この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

Office 2016 for Mac の管理者向けの展開オプション

 

適用先:Office 2016 for Mac

概要: 組織内のユーザーのために Office 2016 for Mac をダウンロードおよび展開する方法に関する情報を管理者に提供します。

管理者が組織内のユーザーに Office 2016 for Mac を展開する方法は基本的に 2 つあります。

  • ユーザーにインストーラー パッケージ ファイルを提供して、自分自身で Office 2016 for Mac をインストールしてもらう

  • インストーラー パッケージ ファイルをローカル ネットワークにダウンロードしてから、ソフトウェア配布ツールを使用して Office 2016 for Mac をユーザー用に展開する

Office 365 プランに加入している場合は、ユーザーに自分自身で Office 2016 for Mac をダウンロードしてインストールする手順を提供することができます。Office 2016 for Mac をインストールするには、ユーザーがその Mac の管理者であるか、管理者のアカウント名とパスワードを把握している必要があります。

ただし、Office 2016 for Mac をユーザー用に展開する場合は、どのユーザーがいつ Office 2016 for Mac を取得したかなど、管理者自身が展開をより詳細に管理します。展開を計画するには、次の情報を確認してください。

Office 2016 for Mac のダウンロード元の場所は、組織が Office 365 プランに加入しているか、ボリューム ライセンス契約をしているかによって変わります。

管理者が Office 365 のお客様で、プランに Office が含まれている場合は、次のように行います。

  1. Office 365 管理者として Office 365 ポータル にサインインします。

  2. Office 365 管理センター に移動して、[ サービス設定 ] > [ ユーザー ソフトウェア ] を選択します。

  3. [Mac 用ソフトウェア] で、 [Office for Mac] を展開してから、 [ダウンロード] をクリックして、インストーラー パッケージ ファイルのダウンロードを開始します。インストーラー パッケージ ファイルの名前は Microsoft_Office_2016_Installer.pkg です。

組織が Office 365 プランではなくボリューム ライセンス契約に加入している場合は、ボリューム ライセンス サービス センター (VLSC) にサインインして Office 2016 for Mac をダウンロードすることができます。ダウンロードは .iso ファイルになります。.iso ファイルを抽出するか DVD に書き込むと、インストーラー パッケージ ファイルをローカル ネットワークにコピーすることができます。

Office 2016 for Macは、インストールの Apple のインストーラー テクノロジを使用します。つまり、Mac ユーザーにソフトウェアを展開するのには通常に使用するソフトウェア配布ツールを使用することができます。最も一般的なツールには、 CasperMunki、およびAutoPkgなどがあります。Apple のリモート デスクトップAppleScriptを使用することもできます。

重要 重要:
Office 2016 for Mac には、Apple app のセキュリティ保護ガイドラインの実装など、セキュリティを向上させるための変更点があります。これらの変更点は、Office の展開前後にアプリのバンドルをカスタマイズできないことを意味します。アプリのバンドルに対してファイルの追加、変更、または削除を行わないでください。たとえば、Excel でフランス語のリソース ファイルが不要であっても削除しないでください。この変更を行うと、Excel が起動できなくなります。

アプリのバンドルをカスタマイズできなくても、各アプリでユーザー設定を構成することができます。

どちらの展開方法を使用する場合も、次の情報は Office 2016 for Mac の展開の計画に役立ちます。

  • 最新情報    展開の前に、Office 2016 for Mac の管理者向けの最新情報の内容を確認してください。これには、新しいシステムの要件、言語サポート、およびドックのアプリ アイコンといった情報が含まれています。

  • 並行インストール Office 2016 for Mac をインストールする前に Office for Mac 2011 をアンインストールする必要はありません。Office 2016 for Mac をインストールすると、両方のバージョンを使用できます。Office 2016 for Mac のみをインストールしたい場合や、インストールの前にディスクの空き容量が必要な場合は、次の手順に従って Office 2016 for Mac をアンインストールしてください。

  • アプリを個別に展開する    インストーラー パッケージ ファイルを Office 365 から使用して Office 2016 for Mac を展開する場合、すべてのアプリ (Excel、OneNote、Outlook、PowerPoint、および Word) がインストールされます。インストールするアプリを選択することはできません。個別のインストーラー パッケージ ファイルはボリューム ライセンス サービス センター (VLSC) からのみご利用いただけます (ボリューム ライセンス契約済みの場合)。

  • アクティベーション Office 2016 for Mac を使用するには、アクティベーションが必要です。展開前に、Office 2016 for Mac のアクティベーションのしくみに関する情報を確認してください。

  • アンインストール Office 2016 for Mac をアンインストールする必要がある場合は、次の手順に従って完全に削除Office 2016 for Macしてください。残念ながら、Office 2016 for Mac を自動的にアンインストールするプログラムはありません。

  https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/jj984187(v=office.16).aspx
表示: