この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

Exchange Server の各バージョンでサポートされている Outlook 2016 for Mac の機能

 

適用先:Outlook 2016 for Mac

Outlook 2016 for Mac は、さまざまな電子メール サーバーとの連携に優れています。Outlook 2016 for Mac を Microsoft Exchange Server 2013 と共に使用することによって、さらに豊富な機能セットを活用できます。

含まれる機能  含まれる機能含まれていない機能  含まれない機能

 

Outlook 2016 for Mac の機能 Exchange 2013 SP1 Exchange 2010 SP2

Outlook for Mac と Microsoft Exchange の間で相互認証を提供するために、Kerberos ネットワーク セキュリティ プロトコルで暗号化を使用する。

含まれる機能

含まれる機能

共有を使用して、ユーザーが他のユーザーに対して Microsoft Exchange の予定表、アドレス帳、およびメール フォルダーへのアクセス許可を付与できる。

含まれる機能

含まれる機能

委任を使用して、ユーザーが別の Exchange サーバー ユーザーに対して Microsoft Exchange の受信トレイ、予定表、およびアドレス帳iへのアクセス許可を付与できる。代理人は、所有者の代わりに招待状やメッセージを送信したり、それらに対して返信したりできる。

含まれる機能

含まれる機能

Microsoft Exchange パブリック フォルダーを使用して、ユーザーがメッセージ、イベント、および連絡先を表示および投稿できる。

含まれる機能

含まれる機能

ユーザーが内部および外部用の不在時のメッセージを別個に作成できる。外部応答は、ユーザーのアドレス帳にある連絡先に限定される。不在時応答が特定の期間中にのみ発生するよう、ユーザーがスケジュールできる。

含まれる機能

含まれる機能

Information Rights Management と連携して、Outlook for Mac が受信したメッセージのメッセージ分類を表示する。起こりうる分類の例としては、HIPAA、法的文書、および機密情報がある。

含まれる機能

含まれる機能

Outlook for Mac が空き時間情報の詳細 (件名と場所) を公開する。

含まれる機能

含まれる機能

電子メールの Information Rights Management のサポート。

含まれる機能

含まれる機能

Exchange Server の設定を自動検出サービスによって自動的に検出する。

含まれる機能

含まれる機能

予定表の招待で新しい日時を指定する。

含まれる機能

含まれていない機能

  https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/jj984221(v=office.16).aspx
表示: