Set-IscsiTargetServerSetting

Set-IscsiTargetServerSetting

Sets the global settings or common configurations for an iSCSI target virtual disk.

構文

Parameter Set: IpScoped
Set-IscsiTargetServerSetting [-IP] <String> [-ComputerName <String> ] [-Credential <PSCredential> ] [-Enable <Boolean> ] [-PassThru] [-Port <Int32> ] [ <CommonParameters>]

Parameter Set: ServerGlobal
Set-IscsiTargetServerSetting -DisableRemoteManagement <Boolean> [-ComputerName <String> ] [-Credential <PSCredential> ] [-PassThru] [ <CommonParameters>]




詳細説明

The Set-IscsiTargetServerSetting cmdlet sets the global settings or common configurations for an iSCSI target.

パラメーター

-ComputerName<String>

Specifies the computer name, or IP address, of the remote computer, if this cmdlet is run on a remote computer.
Specifies the cluster resource group network name, or cluster node name, if this cmdlet is run on a cluster configuration.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-Credential<PSCredential>

Specifies the credentials when connecting to a remote computer.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-DisableRemoteManagement<Boolean>

Indicates whether the computer that runs Microsoft iSCSI Target Server accepts any network-based management requests. If you specify a value of $True, iSCSI Target Server does not accept requests issued by thread tokens that contain a SECURITY_NETWORK_RID.

You can specify this parameter only as a local user on the computer that runs iSCSI Target Server or on the cluster node that owns the iSCSI Target Server clustered role.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-Enable<Boolean>

Specifies the portal state as set by the user.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-IP<String>

Specifies an IP address.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

1

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-PassThru

作業中の項目を表すオブジェクトを返します。既定では、このコマンドレットによる出力はありません。


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-Port<Int32>

Specifies the port number to which the iSCSI target should listen.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

<CommonParameters>

このコマンドレットは次の共通パラメーターをサポートします。-Verbose、-Debug、-ErrorAction、-ErrorVariable、-OutBuffer、-OutVariable.詳細については、以下を参照してください。 about_CommonParameters (http://go.microsoft.com/fwlink/p/?LinkID=113216)。

入力

入力型は、コマンドレットにパイプできるオブジェクトの型です。

  • None.

出力

出力型は、コマンドレットによって生成されるオブジェクトの型です。

  • Microsoft.Iscsi.Target.Commands.IscsiTargetServerSetting

EXAMPLE 1

This example sets the target portal with the IP address 1.1.1.1 to use port number3200 (where the default is port number 3260).


PS C:\> Set-IscsiTargetServerSetting -IP 1.1.1.1 -Port 3200

EXAMPLE 2

This example disables the target portal with the IP address 1.1.1.1.


PS C:\> Set-IscsiTargetServerSetting -IP 1.1.1.1 -Enable $false

EXAMPLE 3

This example enables the target portal with the IP address 1.1.1.1 and changes the port number to 3200.


PS C:\> Set-IscsiTargetServerSetting -IP 1.1.1.1 -Port 3200 -Enable $true

関連トピック

コミュニティの追加

追加
表示: