Repair-SpacesConfiguration

Windows Server 2012 R2 and Windows 8.1

Repair-SpacesConfiguration

Repairs unhealthy resources associated with a Storage Spaces storage pool.

構文


Repair-SpacesConfiguration [ <CommonParameters>]




詳細説明

The Repair-SpacesConfiguration cmdlet repairs unhealthy Storage Spaces resources. It performs the following operations:

Enumerate storage pools that are read-only and offer to recover them

Enumerate storage spaces that are set for manual attachment, and attach them

Enumerate and repair any unhealthy storage spaces

Enumerate and display any unhealthy physical disks

パラメーター

<CommonParameters>

このコマンドレットは次の共通パラメーターをサポートします。-Verbose、-Debug、-ErrorAction、-ErrorVariable、-OutBuffer、-OutVariable.詳細については、以下を参照してください。 about_CommonParameters (http://go.microsoft.com/fwlink/p/?LinkID=113216)。

入力

入力型は、コマンドレットにパイプできるオブジェクトの型です。

  • None

出力

出力型は、コマンドレットによって生成されるオブジェクトの型です。

  • None

Example 1 – Repair Storage Spaces

PS C:\> Repair-SpacesConfiguration

コミュニティの追加

追加
表示: