Enable-MSDSMAutomaticClaim

Enable-MSDSMAutomaticClaim

Enables MSDSM to automatically claim SAN disks for MPIO.

構文

Parameter Set: Default
Enable-MSDSMAutomaticClaim [-BusType] <String> [ <CommonParameters>]




詳細説明

The Enable-MSDSMAutomaticClaim cmdlet enables an Microsoft Device Specific Module (MSDSM) to automatically claim storage area network (SAN) disks for Microsoft Multipath I/O (MPIO) for a bus type.

You need to specify a valid bus type, either serial attached storage (SAS) and Internet Small Computer System Interface (iSCSI). You can enable MSDSM to automatically claim both SAS and iSCSI disks. Run the cmdlet twice, once for SAS, once for iSCSI.

パラメーター

-BusType<String>

Specifies a bus type. The cmdlet enables MSDSM to automatically SAN disks for this bus type. このパラメーターに対して使用できる値: SAS and iSCSI.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

1

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

<CommonParameters>

このコマンドレットは次の共通パラメーターをサポートします。-Verbose、-Debug、-ErrorAction、-ErrorVariable、-OutBuffer、-OutVariable.詳細については、以下を参照してください。 about_CommonParameters (http://go.microsoft.com/fwlink/p/?LinkID=113216)。

入力

入力型は、コマンドレットにパイプできるオブジェクトの型です。

出力

出力型は、コマンドレットによって生成されるオブジェクトの型です。

Example 1: Enable automatic claims for iSCSI

This command enables MSDSM to automatically claim resources with an iSCSI bus type. Specify SAS instead of iSCSI to enable for an SAS bus type.


PS C:\> Enable-MSDSMAutomaticClaim -BusType iSCSI

関連トピック

コミュニティの追加

追加
表示: