Set-IscsiServerTarget

Set-IscsiServerTarget

Modifies settings for the specified iSCSI target.

構文

Parameter Set: TargetName
Set-IscsiServerTarget [-TargetName] <String> [-Chap <PSCredential> ] [-ComputerName <String> ] [-Credential <PSCredential> ] [-Description <String> ] [-Enable <Boolean> ] [-EnableChap <Boolean> ] [-EnableReverseChap <Boolean> ] [-EnforceIdleTimeoutDetection <Boolean> ] [-FirstBurstLength <Int32> ] [-InitiatorIds <InitiatorId[]> ] [-MaxBurstLength <Int32> ] [-MaxReceiveDataSegmentLength <Int32> ] [-PassThru] [-ReceiveBufferCount <Int32> ] [-ReverseChap <PSCredential> ] [-TargetIqn <Iqn> ] [ <CommonParameters>]

Parameter Set: InputObject
Set-IscsiServerTarget -InputObject <IscsiServerTarget> [-Chap <PSCredential> ] [-ComputerName <String> ] [-Credential <PSCredential> ] [-Description <String> ] [-Enable <Boolean> ] [-EnableChap <Boolean> ] [-EnableReverseChap <Boolean> ] [-EnforceIdleTimeoutDetection <Boolean> ] [-FirstBurstLength <Int32> ] [-InitiatorIds <InitiatorId[]> ] [-MaxBurstLength <Int32> ] [-MaxReceiveDataSegmentLength <Int32> ] [-PassThru] [-ReceiveBufferCount <Int32> ] [-ReverseChap <PSCredential> ] [-TargetIqn <Iqn> ] [ <CommonParameters>]




詳細説明

The Set-IscsiServerTarget cmdlet modifies settings for the iSCSi target and returns the corresponding iSCSI Target object if the PassThru parameter is specified.

パラメーター

-Chap<PSCredential>

Specifies the settings for CHAP user name and secret. This parameter should be used in combination with the EnableChap parameter if the Chap is not enabled.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-ComputerName<String>

Specifies the computer name, or IP address, of the remote computer, if this cmdlet is run on a remote computer.
Specifies the cluster resource group network name, or cluster node name, if this cmdlet is run on a cluster configuration.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-Credential<PSCredential>

Specifies the credentials when connecting to a remote computer.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-Description<String>

Specifies a description for the iSCSI target.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-Enable<Boolean>

Determines whether the specified iSCSI target is enabled or disabled.
If this parameter is set to True is specified, then the target is enabled. If the target is already enabled, no action occurs.
If this parameter is set to False is specified, then the target is disabled. If the target is already disabled, no action occurs.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-EnableChap<Boolean>

Sets whether CHAP is enabled for the iSCSI target.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-EnableReverseChap<Boolean>

Sets whether reverse CHAP is enabled for the iSCSI target.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-EnforceIdleTimeoutDetection<Boolean>

Sets whether to enforce idle timeout detection.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-FirstBurstLength<Int32>

Sets the length of the first burst.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-InitiatorIds<InitiatorId[]>

Specifies the iSCSI initiator identifiers (IDs) to which the iSCSI target is assigned.
To assign a LUN or VHD to an iSCSI initiator, an iSCSI target is first created. After the target is assigned to the initiator, then a LUN is associated with the target.
The format of this parameter is IdType:Value.
このパラメーターに対して使用できる値: DNSName, IPAddress, IPv6Address, IQN, or MACAddress.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-InputObject<IscsiServerTarget>

Accepts an iSCSI target object from the input pipeline.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-MaxBurstLength<Int32>

Specifies the maximum burst length.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-MaxReceiveDataSegmentLength<Int32>

Specifies the maximum receiver data segment length.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-PassThru

作業中の項目を表すオブジェクトを返します。既定では、このコマンドレットによる出力はありません。


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-ReceiveBufferCount<Int32>

Specifies the receiver buffer count.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-ReverseChap<PSCredential>

Sets the reverse CHAP user name and secret. This parameter should be used in combination with the EnableReverseChap parameter if the Reverse Chap is not enabled.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-TargetIqn<Iqn>

Specifies the target iSCSI Qualified Name (IQN).


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-TargetName<String>

Specifies the name of the iSCSI target.
Note: The target name cannot be changed here. This parameter can be used to filter out the iSCSI Target objects.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

1

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

<CommonParameters>

このコマンドレットは次の共通パラメーターをサポートします。-Verbose、-Debug、-ErrorAction、-ErrorVariable、-OutBuffer、-OutVariable.詳細については、以下を参照してください。 about_CommonParameters (http://go.microsoft.com/fwlink/p/?LinkID=113216)。

入力

入力型は、コマンドレットにパイプできるオブジェクトの型です。

  • Microsoft.Iscsi.Target.Commands.IscsiServerTarget

出力

出力型は、コマンドレットによって生成されるオブジェクトの型です。

  • Microsoft.Iscsi.Target.Commands.IscsiServerTarget

EXAMPLE 1

This example removes all of the initiators that are associated with the target named Test.


PS C:\> Set-IscsiServerTarget -TargetName Test -InitiatorId @()

EXAMPLE 2

This example sets the description for a target named TargetOne to Target for initiator Appsvr.


PS C:\> Set-IscsiServerTarget –TargetName "TargetOne" -Description "Target for initiator Appsvr"

EXAMPLE 3

This example enables and sets the forward CHAP on a target named T1 with the credentials user and password.


 

PS C:\> $password = ConvertTo-SecureString -String "passwordpass" -AsPlainText -Force

 

PS C:\> $chap = New-Object -ComObject System.Management.Automation.PSCredential("user", $password)

 

PS C:\> Set-IscsiServerTarget –TargetName "T1" -EnableChap $true -Chap $chap

EXAMPLE 4

This example assigns more IDs to the same target.


PS C:\> Set-IscsiServerTarget -TargetName Test -InitiatorId @("IPAddress:10.10.1.10","IPAddress:10.10.1.11")

EXAMPLE 5

This example assigns the target to all initiators that attempt to connect to it. Because no validation is performed the iSCSI target when an initiator makes a connection, be very cautious when using this configuration. It is most useful when troubleshooting connection issues ─ removing the possibility of Target-Initiator assignment errors.


PS C:\> Set-IscsiServerTarget -TargetName Test -InitiatorId "IQN:*"

関連トピック

コミュニティの追加

追加
表示: