Set-NetVirtualizationLookupRecord

Set-NetVirtualizationLookupRecord

Changes settings for policy entries that belong to a virtual network.

構文

Parameter Set: ByName
Set-NetVirtualizationLookupRecord [-AsJob] [-CimSession <CimSession[]> ] [-Context <String> ] [-CustomerAddress <String[]> ] [-CustomerID <String> ] [-MACAddress <String[]> ] [-PassThru] [-ProviderAddress <String> ] [-Rule <RuleType> ] [-ThrottleLimit <Int32> ] [-UseVmMACAddress <Boolean> ] [-VirtualSubnetID <UInt32[]> ] [-VMName <String> ] [ <CommonParameters>]

Parameter Set: InputObject (cdxml)
Set-NetVirtualizationLookupRecord -InputObject <CimInstance[]> [-AsJob] [-CimSession <CimSession[]> ] [-Context <String> ] [-CustomerID <String> ] [-PassThru] [-ProviderAddress <String> ] [-Rule <RuleType> ] [-ThrottleLimit <Int32> ] [-UseVmMACAddress <Boolean> ] [-VMName <String> ] [ <CommonParameters>]




詳細説明

The Set-NetVirtualizationLookupRecord cmdlet changes settings for lookup record policy entries for IP addresses that belong to a virtual network. Network Virtualization allows more than one virtual network to exist on the same physical network. Computers can exchange network traffic with a virtual machine (VM) by using a Customer Address within the virtual network. Network Virtualization manages the Provider Addresses that are the physical network addresses. This cmdlet modifies records that map a Customer Address to a Provider Address. For more information, see Network Virtualization technical details (http://technet.microsoft.com/library/jj134174.aspx) on TechNet.

You can update the Provider Address, customer ID, context, VM name, and whether to use a VM media access control (MAC) address. You can specify which policy entries to update by using a Customer Address, a MAC address, a rule type, or a virtual subnet ID, or you can use the Get-NetVirtualizationLookupRecord cmdlet to obtain a policy entry.

パラメーター

-AsJob

エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-CimSession<CimSession[]>

リモート セッションまたはリモート コンピューターでコマンドレットを実行します。New-CimSession コマンドレットや Get-CimSession コマンドレットの出力など、コンピューター名またはセッション オブジェクトを入力します。既定値は、ローカル コンピューターで実行中の現在のセッションです。


エイリアス

Session

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-Context<String>

Specifies a comment regarding the policy entry. Administrators can use this comment for any purpose.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-CustomerAddress<String[]>

Specifies an array of IP addresses within the Customer Address network. You can use both IPv4 and IPv6 addresses.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-CustomerID<String>

Specifies an ID for a policy entry or VM. Administrators can use this setting for any purpose.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-InputObject<CimInstance[]>

このコマンドレットへの入力を指定します。このパラメーターを使用するか、パイプを使用して入力をこのコマンドレットに渡すことができます。


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByValue)

ワイルドカード文字を許可する

false

-MACAddress<String[]>

Specifies a MAC address that corresponds to the Customer Address.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-PassThru

作業中の項目を表すオブジェクトを返します。既定では、このコマンドレットによる出力はありません。


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-ProviderAddress<String>

Specifies an IP address, either IPv4 or IPv6, for a physical address that corresponds to the Customer Address.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-Rule<RuleType>

Specifies which type of virtualization mechanism that the policy entry uses. このパラメーターに対して使用できる値:

-- TranslationMethodNat. IP address rewrite.
-- TranslationMethodEncap. Network Virtualization Generic Routing Encapsulation (NVGRE).
-- TranslationMethodNone. None.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-ThrottleLimit<Int32>

このコマンドレットを実行するために確立できる最大同時操作数を指定します。このパラメーターを省略するか、値として 0 を入力した場合、Windows PowerShell® では、コンピューターで実行している CIM コマンドレットの数に基づいて、コマンドレットに対する最適なスロットル制限を計算します。スロットル制限は現在のコマンドレットのみに適用され、セッションまたはコンピューターには適用されません。


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-UseVmMACAddress<Boolean>

Indicates whether this entry uses its defined MAC address instead of physical MAC address. Virtual networking can use different MAC addresses for different VMs to balance traffic among multiple CPU cores.

A value of $True is only valid if the Rule parameter has a value of TranslationMethodNat. The default value for this setting is $False.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-VirtualSubnetID<UInt32[]>

Specifies an array of IDs for virtual subnets that Customer Addresses belongs to. このパラメーターに対して使用できる値:integers from 4096 through 16777214.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-VMName<String>

Specifies a name for the VM for this policy entry. Administrators can use this name for any purpose.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

<CommonParameters>

このコマンドレットは次の共通パラメーターをサポートします。-Verbose、-Debug、-ErrorAction、-ErrorVariable、-OutBuffer、-OutVariable.詳細については、以下を参照してください。 about_CommonParameters (http://go.microsoft.com/fwlink/p/?LinkID=113216)。

入力

入力型は、コマンドレットにパイプできるオブジェクトの型です。

出力

出力型は、コマンドレットによって生成されるオブジェクトの型です。

Example 1: Change context and customer ID

This command uses the Get-NetVirtualizationLookupRecord cmdlet to get all the entries with a virtual subnet ID of 10000 and uses the pipe operator to pass them to the Set-NetVirtualizationLookupRecord cmdlet. This cmdlet changes the context to a descriptive phrase and changes the customer ID to a specified string.


PS C:\> Get-NetVirtualizationLookupRecord -VirtualSubnetID 10000 | Set-NetVirtualizationLookupRecord -Context "BlueCustomer Subnet1" -CustomerID "{00000000-0000-0000-0000-000000001234}"

Example 2: Change Provider Address and virtual subnet ID

This command makes changes for the entry that has the Customer Address 10.0.22.1. It sets the physical address to 172.23.1.1.


PS C:\> Set-NetVirtualizationLookupRecord -CustomerAddress "10.0.22.1" -ProviderAddress "172.23.1.1" 

関連トピック

コミュニティの追加

追加
表示: