この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

Office 2016 for Mac の更新プログラムの展開

 

適用先:Office 2016 for Mac

概要: Microsoft AutoUpdate を使用して Office 2016 for Mac の更新プログラムをインストールする方法に関する情報を管理者に提供します。

Microsoft では、パフォーマンスやセキュリティの向上のため、または機能更新のために、定期的にソフトウェア更新プログラムを公開しています。

管理者は、組織向けに Office 2016 for Mac の更新プログラムのダウンロードおよびインストールの方法を選択することができます。次のいずれかを実行します。

  • Office 2016 for Mac を、更新プログラムがユーザーのコンピューターに自動的にダウンロードされるように構成してから、ユーザーに自分自身で更新プログラムをインストールしてもらう。

  • 更新プログラムを手動でローカル ネットワークにダウンロードしてから、ソフトウェア配布ツールを使用して組織内の Mac に更新プログラムを展開する。

Office 2016 for Mac を更新するには、Microsoft AutoUpdate という名前のプログラムを使用します。既定では、Microsoft AutoUpdate は 1 日 1 回自動的に更新プログラムの有無をチェックします。ただし、これは週 1 回、月 1 回、または手動に変更することができます。

ソフトウェア配布ツールを使用して更新プログラムを展開する場合は、手動でソフトウェアの更新プログラムをチェックするように Microsoft AutoUpdate を構成する必要があります。Microsoft AutoUpdate がいつどのように組織内の Mac に対して更新プログラムの有無をチェックするかを設定するには、ユーザー設定の展開を行います。

セキュリティ更新プログラムまたはその他の更新プログラムは、個別にダウンロードとインストールを行うことはできません。代わりに、Microsoft では、すべての更新プログラムを含む Word などのアプリの新しいアプリ バンドルを提供しています。管理者としては、これは、Excel などの特定のアプリにどの更新プログラムをインストールするかを選択できないことを意味します。しかし、更新プログラムを手動で展開している場合は、更新するアプリを選択することができます。たとえば、今回は Word と PowerPoint の更新プログラムを展開して、Excel の更新は、Excel の更新版が基幹業務アプリケーションで機能するかをテストする機会があるまで待つことにする、などです。

更新プログラムは、Office 365 プランに加入している場合、ボリューム ライセンス契約をしている場合のいずれであっても、Office 2016 for Mac で同様に機能します。

  https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/jj984157(v=office.16).aspx
表示: