Set-ScheduledTask

Set-ScheduledTask

Modifies a scheduled task.

構文

Parameter Set: User
Set-ScheduledTask [-TaskName] <String> [[-TaskPath] <String> ] [[-Action] <CimInstance[]> ] [[-Trigger] <CimInstance[]> ] [[-Settings] <CimInstance> ] [[-User] <String> ] [[-Password] <String> ] [-AsJob] [-CimSession <CimSession[]> ] [-ThrottleLimit <Int32> ] [ <CommonParameters>]

Parameter Set: Object
Set-ScheduledTask [-InputObject] <CimInstance> [[-Password] <String> ] [[-User] <String> ] [-AsJob] [-CimSession <CimSession[]> ] [-ThrottleLimit <Int32> ] [ <CommonParameters>]

Parameter Set: Principal
Set-ScheduledTask [-TaskName] <String> [[-TaskPath] <String> ] [[-Action] <CimInstance[]> ] [[-Trigger] <CimInstance[]> ] [[-Settings] <CimInstance> ] [[-Principal] <CimInstance> ] [-AsJob] [-CimSession <CimSession[]> ] [-ThrottleLimit <Int32> ] [ <CommonParameters>]




詳細説明

The Set-ScheduledTask cmdlet modifies a task definition.

You can make changes to a task definition even if an instance of the task is running. The changes do not affect the current instance.

パラメーター

-Action<CimInstance[]>

Specifies an array of work items to be performed by the task. If you specify several actions, the computer runs them in order. You can specify up to 32 actions.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

3

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-AsJob

エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-CimSession<CimSession[]>

リモート セッションまたはリモート コンピューターでコマンドレットを実行します。New-CimSession コマンドレットや Get-CimSession コマンドレットの出力など、コンピューター名またはセッション オブジェクトを入力します。既定値は、ローカル コンピューターで実行中の現在のセッションです。


エイリアス

Session

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-InputObject<CimInstance>

このコマンドレットへの入力を指定します。このパラメーターを使用するか、パイプを使用して入力をこのコマンドレットに渡すことができます。


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

1

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByValue)

ワイルドカード文字を許可する

false

-Password<String>

Specifies a password for the <run as> user. The password is ignored for the well-known system accounts.

Well-known accounts are: NT AUTHORITY\SYSTEM, NT AUTHORITY\LOCALSERVICE, NT AUTHORITY\NETWORKSERVICE, and the well-known security identifiers (SIDs) for all three accounts.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

7

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-Principal<CimInstance>

Specifies the security context in which a task is run.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

6

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-Settings<CimInstance>

Specifies a configuration object that the Task Scheduler service uses to determine how to run a task.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

5

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-TaskName<String>

Specifies the name of a scheduled task.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

1

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-TaskPath<String>

Specifies the path for a scheduled task in Task Scheduler namespace. You can use \ for the root folder. If you do not specify a path, the cmdlet uses the root folder.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

2

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-ThrottleLimit<Int32>

このコマンドレットを実行するために確立できる最大同時操作数を指定します。このパラメーターを省略するか、値として 0 を入力した場合、Windows PowerShell® では、コンピューターで実行している CIM コマンドレットの数に基づいて、コマンドレットに対する最適なスロットル制限を計算します。スロットル制限は現在のコマンドレットのみに適用され、セッションまたはコンピューターには適用されません。


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-Trigger<CimInstance[]>

Specifies an array of one or more trigger objects that cause a scheduled task to start.

A trigger is a set of criteria that, when met, starts a scheduled task. You can use a time-based trigger or an event-based trigger to start a task and a task can be started by one or more triggers. A task can have up to 48 triggers. For more information about triggers, see Triggers.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

4

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-User<String>

Specifies the name of a <run as> user account to use when you run the task.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

6

既定値

Current user

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

<CommonParameters>

このコマンドレットは次の共通パラメーターをサポートします。-Verbose、-Debug、-ErrorAction、-ErrorVariable、-OutBuffer、-OutVariable.詳細については、以下を参照してください。 about_CommonParameters (http://go.microsoft.com/fwlink/p/?LinkID=113216)。

入力

入力型は、コマンドレットにパイプできるオブジェクトの型です。

出力

出力型は、コマンドレットによって生成されるオブジェクトの型です。

  • Microsoft.Management.Infrastructure.CimInstance#MSFT_ScheduledTask

Example 1: Modify a trigger in a scheduled task

In this example, the first command uses the New-ScheduledTaskTrigger cmdlet to define a time trigger, to which the $Time variable is assigned.

The second command adds (or replaces) the $Time trigger in the scheduled task SoftwareScan.


PS C:\> $Time = New-ScheduledTaskTrigger -At 12:00 -Once
PS C:\> Set-ScheduledTask –TaskName "SoftwareScan" –Trigger $Time

Example 2: Modify settings in a scheduled task definition

In this example, the set of commands uses cmdlets and variables to modify a scheduled task.

In this example, the first command uses the New-ScheduledTaskAction cmdlet to define an action, to which the $A1 variable is assigned.

The second command uses the New-ScheduledTaskAction cmdlet to define a second action, to which the the $A2 variable is assigned.

The third command adds the two actions to the scheduled task DeployTools.


PS C:\> $Act1 = New-ScheduledTaskAction -Execute Notepad.exe
PS C:\> $Act2 = New-ScheduledTaskAction -Execute Calc.exe
PS C:\> Set-ScheduledTask "DeployTools" -Action $A1,$A2

関連トピック

コミュニティの追加

追加
表示: