Set-FsrmStorageReport

Set-FsrmStorageReport

Changes settings of a storage report.

構文

Parameter Set: Query (cdxml)
Set-FsrmStorageReport [-Name] <String[]> [-AsJob] [-CimSession <CimSession[]> ] [-FileGroupIncluded <String[]> ] [-FileOwnerFilePattern <String> ] [-FileOwnerUser <String[]> ] [-FileScreenAuditDaysSince <UInt32> ] [-FileScreenAuditUser <String[]> ] [-FolderPropertyName <String> ] [-LargeFileMinimum <UInt64> ] [-LargeFilePattern <String> ] [-LeastAccessedFilePattern <String> ] [-LeastAccessedMinimum <UInt32> ] [-MailTo <String> ] [-MostAccessedFilePattern <String> ] [-MostAccessedMaximum <UInt32> ] [-Namespace <String[]> ] [-PassThru] [-PropertyFilePattern <String> ] [-PropertyName <String> ] [-QuotaMinimumUsage <UInt32> ] [-ReportFormat <StorageReportReportFormatsEnum[]> ] [-ReportType <StorageReportReportTypeEnum[]> ] [-Schedule <CimInstance> ] [-ThrottleLimit <Int32> ] [-Confirm] [-WhatIf] [ <CommonParameters>]

Parameter Set: InputObject (cdxml)
Set-FsrmStorageReport -InputObject <CimInstance[]> [-AsJob] [-CimSession <CimSession[]> ] [-FileGroupIncluded <String[]> ] [-FileOwnerFilePattern <String> ] [-FileOwnerUser <String[]> ] [-FileScreenAuditDaysSince <UInt32> ] [-FileScreenAuditUser <String[]> ] [-FolderPropertyName <String> ] [-LargeFileMinimum <UInt64> ] [-LargeFilePattern <String> ] [-LeastAccessedFilePattern <String> ] [-LeastAccessedMinimum <UInt32> ] [-MailTo <String> ] [-MostAccessedFilePattern <String> ] [-MostAccessedMaximum <UInt32> ] [-Namespace <String[]> ] [-PassThru] [-PropertyFilePattern <String> ] [-PropertyName <String> ] [-QuotaMinimumUsage <UInt32> ] [-ReportFormat <StorageReportReportFormatsEnum[]> ] [-ReportType <StorageReportReportTypeEnum[]> ] [-Schedule <CimInstance> ] [-ThrottleLimit <Int32> ] [-Confirm] [-WhatIf] [ <CommonParameters>]




詳細説明

The Set-FsrmStorageReport cmdlet changes settings of a storage report on the server. You cannot change the settings of an interactive storage report or a storage report that does not have a schedule. You must specify the Name parameter and at least one additional parameter.

パラメーター

-AsJob

エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-CimSession<CimSession[]>

リモート セッションまたはリモート コンピューターでコマンドレットを実行します。New-CimSession コマンドレットや Get-CimSession コマンドレットの出力など、コンピューター名またはセッション オブジェクトを入力します。既定値は、ローカル コンピューターで実行中の現在のセッションです。


エイリアス

Session

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-FileGroupIncluded<String[]>

Specifies an array of names of file groups to include in the report. Each string must be the name of a valid file group.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-FileOwnerFilePattern<String>

Specifies a string of files to include in the file by owner report. You can use the wildcard characters * and ? in the string. If you specify this parameter, you must set FilesByOwner for the ReportType parameter.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-FileOwnerUser<String[]>

Specifies an array of users, in Domain\User format, to include files for in the file by owner report. The default value is an empty list, which indicates all users.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-FileScreenAuditDaysSince<UInt32>

Specifies the minimum number of days since the audit event to include in the report. If you specify this parameter, you must set FileScreenAuditFiles for the ReportType parameter.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-FileScreenAuditUser<String[]>

Specifies an array of user email addresses to include audit events for. The default value is an empty list, which indicates all users. If you specify this parameter, you must set FileScreenAuditFiles for the ReportType parameter.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-FolderPropertyName<String>

Specifies a name of the classification property name to report on for a folder by property report. Specify the value of the Name property in an FsrmClassificationPropertyDefinition object. If you specify this parameter, you must set FoldersByProperty for the ReportType parameter.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-InputObject<CimInstance[]>

このコマンドレットへの入力を指定します。このパラメーターを使用するか、パイプを使用して入力をこのコマンドレットに渡すことができます。


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByValue)

ワイルドカード文字を許可する

false

-LargeFileMinimum<UInt64>

Specifies the minimum file size to include in the large file report. If you specify this parameter, you must set LargeFiles for the ReportType parameter.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-LargeFilePattern<String>

Specifies a string of files to include in the large file report. You can use the wildcard characters * and ? in the string. If you specify this parameter, you must set LargeFiles for the ReportType parameter.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-LeastAccessedFilePattern<String>

Specifies a string of files to include in the least frequently accessed report. You can use the wildcard characters * and ? in the string. If you specify this parameter, you must set LeastRecentlyAccessed for the ReportType parameter.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-LeastAccessedMinimum<UInt32>

Specifies the minimum number of days since the report was last accessed, to include in the least frequently accessed report. If you specify this parameter, you must set LeastRecentlyAccessed for the ReportType parameter.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-MailTo<String>

Specifies a semicolon-separated list of email addresses for the recipients of an email. [Admin Email] is a valid email address.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-MostAccessedFilePattern<String>

Specifies a string of files to include in the most frequently accessed report. You can use the wildcard characters * and ? in the string. If you specify this parameter, you must set MostRecentlyAccessed for the ReportType parameter.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-MostAccessedMaximum<UInt32>

Specifies the maximum number of days since the report was last accessed, to include in the most frequently accessed report. If you specify this parameter, you must set MostRecentlyAccessed for the ReportType parameter.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-Name<String[]>

Specifies an array of names for the storage reports. If you do not specify a name for a storage report, the server generates a standard name. You must specify this parameter if you specify the Interactive parameter.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

2

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-Namespace<String[]>

Specifies an array of namespaces that are part of the scope of the report. Each string must be either a value of the FolderType property on the server, the string "All Shares", or a static path. The FolderType properties must be in the format [Folder type property name=<value>].


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-PassThru

作業中の項目を表すオブジェクトを返します。既定では、このコマンドレットによる出力はありません。


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-PropertyFilePattern<String>

Specifies a string of files to include in the file by property report. You can use the wildcard characters * and ? in the string. If you specify this parameter, you must set FilesByProperty for the ReportType parameter.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-PropertyName<String>

Specifies the name of the classification property to report on for a file by property report. Specify the value of the Name property in a FsrmClassificationPropertyDefinition object. If you specify this parameter, you must set FilesByProperty for the ReportType parameter.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-QuotaMinimumUsage<UInt32>

Specifies the minimum quota usage level to include in the quota usage report. If you specify this parameter, you must set QuotaUsage for the ReportType parameter.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-ReportFormat<StorageReportReportFormatsEnum[]>

Specifies an array of report formats that the classification report produces. このパラメーターに対して使用できる値:
-- DHTML
-- HTML
-- XML
-- CSV
-- Text


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-ReportType<StorageReportReportTypeEnum[]>

Specifies the types of reports that the action generates. Specify this parameter only if you set the Type parameter to Report.このパラメーターに対して使用できる値:
-- DuplicateFiles
-- FilesByFileGroup
-- FilesByOwner
-- FilesByProperty
-- LargeFiles
-- LeastRecentlyAccessed
-- MostRecentlyAccessed
-- QuotaUsage


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-Schedule<CimInstance>

Specifies a File Server Resource Manager (FSRM) scheduled task object that describes the schedule for running the storage report. Use the New-FsrmScheduledTask cmdlet to create a scheduled task object.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-ThrottleLimit<Int32>

このコマンドレットを実行するために確立できる最大同時操作数を指定します。このパラメーターを省略するか、値として 0 を入力した場合、Windows PowerShell® では、コンピューターで実行している CIM コマンドレットの数に基づいて、コマンドレットに対する最適なスロットル制限を計算します。スロットル制限は現在のコマンドレットのみに適用され、セッションまたはコンピューターには適用されません。


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-Confirm

コマンドレットを実行する前に、ユーザーに確認を求めます。


必須?

false

位置は?

named

既定値

false

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-WhatIf

コマンドレットを実行するとどのような結果になるかを表示します。コマンドレットは実行されません。


必須?

false

位置は?

named

既定値

false

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

<CommonParameters>

このコマンドレットは次の共通パラメーターをサポートします。-Verbose、-Debug、-ErrorAction、-ErrorVariable、-OutBuffer、-OutVariable.詳細については、以下を参照してください。 about_CommonParameters (http://go.microsoft.com/fwlink/p/?LinkID=113216)。

入力

入力型は、コマンドレットにパイプできるオブジェクトの型です。

出力

出力型は、コマンドレットによって生成されるオブジェクトの型です。

Example 1: Change report types of a storage report

This command changes the storage report named "Get storage usage info" to generate a LargeFiles and a DuplicateFiles report.


PS C:\> Set-FsrmStorageReport -Name "Get storage usage info" -ReportTypes @(LargeFiles, DuplicateFiles)

関連トピック

コミュニティの追加

追加
表示: