この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

メッセージを送受信するためのデジタル証明書の要件

 

適用先:Outlook 2016 for Mac


Outlook 2016 for Mac 暗号モデルでは、デジタルで署名および暗号化された電子メール メッセージを送受信するために公開キー暗号化を使用します。暗号化により、メッセージは目的の受信者以外の誰にも読み取れなくなります。暗号化されたメッセージを送信するには、送信者は受信者のデジタル証明書のコピーを持つ必要があります。メッセージは、受信者の公開キーを使用して、受信者ごとに暗号化されます。メッセージは、受信者のコンピューターに格納された対応する秘密キーを使用しなければ復号化できません。Outlook for Mac では、送信者のキーを使用して、下書きフォルダーと送信済みアイテム フォルダー内の暗号化されたメッセージの読み取りと書き込みができます。これにより、ユーザーは、自分が作成した暗号化メッセージを確認できます。送信者がデジタル証明書を持っていない場合は、この確認はできません。

デジタル署名は、受信者が送信者の ID とメッセージの整合性を確認するのに役立ちます。メッセージをデジタル署名することは、送信者が正規の送信者であって、伝送中にメッセージの内容が変更されなかったことを受信者が確認するのに役立ちます。

ヒント ヒント:
デジタル証明書のキーのサイズは 1,024 ビット以上をお勧めします。このサイズのデジタル証明書を使用すると、暗号化されたメッセージのデコードや、デジタル署名の偽造が非常に困難になります。デジタル証明書のキーのサイズの詳細については、Outlook for Mac のヘルプを参照してください。

表 1. デジタル証明書の要件

実行内容 デジタル証明書の要件

暗号化されたメッセージを送信する

送信者には、各受信者のデジタル証明書のコピーが必要です。送信者は自分のデジタル証明書を持つ必要はありません。ただし、送信者がデジタル証明書を持っていない場合は、下書きフォルダーと送信済みアイテム フォルダーに保存されているメッセージを読み取ることも、暗号化された応答を受信者から受信することもできません。

暗号化されたメッセージを受信する

受信者には、自分自身のデジタル証明書が必要です。メッセージを暗号化するためには、送信者は受信者のデジタル証明書のコピーを持っている必要があります。

Outlook for Mac は、AES 256、AES 192、AES 128、および 3DES のいずれかの暗号化アルゴリズムによってメッセージを暗号化できます。これらの 4 つのアルゴリズムのうち、他の S/MIME アプリケーションとの互換性が最も高いのは 3DES であり、最も安全なのは AES 256 です。

Outlook for Mac はデジタル署名用に次の署名アルゴリズムをサポートしています。すなわち、最も強力なものから順に、SHA-512、SHA-384、SHA-256、SHA-1 です。これらの 4 つのアルゴリズムのうち、他の S/MIME アプリケーションとの互換性が最も高いのは SHA-1 であり、最も安全なのは SHA-512 です。

サポートされている暗号化アルゴリズムの一覧については、「表 2. 暗号化のサポートの比較」を参照してください。

デジタル署名されたメッセージを送信する

送信者には、自分自身のデジタル証明書が必要です。

デジタル署名されたメッセージを受信する

受信者には自分自身のデジタル証明書は必要ありません。

次の表は、Outlook 2016 for Mac と Outlook for Mac 2011 の暗号化のサポートを示しています。

表 2. 暗号化のサポート

暗号化アルゴリズム Outlook 2016 for Mac および Outlook for Mac 2011    

AES [128、192、256]

暗号化/復号化

   

3DES [168]

暗号化/復号化

   

DES

復号化のみ

   

RC2 [40、64、128]

復号化のみ

   

SHA-2 [256、384、512]

署名/確認

   

SHA-1

署名/確認

   

MD5

確認のみ

   

Suite-B

不可

   

DSA

署名/確認

   

RSA (署名/暗号化)

署名/確認

暗号化/復号化

   

Outlook 2016 for Mac でのデジタル署名については、「Outlook 2016 for Mac でユーザーがデジタル証明書を管理する方法」を参照してください。

  https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/jj984223(v=office.16).aspx
表示: