Unlock-BitLocker

Unlock-BitLocker

Restores access to data on a BitLocker volume.

構文

Parameter Set: OnlyAdAccountOrGroupParameterSet
Unlock-BitLocker [-MountPoint] <String[]> -AdAccountOrGroup [-Confirm] [-WhatIf] [ <CommonParameters>]

Parameter Set: OnlyPasswordParameterSet
Unlock-BitLocker [-MountPoint] <String[]> -Password <SecureString> [-Confirm] [-WhatIf] [ <CommonParameters>]

Parameter Set: OnlyRecoveryKeyParameterSet
Unlock-BitLocker [-MountPoint] <String[]> -RecoveryKeyPath <String> [-Confirm] [-WhatIf] [ <CommonParameters>]

Parameter Set: OnlyRecoveryPasswordParameterSet
Unlock-BitLocker [-MountPoint] <String[]> -RecoveryPassword <String> [-Confirm] [-WhatIf] [ <CommonParameters>]




詳細説明

The Unlock-BitLocker cmdlet restores access to encrypted data on a volume that uses BitLocker Drive Encryption. You can use the Lock-BitLocker cmdlet to prevent access.

In order to restore access, provide one of the following key protectors for the volume:

-- Active Directory ドメイン サービス (AD DS) account
-- Password
-- Recovery key
-- Recovery password

For an overview of BitLocker, see BitLocker Drive Encryption Overview (http://technet.microsoft.com/en-us/library/cc732774.aspx) on TechNet.

パラメーター

-AdAccountOrGroup

Indicates that BitLocker requires account credentials to unlock the volume. In order to use this parameter, the account for the current user must be a key protector for the volume.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-MountPoint<String[]>

Specifies an array of drive letters or BitLocker volume objects. The cmdlet unlocks the volumes specified. To obtain a BitLocker volume object, use the Get-BitLockerVolume cmdlet.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

1

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByValue, ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-Password<SecureString>

Specifes a secure string that contains a password. The password specified acts as a protector for the volume encryption key.


エイリアス

pw

必須?

true

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-RecoveryKeyPath<String>

Specifies the path to a recovery key. The key stored in the specified path acts as a protector for the volume encryption.


エイリアス

rk

必須?

true

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-RecoveryPassword<String>

Specifies a recovery password. The password specified acts as a protector for the volume encryption key.


エイリアス

rp

必須?

true

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-Confirm

コマンドレットを実行する前に、ユーザーに確認を求めます。


必須?

false

位置は?

named

既定値

false

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-WhatIf

コマンドレットを実行するとどのような結果になるかを表示します。コマンドレットは実行されません。


必須?

false

位置は?

named

既定値

false

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

<CommonParameters>

このコマンドレットは次の共通パラメーターをサポートします。-Verbose、-Debug、-ErrorAction、-ErrorVariable、-OutBuffer、-OutVariable.詳細については、以下を参照してください。 about_CommonParameters (http://go.microsoft.com/fwlink/p/?LinkID=113216)。

入力

入力型は、コマンドレットにパイプできるオブジェクトの型です。

  • BitLockerVolume[], String[]

出力

出力型は、コマンドレットによって生成されるオブジェクトの型です。

  • BitLockerVolume[]

Example 1: Unlock a volume

This example unlocks a specified BitLocker volume by using a password.

The first command uses the ConvertTo-SecureString cmdlet to create a secure string that contains a password and saves it in the $SecureString variable. For more information about the ConvertTo-SecureString cmdlet, type Get-Help ConvertTo-SecureString.

The second command unlocks the specified BitLocker volume by using the password saved in the $SecureString variable.


PS C:\> $SecureString = ConvertTo-SecureString "fjuksAS1337" -AsPlainText -Force
PS C:\> Unlock-BitLocker -MountPoint "E:" -Password $SecureString

関連トピック

コミュニティの追加

追加
表示: