModeSA

Deletes an established quick mode security association (SA).

構文

Parameter Set: ByAssociatedNetIPsecMainModeSA
Remove-NetIPsecQuickModeSA -AssociatedNetIPsecMainModeSA <CimInstance> [-AsJob] [-CimSession <CimSession[]> ] [-PassThru] [-ThrottleLimit <Int32> ] [-Confirm] [-WhatIf] [ <CommonParameters>]

Parameter Set: ByName
Remove-NetIPsecQuickModeSA [-Name] <String[]> [-AsJob] [-CimSession <CimSession[]> ] [-PassThru] [-ThrottleLimit <Int32> ] [-Confirm] [-WhatIf] [ <CommonParameters>]

Parameter Set: GetAll
Remove-NetIPsecQuickModeSA [-All] [-AsJob] [-CimSession <CimSession[]> ] [-PassThru] [-ThrottleLimit <Int32> ] [-Confirm] [-WhatIf] [ <CommonParameters>]

Parameter Set: InputObject (cdxml)
Remove-NetIPsecQuickModeSA -InputObject <CimInstance[]> [-AsJob] [-CimSession <CimSession[]> ] [-PassThru] [-ThrottleLimit <Int32> ] [-Confirm] [-WhatIf] [ <CommonParameters>]




詳細説明

The Remove-NetIPsecQuickModeSA cmdlet deletes an established quick mode security association (SA).

Quick mode SAs can be monitored for information like which peers are currently connected to this computer and which protection suite was used to create the SA. To view the active quick mode SAs with the computer, run the Get-NetIPsecQuickModeSA cmdlet. Use the InputObject parameter, or pipeline, to input the SA into this cmdlet to remove the association from the computer.

パラメーター

-All

Indicates that all of the quick mode security associations within the specified policy store are removed.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-AsJob

エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-AssociatedNetIPsecMainModeSA<CimInstance>

Gets the quick mode security associations associated with the specified main mode security association.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByValue)

ワイルドカード文字を許可する

false

-CimSession<CimSession[]>

リモート セッションまたはリモート コンピューターでコマンドレットを実行します。New-CimSession コマンドレットや Get-CimSession コマンドレットの出力など、コンピューター名またはセッション オブジェクトを入力します。既定値は、ローカル コンピューターで実行中の現在のセッションです。


エイリアス

Session

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-InputObject<CimInstance[]>

このコマンドレットへの入力を指定します。このパラメーターを使用するか、パイプを使用して入力をこのコマンドレットに渡すことができます。


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByValue)

ワイルドカード文字を許可する

false

-Name<String[]>

Specifies that only matching quick mode cryptographic sets of the indicated name are removed. Wildcard characters are accepted.
This parameter acts just like a file name, in that only one rule with a given name may exist in a policy store at a time. During group policy processing and policy merge, rules that have the same name but come from multiple stores being merged, will overwrite one another so that only one exists. This overwriting behavior is desirable if the rules serve the same purpose. For instance, all of the firewall rules have specific names, so if an administrator can copy these rules to a GPO, and the rules will override the local versions on a local computer. Since GPOs can have precedence, if an administrator that gives a rule with a different or more specific rule the same name in a higher-precedence GPO, then it overrides other rules that exist.
The default value is a randomly assigned value.
When the defaults for quick mode encryption are overridden, specify the customized parameters and set this parameter value, making this parameter the new default setting for encryption.


エイリアス

ID

必須?

true

位置は?

1

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-PassThru

作業中の項目を表すオブジェクトを返します。既定では、このコマンドレットによる出力はありません。


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-ThrottleLimit<Int32>

このコマンドレットを実行するために確立できる最大同時操作数を指定します。このパラメーターを省略するか、値として 0 を入力した場合、Windows PowerShell® では、コンピューターで実行している CIM コマンドレットの数に基づいて、コマンドレットに対する最適なスロットル制限を計算します。スロットル制限は現在のコマンドレットのみに適用され、セッションまたはコンピューターには適用されません。


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-Confirm

コマンドレットを実行する前に、ユーザーに確認を求めます。


必須?

false

位置は?

named

既定値

false

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-WhatIf

コマンドレットを実行するとどのような結果になるかを表示します。コマンドレットは実行されません。


必須?

false

位置は?

named

既定値

false

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

<CommonParameters>

このコマンドレットは次の共通パラメーターをサポートします。-Verbose、-Debug、-ErrorAction、-ErrorVariable、-OutBuffer、-OutVariable.詳細については、以下を参照してください。 about_CommonParameters (http://go.microsoft.com/fwlink/p/?LinkID=113216)。

入力

入力型は、コマンドレットにパイプできるオブジェクトの型です。

  • Microsoft.Management.Infrastructure.CimInstance#root\StandardCimv2\NetIPsecMainModeSA

    Microsoft.Management.Infrastructure.CimInstance オブジェクトは、Windows Management Instrumentation (WMI) オブジェクトを表示するラッパー クラスです。シャープ記号 (#) の後のパスは、基になる WMI オブジェクトの名前空間とクラス名です。


  • Microsoft.Management.Infrastructure.CimInstance#root\StandardCimv2\NetIPsecQuickModeSA[]

    Microsoft.Management.Infrastructure.CimInstance オブジェクトは、Windows Management Instrumentation (WMI) オブジェクトを表示するラッパー クラスです。シャープ記号 (#) の後のパスは、基になる WMI オブジェクトの名前空間とクラス名です。


出力

出力型は、コマンドレットによって生成されるオブジェクトの型です。

  • None

EXAMPLE 1

This example removes all of the active quick mode cryptographic sets on the local computer.


PS C:\> Remove-NetIPsecQuickModeSA –PolicyStore ActiveStore

EXAMPLE 2

This example removes all of the active quick mode cryptographic sets associated with the specified main mode security association on a remote computer.


 

PS C:\> $computer1 = "RemoteMachineName"

 

PS C:\> $ipsMMSA = Get-NetIPsecMainModeSA –Name "196511" –CimSession $computer1

 

PS C:\> Remove-NetIPsecQuickModeSA –CimSession $computer1 –InputObject $ipsMMSA

関連トピック

コミュニティの追加

追加
表示: