Set-DisplayResolution

Set-DisplayResolution

Changes the display resolution for a Server Core server.

構文

Parameter Set: Default
Set-DisplayResolution [-Width] <Object> [-Height] <Object> [-Force] [ <CommonParameters>]




詳細説明

The Set-DisplayResolution cmdlet changes the display resolution for Windows Server® 2012 in Server Core mode. Specify both the width and the height in pixels. Unless you use the Force parameter, the cmdlet prompts you before it changes the settings. You can use the Get-DisplayResolution cmdlet to view the current resolution.

For more information about Server Core mode, see Configure and Manage Server Core Installations (http://technet.microsoft.com/en-us/library/jj574091).

パラメーター

-Force

Performs the action without a confirmation message.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-Height<Object>

Specifies a height, in pixels, for the display.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

2

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-Width<Object>

Specifies a width, in pixels, for the display.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

1

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

<CommonParameters>

このコマンドレットは次の共通パラメーターをサポートします。-Verbose、-Debug、-ErrorAction、-ErrorVariable、-OutBuffer、-OutVariable.詳細については、以下を参照してください。 about_CommonParameters (http://go.microsoft.com/fwlink/p/?LinkID=113216)。

入力

入力型は、コマンドレットにパイプできるオブジェクトの型です。

出力

出力型は、コマンドレットによって生成されるオブジェクトの型です。

Example 1: Set resolution

This command sets the display resolution to a width of 1920 pixels and a height of 1200 pixels. The system prompts you for confirmation.


PS C:\> Set-DisplayResolution -Width 1920 -Height 1200

Example 2: Set resolution without confirmation

This command sets the display resolution to a width of 1024 pixels and a height of 768 pixels. The command includes the Force parameter. It attempts to make the change without prompting you.


PS C:\> Set-DisplayResolution -Width 1024 -Height 768 -Force

関連トピック

コミュニティの追加

追加
表示: