Set-MPIOSetting

Set-MPIOSetting

Changes MPIO settings.

構文

Parameter Set: Default
Set-MPIOSetting [[-NewPathVerificationPeriod] <Int32> ] [[-NewPathVerificationState] <String> ] [[-NewPDORemovePeriod] <Int32> ] [[-NewRetryCount] <Int32> ] [[-NewRetryInterval] <Int32> ] [[-NewDiskTimeout] <Int32> ] [[-CustomPathRecovery] <String> ] [[-NewPathRecoveryInterval] <Int32> ] [ <CommonParameters>]




詳細説明

The Set-MPIOSetting cmdlet changes Microsoft Multipath I/O (MPIO) settings. The settings are as follows:

-- PathVerificationState
-- PathVerificationPeriod
-- PDORemovePeriod
-- RetryCount
-- RetryInterval
-- UseCustomPathRecoveryTime
-- CustomPathRecoveryTime
-- DiskTimeoutValue

You may be prompted to restart the computer for your changes to take effect.

パラメーター

-CustomPathRecovery<String>

Specifies whether MPIO performs custom path recovery. このパラメーターに対して使用できる値: Enabled and Disabled. The default value is Disabled.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

7

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-NewDiskTimeout<Int32>

Specifies the disk timeout value, in seconds. This value is the length of time the server waits before it marks the I/O request as timed out. The default value for DiskTimeoutValue is 120. We recommend a maximum value of 30.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

6

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-NewPathRecoveryInterval<Int32>

Specifies a custom path recovery time, in seconds. This is the length of time before the server attempts path recovery. The default value is 40. This parameter is not relevant unless the CustomPathRecovery parameter has the value Enabled.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

8

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-NewPathVerificationPeriod<Int32>

Specifies a path verification period, in seconds. This is the length of time for the server to verify every path. This parameter is not relevant unless the path verification state has a value of Enabled. The default value is 30.

You can set the path verification state by using the NewPathVerificationState parameter.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

1

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-NewPathVerificationState<String>

Specifies whether to enable path verification. このパラメーターに対して使用できる値: Enabled and Disabled. The default value is Disabled.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

2

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-NewPDORemovePeriod<Int32>

Specifies a physical device object (PDO) removal period, in seconds. This period is the length of time the server waits after all paths to a PDO have failed before it removes the PDO. The default value is 20.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

3

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-NewRetryCount<Int32>

Specifies the number of times to retry an I/O request. The default value is three times.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

4

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-NewRetryInterval<Int32>

Specifies a retry interval, in seconds. This is the length of time after which the server retries a failed I/O request. The default value is one second.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

5

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

<CommonParameters>

このコマンドレットは次の共通パラメーターをサポートします。-Verbose、-Debug、-ErrorAction、-ErrorVariable、-OutBuffer、-OutVariable.詳細については、以下を参照してください。 about_CommonParameters (http://go.microsoft.com/fwlink/p/?LinkID=113216)。

入力

入力型は、コマンドレットにパイプできるオブジェクトの型です。

出力

出力型は、コマンドレットによって生成されるオブジェクトの型です。

Example 1: Change the disk timeout

This command sets the disk timeout value to 30 seconds. The system prompts you to restart after you change settings.

You can use the Get-MPIOSetting cmdlet to verify the change.


PS C:\> Set-MPIOSetting -NewDiskTimeout 30

関連トピック

コミュニティの追加

追加
表示: