Set-NfsClientConfiguration

Set-NfsClientConfiguration

Changes configuration settings for an NFS client.

構文

Parameter Set: InputObject (cdxml)
Set-NfsClientConfiguration [-AsJob] [-Authentication <String[]> ] [-CaseSensitiveLookup <Boolean> ] [-CimSession <CimSession[]> ] [-DefaultAccessMode <UInt32> ] [-InputObject <CimInstance[]> ] [-MountRetryAttempts <UInt32> ] [-MountType <String> ] [-PassThru] [-ReadBufferSize <UInt32> ] [-RpcTimeoutSec <UInt32> ] [-ThrottleLimit <Int32> ] [-TransportProtocol <String[]> ] [-UseReservedPorts <Boolean> ] [-WriteBufferSize <UInt32> ] [-Confirm] [-WhatIf] [ <CommonParameters>]




詳細説明

The Set-NfsClientConfiguration cmdlet changes configuration settings for a Network File System (NFS) client. You can use the Get-NfsClientConfiguration cmdlet to get a configuration object for an NFS client.

パラメーター

-AsJob

エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-Authentication<String[]>

Specifies one or more authentication types that an NFS client can use to access NFS shares.

Valid values are:
-- Sys (AUTH_SYS authentication)
-- Krb5 (Kerberos v5 authentication)
-- Krb5i (Kerberos v5 authentication with integrity checking)
-- Krb5p (Kerberos v5 authentication with privacy)
-- All
-- Default

If you specify All, Services for NFS configures Sys, Krb5, Krb5i, and Krb5p on the share. If you specify Default, Services for NFS configures Sys, Krb5, and Krb5i on the share.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-CaseSensitiveLookup<Boolean>

Specifies that the NFS client must perform case-sensitive lookups of file names for NFS shares that are mounted locally.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

0

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-CimSession<CimSession[]>

リモート セッションまたはリモート コンピューターでコマンドレットを実行します。New-CimSession コマンドレットや Get-CimSession コマンドレットの出力など、コンピューター名またはセッション オブジェクトを入力します。既定値は、ローカル コンピューターで実行中の現在のセッションです。


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-DefaultAccessMode<UInt32>

Specifies the default permission mode that an NFS client assigns for newly created files, in UNIX-style mode bits. The permissions that this property specifies are set for all new files created on mounted shares.

With UNIX-style mode bits (also known as the three-digit octal notation), each numeral represents a different component of the permission set: user class, group class, and "others" class.

Each of these digits is the sum of its component bits. As a result, specific bits add to the sum:

The read bit adds 4 to its total (in binary 100).
The write bit adds 2 to its total (in binary 010).
The execute bit adds 1 to its total (in binary 001).

Individual octal digit values represent the following:
0 -- no permission
1 -- x     execute
2 -- w     write
3 -- wx   write and execute
4 -- r      read
5 -- r-x   read and execute
6 -- rw    read and write
7 – rwx   read, write, and execute

The following are examples of UNIX-style mode bits:

777 = "-rwxrwxrwx" = rwx for all

754 = "-rwxr-xr--" = rwx for owner, r-x for group, r-- for other

124 = "--x-w-r--" = x for owner, w for group, r for other


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-InputObject<CimInstance[]>

このコマンドレットへの入力を指定します。このパラメーターを使用するか、パイプを使用して入力をこのコマンドレットに渡すことができます。


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByValue)

ワイルドカード文字を許可する

false

-MountRetryAttempts<UInt32>

Specifies the number of retries that the NFS client performs when it is attempting a soft mount.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

1

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-MountType<String>

Specifies the type of mount that the NFS client uses when it is mounting a share that an NFS server exported. Valid values are Hard and Soft.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

1

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-PassThru

作業中の項目を表すオブジェクトを返します。既定では、このコマンドレットによる出力はありません。


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-ReadBufferSize<UInt32>

Specifies the size of the read buffer (in kilobytes) that the NFS client uses.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

32

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-RpcTimeoutSec<UInt32>

Specifies the time-out for a remote procedure call (RPC), in seconds, that the NFS client enforces for outstanding RPC calls.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

8

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-ThrottleLimit<Int32>

このコマンドレットを実行するために確立できる最大同時操作数を指定します。このパラメーターを省略するか、値として 0 を入力した場合、Windows PowerShell® では、コンピューターで実行している CIM コマンドレットの数に基づいて、コマンドレットに対する最適なスロットル制限を計算します。スロットル制限は現在のコマンドレットのみに適用され、セッションまたはコンピューターには適用されません。


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-TransportProtocol<String[]>

Specifies the transport protocol that the NFS client uses for NFS, Network Lock Manager (NLM), Port Mapper (PMAP), or MAPSVR protocols.

Valid values are:
-- TCP
-- UDP
-- TCP+UDP


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

3

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-UseReservedPorts<Boolean>

Specifies whether the NFS client uses network ports less than 1024.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

1

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-WriteBufferSize<UInt32>

Specifies the size of the write buffer (in kilobytes) that the NFS client uses.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

32

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-Confirm

コマンドレットを実行する前に、ユーザーに確認を求めます。


必須?

false

位置は?

named

既定値

false

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-WhatIf

コマンドレットを実行するとどのような結果になるかを表示します。コマンドレットは実行されません。


必須?

false

位置は?

named

既定値

false

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

<CommonParameters>

このコマンドレットは次の共通パラメーターをサポートします。-Verbose、-Debug、-ErrorAction、-ErrorVariable、-OutBuffer、-OutVariable.詳細については、以下を参照してください。 about_CommonParameters (http://go.microsoft.com/fwlink/p/?LinkID=113216)。

入力

入力型は、コマンドレットにパイプできるオブジェクトの型です。

出力

出力型は、コマンドレットによって生成されるオブジェクトの型です。

  • Microsoft.Management.Infrastructure.CimInstance#root/Microsoft/Windows/NFS/MSFT_NfsClientConfig

Example 1: Modify configuration settings for an NFS client

This command modifies configuration settings for an NFS client on the local computer. This command sets the default permissions for newly created files to 755, and it sets the sizes of the read and write buffers to 64 kilobytes (KB).

The default permission of 755 sets read, write, and execute permissions (7 – rwx) for the owner, read and execute permissions (5 -- r-x) for the group, and read and execute permissions (5 -- r-x) for others.


PS C:\> Set-NfsClientConfig -DefaultAccessMode 755 -ReadBufferSize 64 -WriteBufferSize 64

関連トピック

コミュニティの追加

追加
表示: