Get-MPIOSetting

Get-MPIOSetting

Gets MPIO settings.

構文


Get-MPIOSetting [ <CommonParameters>]




詳細説明

The Get-MPIOSetting cmdlet gets Microsoft Multipath I/O (MPIO) settings. The settings are as follows:

-- PathVerificationState
-- PathVerificationPeriod
-- PDORemovePeriod
-- RetryCount
-- RetryInterval
-- UseCustomPathRecoveryTime
-- CustomPathRecoveryTime
-- DiskTimeoutValue

You can use the Set-MPIOSetting cmdlet to change these values.

パラメーター

<CommonParameters>

このコマンドレットは次の共通パラメーターをサポートします。-Verbose、-Debug、-ErrorAction、-ErrorVariable、-OutBuffer、-OutVariable.詳細については、以下を参照してください。 about_CommonParameters (http://go.microsoft.com/fwlink/p/?LinkID=113216)。

入力

入力型は、コマンドレットにパイプできるオブジェクトの型です。

出力

出力型は、コマンドレットによって生成されるオブジェクトの型です。

Example 1: Get MPIO settings

This command gets the MPIO settings.


PS C:\> Get-MPIOSetting

関連トピック

コミュニティの追加

追加
表示: