Secure Boot Cmdlets in Windows PowerShell

Windows PowerShell® は、特にシステム管理用に設計された、タスク ベースのコマンド ライン シェルおよびスクリプト言語です。情報技術 (IT) プロフェッショナル向けのこの参照トピックは、スクリプトを作成してタスクを自動化するために Windows PowerShell コマンドレットを活用するうえでのサポートとなります。

Secure Boot

This reference provides cmdlet descriptions and syntax for all Secure Boot-specific cmdlets. It lists the cmdlets in alphabetical order based on the verb at the beginning of the cmdlet.

 

cmdlet Description

Confirm-SecureBootUEFI

Confirms that Secure Boot is enabled by checking the Secure Boot status on the local computer.

Format-SecureBootUEFI

Formats certificates or hashes into a content object that is returned and creates a file that is ready to be signed.

Get-SecureBootPolicy

Gets the publisher GUID and the policy version of the Secure Boot configuration policy.

Get-SecureBootUEFI

Gets the UEFI variable values related to Secure Boot such as the SetupMode, SecureBoot, KEK, PK, SignatureDatabase, and forbidden SignatureDatabase.

Set-SecureBootUEFI

Sets the Secure Boot-related UEFI variables such as Platform Key, Key Exchange Key, Signature Database and Forbidden Signature Database.

noteNote
To list all the cmdlets that are available, use the Get-Command –Module SecureBoot cmdlet.

任意のコマンドレットの詳細について、またはコマンドレットの構文の詳細については、Get-Help <コマンドレット名> コマンドレットを使用します。ここで、<コマンドレット名> は、調べようとするコマンドレットの名前です。詳細については、次のコマンドレットを実行できます。

Get-Help <コマンドレット名> -Detailed
Get-Help <コマンドレット名> -Examples
Get-Help <コマンドレット名> -Full

コミュニティの追加

追加
表示: