New-SpacesVolume

Windows Server 2012 R2 and Windows 8.1

New-SpacesVolume

Creates a storage space and then creates and formats a volume on the storage space.

構文

Parameter Set: Default
New-SpacesVolume [-StoragePoolFriendlyName] <String> [-SpaceFriendlyName] <String> [-Size] <String> [-ResiliencyType] <String> [-ProvisioningType] <String> [[-DriveLetterToUse] <Char> ] [[-MaximumColumnCount]] [[-InterleaveBytes] <UInt64> ] [[-ClusterSize] <String> ] [[-CreateClusterSharedVolume]] [[-FileSystem] <String> ] [-Confirm] [-WhatIf] [ <CommonParameters>]




詳細説明

The New-SpacesVolume cmdlet creates a storage space, initializes the new virtual disk (storage space), creates a partition on virtual disk, and then formats the volume. It can also optionally create a Cluster Shared Volume (CSV) on the newly formatted volume when run on a failover cluster.

パラメーター

-ClusterSize<String>

エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

9

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-CreateClusterSharedVolume

Creates a CSV on the volume.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

10

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-DriveLetterToUse<Char>

Specifies the drive letter to assign to the storage space.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

6

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByValue, ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-FileSystem<String>

Specifies the file system to use on the volume. Acceptable values are NTFS and ReFS.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

11

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-InterleaveBytes<UInt64>

エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

8

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-MaximumColumnCount

エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

7

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-ProvisioningType<String>

Specifies whether to create a fixed or thinly provisioned storage space. Acceptable values are Fixed or Thin.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

5

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-ResiliencyType<String>

Specifies the resiliency setting to use. Acceptable values are Mirror, Parity, and Simple, which does not include any resiliency.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

4

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-Size<String>

Specifies the size of the storage space.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

3

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-SpaceFriendlyName<String>

Specifies the friendly name of the storage space.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

2

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-StoragePoolFriendlyName<String>

Specifies the friendly name of the storage pool on which to create the storage space.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

1

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-Confirm

コマンドレットを実行する前に、ユーザーに確認を求めます。


必須?

false

位置は?

named

既定値

false

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-WhatIf

コマンドレットを実行するとどのような結果になるかを表示します。コマンドレットは実行されません。


必須?

false

位置は?

named

既定値

false

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

<CommonParameters>

このコマンドレットは次の共通パラメーターをサポートします。-Verbose、-Debug、-ErrorAction、-ErrorVariable、-OutBuffer、-OutVariable.詳細については、以下を参照してください。 about_CommonParameters (http://go.microsoft.com/fwlink/p/?LinkID=113216)。

入力

入力型は、コマンドレットにパイプできるオブジェクトの型です。

  • None

出力

出力型は、コマンドレットによって生成されるオブジェクトの型です。

  • System.Object

    This cmdlet returns an object that contains information about the storage space and the volume hosted on the storage space.


Example 1 – Create a thinly provisioned mirror space

This example creates a storage space named Test, which is a thinly provisioned mirror space, and then creates and formats a volume on the storage space.


PS C:\> New-SpacesVolume -StoragePoolFriendlyName Internal -SpaceFriendlyName Test -Size (5GB) -ResiliencyType Mirror -ProvisioningType Thin

Example 2 – Create a thinly provisioned mirror space and assign a specific drive letter

This example creates a storage space named Test, which is a thinly provisioned mirror space, and then creates and formats an NTFS volume on the storage space, and assigns drive letter T to the volume.


PS C:\> New-SpacesVolume -StoragePoolFriendlyName Internal -SpaceFriendlyName Test -Size (5GB) -ResiliencyType Mirror -ProvisioningType Thin -DriveLetterToUse T -FileSystem NTFS

Example 3 – Create a fixed mirror space and create a Cluster Shared Volume

This example creates a 5GB mirror space, with fixed provisioning, and creates a Cluster Shared Volume (CSV) after creation. Note: Requires a clustered storage pool.


PS C:\> New-SpacesVolume -StoragePoolFriendlyName Internal -SpaceFriendlyName Test -Size (5GB) -ResiliencyType Mirror -ProvisioningType Fixed -CSV

コミュニティの追加

追加
表示: