この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

DtsPipelineComponentAttribute.ComponentType プロパティ

 

コンポーネントを、変換元、変換先、または変換として識別します。

名前空間:   Microsoft.SqlServer.Dts.Pipeline
アセンブリ:  Microsoft.SqlServer.PipelineHost (Microsoft.SqlServer.PipelineHost.dll 内)

public ComponentType ComponentType { get; set; }

プロパティ値

Type: Microsoft.SqlServer.Dts.Pipeline.ComponentType

ComponentType 列挙の値です。

このオプションのプロパティは、変換元、変換、または変換先コンポーネントとしてコンポーネントを識別します。SSIS デザイナーは、この属性を使用して、データ フロー項目ツールボックス内のコンポーネントを、最初に変換元コンポーネント、次に変換コンポーネント、最後に変換先コンポーネントの順で、上から下までグループ化します。

System_CAPS_noteメモ

データ フロー項目ツールボックスに新しいコンポーネントを追加すると、利用可能なコンポーネントの一覧の下部に表示されます。 ComponentType でコンポーネントを再グループ化するには、ツールボックスを右クリックし、[リセット] をクリックして、SQL Server Data Tools (SSDT) を閉じ、再度これを開きます。

トップに戻る
表示: