New-IscsiServerTarget

New-IscsiServerTarget

Creates a new iSCSI Target object with the specified name.

構文

Parameter Set: Default
New-IscsiServerTarget [-TargetName] <String> [-ClusterGroupName <String> ] [-ComputerName <String> ] [-Credential <PSCredential> ] [-InitiatorIds <InitiatorId[]> ] [ <CommonParameters>]




詳細説明

The New-IscsiServerTarget cmdlet creates a new iSCSI Target object with the specified name. After creating a new iSCSI Target object, the target can be assigned to an iSCSI initiator, and a virtual disk can be associated with the target.

パラメーター

-ClusterGroupName<String>

Specifies the name of the resource group or network within the resource group on which this cmdlet should be run.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-ComputerName<String>

Specifies the computer name, or IP address, of the remote computer, if this cmdlet is run on a remote computer.
Specifies the cluster resource group network name, or cluster node name, if this cmdlet is run on a cluster configuration.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-Credential<PSCredential>

Specifies the credentials when connecting to a remote computer.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-InitiatorIds<InitiatorId[]>

Specifies the iSCSI initiator identifiers (IDs) to which the iSCSI target is assigned.
The format of this parameter is IdType:Value.
このパラメーターに対して使用できる値: DNSName, IPAddress, IPv6Address, IQN, or MACAddress.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-TargetName<String>

Specifies the name of the iSCSI target.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

1

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

<CommonParameters>

このコマンドレットは次の共通パラメーターをサポートします。-Verbose、-Debug、-ErrorAction、-ErrorVariable、-OutBuffer、-OutVariable.詳細については、以下を参照してください。 about_CommonParameters (http://go.microsoft.com/fwlink/p/?LinkID=113216)。

入力

入力型は、コマンドレットにパイプできるオブジェクトの型です。

  • None

出力

出力型は、コマンドレットによって生成されるオブジェクトの型です。

  • Microsoft.Iscsi.Target.Commands.iSCSIServerTarget

EXAMPLE 1

This example creates a target named T1 on the local server.


PS C:\> New-IscsiServerTarget -Targetname "T1"

EXAMPLE 2

This example creates a target with the name T1 and assigns it to two initiators, with IP addresses 10.10.1.1 and 10.10.1.2.


PS C:\> New-IscsiServerTarget -Targetname "T1" -InitiatorId @("IPAddress:10.10.1.1","IPAddress:10.10.1.2")

EXAMPLE 3

This example creates a target with the name T1 in the cluster group named Group1 on the cluster named fscluster.contoso.com.


PS C:\> New-IscsiServerTarget -Targetname "T1" -ComputerName "fscluster.contoso.com" -ClusterGroupName "Group1"

関連トピック

コミュニティの追加

追加
表示: